高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

民進党(朝鮮党)の代表選は、「原発マフィア」対「革マル」の戦いである!!

民進党2

民進党(朝鮮党)の代表選は、「原発マフィア」対「革マル」の戦いである!!

  前原誠司と枝野幸男は、「真っ黒のワル」であり「代表選」を争う資格などは皆無であるのにも関わらず「立候補」するは、民進党の末期的断末魔なのであろう!!

 通常、社会では「罪」を犯せば身を慎み静かに社会生活を送るものであるが、この二人は何をしようとも平然とし何事もなかったかのように党の代表選挙に打って出るという心情が私には理解できない!!

 二人とも、暴力団の企業舎弟である「篠原寿」と親交を有し、政治献金も受け取り、あらんことか暴力団関係者が集まる「誕生パーティー」に出席したり、共に飲食をして交流を深めてみたり「政治家」としては失格であるのにも関わらず6年もすればそしらぬ顔をして、「代表選挙」に立候補する厚顔の主である!!

 またあの有名な「仁風林」の罠にはまった政財界の重鎮や、高級官僚たちの一員でもある。

 「仁風林」は、蟻地獄!!

 「仁風林」に、誘い込まれた代議士や、高級官僚たちは竹中平蔵に骨抜きにされてしまう!!

 「仁風林」の「接待用の女たち」におぼれた破廉恥な男達は、国を売り渡したのか?

 人材派遣会社「パソナ」グループの迎賓館「仁風林」(東京・港区)を舞台にした接待パーティー。

 常連客には、国会で追及された田村憲久厚労相や小野寺五典防衛相など現職閣僚を含む与野党の政治家の名前が次々と浮上。

 政界に激震が走っているが、“接待漬け”されていたのは政界以外にもい.る!!

 美女が体を密着させながら酒をつぎ、豪華料理に舌鼓を打つ――。

 「仁風林」の接待パーティーは、さながら高級クラブのサロンのような雰囲気。

 接待客の人選や席の配置などを仕切っていたのは、南部靖之代表の“右腕”といわれ、「公共戦略事業・特命担当」の肩書を持つ上斗米明・常務執行役員。

 財務省出身の天下り官僚だ。

蓮舫に続いて、この二人の立候補は「民進党の終焉」をいみする!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!!

死の淵から、続々と静観しています!!

ソマチットの病気の原因を洗い流し、細胞をもとに戻す復元力は、「医師会」を震撼させていますので、「ソマチット」を取り扱う者は逐次~消されています・・・・!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー