高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

世界一危険な「核融合開発」を日本だけするのか!!

核融合3

世界一危険な「核融合開発」を日本だけするのか!!

 アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシアと「核融合」を全て断念しましたが、何故か日本国だけは「核融合の実験」を推進しています!!

 原発すら制御できないで、事故を起こしたままで苦慮しているというのに、「核融合」は先進諸国が危ないと実験を中止したというのに・・・土岐市の人たちは見殺しなのか!!

 実験中に、核融合炉から漏れ出す放射能の処理は都のようにしているのか!!

 放射能を大量に含んだ「排気」は、「排水」は、どのように処理しているのか・・・・・!!

プラズマ温度1億2千万度を達成 核融合発電へ一歩前進

朝日新聞デジタル

 核融合を利用した発電を目指した研究を続ける核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は9日、発電に必要な条件の一つ、プラズマ温度1億2千万度を達成したと発表した。研究は一歩前進だが、実用化のめどが立つのは今世紀半ば以降になるという。

核融合研の大型ヘリカル装置。9年間の重水素実験を予定していて、今期の重水素実験は終了した©

朝日新聞 核融合研の大型ヘリカル装置。9年間の重水素実験を予定していて、今期の重水素実験は…

 核融合発電は、原子核同士を超高温で超高圧状態にして無理やりくっつけることで、別の原子核に変える時に生まれる膨大なエネルギーを利用する。

これは太陽の中心で起きている反応と同じで、人工的に起こすには、超高温で高密度のプラズマを持続的に作り出す必要がある。

 核融合研は、今年3月から重水素を使った実験を開始。温度上昇を妨げる不純物の除去や、プラズマの乱れを抑えるなどし、プラズマ温度が1億2千万度、電子の密度が1立方センチあたり13兆個の状態を0・1秒以下作り出すことに成功した。

原発で、懲りたのではないのか?

 原発が、「断層上に建てられている」というが、違うだろう54基の原発が立っているのは「日本人が住む町」ばかりだろう!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日で、4ステージが改善します!!

ソマチットの病気の原因を洗い流し、細胞をもとに戻す復元力は、「医師会」を震撼させていますので、「ソマチット」を取り扱う者は逐次~消されています・・・・!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー

presented