高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

食品の危機!! ブラジル産「危険鶏肉」使っているチェーン店!!

危険

食品の危機!! ブラジル産「危険鶏肉」使っているチェーン店!!

ブラジル産は、中国産より危ない!!

あなたも気付かず口にしているかもしれない!!

なんと日本人の食べる鶏肉の2割がブラジル産なのです。

これまで「安価で安全」と言われてきたが、本国で前代未聞の偽装が発覚した。

その肉、大丈夫ですか?

あの唐揚げもブラジル産

・「『若鶏の唐揚げ』などに使用。タイやアルゼンチンからも鶏肉を輸入している。

ほかの肉類でブラジルからの輸入はなし」

・「グリル料理などに使用しております。今回の件を受けてさらに検査体制を強化しております」(ロイヤルホスト)

・「『チキンマックナゲット』の加工品を輸入しており、ナゲット全体の7%程度がブラジル産ですが、問題の製造工場とは取引はございません。加工鶏肉の調達先を変更する予定はございません」(マクドナルド)

・「『鶏の唐揚げ』や『焼鳥串』に使用。ブラジル産鶏肉の使用は今後も継続いたしますが、国産鶏の使用も視野に入れて検討したいと考えております」(天狗)

世界の鶏肉業界が揺れてい!!

 ブラジル連邦警察は、同国内の食肉加工場21施設を家宅捜索し、23日農牧・食料供給省の食肉検査官3人と食肉加工業者の幹部や獣医師ら26人を贈収賄と衛生基準法違反の容疑で逮捕した。

 衛生管理の担当者が買収されていたのだ。

 日本の多くの外食店で、ブラジル産の鶏肉が使用されているのだ。

 もちろん、国内産にこだわっている店もある。

・「提供しているすべての肉類は国産のものを使用している」(鳥貴族)

・「メニューで使用している鶏の唐揚げはすべて国産」(餃子の王将)

 しかし、アンケート調査を行った22件のうち、ブラジル産鶏肉を使用しているところが12件、使用していないところが6件だった。

・「使用している」と回答したところは今後の安全管理を徹底するだろうから、逆に信用できるかもしれない。

・甘太郎、はなの舞、養老乃瀧など、回答を拒否した。

・和民は「現段階で国内で被害が報告されておらず、ブラジル産の鶏肉に対してネガティブな印象を助長することにもつながりかねないので、残念ながらアンケートにはご協力できません」と回答した。

 「国産」とウソをつく店も

 「うちのような小規模経営のレストランでは、人件費を削るわけにもいかないから、どうしても安い食材を使わざるをえない。

 特にランチを1000円以下で提供するには、チキンはブラジル産でないとやっていけません。

安 いのはもちろんのこと、解凍して冷蔵庫に寝かせておいても品質が悪くならないんですよ。

 おそらく使っている薬の影響かなと思うのですが、本当のところはわかりません。

 国産鶏と比較すると大味で水っぽい、脂が臭うなどの問題もありますが、うまく加熱したり強めのソースをあしらったりでなんとかなります。

 今回の不正も当局は以前から認識していたようですが、強力な犯罪組織が関わっていたため、なかなか摘発できなかったのです。

 厚生労働省によると、平成27年度のブラジルからの食肉、食肉製品の輸入実績は43万7000tで、このうち96%が冷凍鶏肉。43万tといえば、日本人が消費する鶏肉の約2割に当たります。

 われわれが口にする鶏肉の約5分の1が地球の裏側から冷凍されて送られてきたものなのだが、そのことを意識している日本人は少ない。

 中国からの輸入鶏肉は唐揚げやナゲットなど加工されたものに限られていますが、ブラジル産は生のまま冷凍され輸入されています。

 ですから、チェーン店の親子丼、全国の給食、弁当屋、イタリア料理店やフランス料理店などあらゆる外食産業で使用されている。

 スープの素などにも使用されていますので、外食する限り、ブラジル産の鶏肉を口にしないでいることはほぼ不可能です。

 あまりに安価で、出来合いの鶏肉製品であれば「どうせ中国産だろう」と思って避けることはできる。

 だが、ブラジル産は解凍されれば生の食材として使用されているので、国産の鶏肉と区別するのは難しい。

そ れどころか悪質な業者が冷凍肉のラベルを国産と張り替えてしまえば、簡単に偽装できてしまう。

 これからも使い続ける

 関東で展開する焼き鳥店の店主は、「ブラジル産であることは客にふせて提供している」と語る。

 お客さんは1本300円の美味しい国産ではなく、100円の安い串を求めているのです」

 ’04年の鳥インフルエンザの影響で、中国産やタイ産の生肉が使用できなくなったことが大きく影響しました。

 ブラジルでは鳥インフルエンザが発生しておらず、EUなど世界中の国々へ輸出しているので安全管理体制がしっかりしていると見なされ、急速に輸入量が増加したのです。

 しかし、今回の件でブラジルの食肉産業に懸念の目が向けられることになった。

 ブラジル政府は基幹産業ともいえる畜産が打撃を受けないように、早期の輸出再開を目論むでしょうが、日本は厳格な検査を続けるべきです。

 ブラジル産鶏肉に対する消費者の警戒心が高まらないように、嵐が過ぎ去るのを待つ――それが外食産業のホンネなのだろう。

 だが、一度傷ついた信頼を取り戻すのは容易なことではないはずです。

 このように、日本社会全体の食品が「食の安全」を脅かす食品ばかりに成ってしまいましたが、構成労働省は全く持って知らん顔しており「食の安全基準」を厳しくしようとはしません。

 まるで後進国並みの対応しかしないのは、何故なのでしょうか?

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日で、4ステージが改善します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー