高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

安倍晋三は余命3ケ月にして、北朝鮮電撃訪問か?

あべよ3

安倍晋三は余命3ケ月にして、北朝鮮電撃訪問か?

 北朝鮮と平和条約締結して、国交回復!!

 6月9日に、安倍晋三は自身の「結婚30周年記念パーティー」をしたが、会場の席で立つことが出来なくなってしまい増田が自宅へ送り、医師団12人を読んで処置をして翌日にヒルズのスパに行ったが精密検査ができなかったのでね次の日に中央病院で精密検査したところ「肺がんで、余命3ケ月」と診断されたという。

 さて、余命3ケ月の安倍晋三が目論む起死回生の一撃は、「北朝鮮電撃訪問」であり「平和条約締結」と「核開発停止」をさせて、北朝鮮に今度は表から堂々と経済援助を行うという事である!!

 こうして、「アジアの危機」を回避して歴史に名を残して・・・・・。

 その勢いをもって、「解散総選挙」を行うのか「北朝鮮との国交回復」を花道に引退するかの二つに一つであろう!!

 これはあくまでも私の分析結果であります・・・・。

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、Ulcerative colitis、UC)は、主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患。厚生労働省より特定疾患に指定されている。

s02

クローン病とともに炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。

10 – 30歳ないし、50 – 60歳代に多く見られる。米国での罹患数は約100万人、日本での発症年齢の多い年齢層は男性で20 – 24歳、女性では25 – 29歳とされているが40歳代から60歳代の発症例も増えている。平成21年度の患者数は約11万人とされ、毎年5000人程度増加している

基本的に発症すると緩解・再燃を繰り返して行く。全消化管に生じるクローン病と異なり、基本的に大腸に限定して生じる。また、10年をこえた患者の場合、大腸癌を発症する可能性もある。なお、多くの患者は上半身が痩せてくるが、ガンと錯誤しないことが肝要である。

主に「粘血便」・「下痢」を自覚して生じる場合が多い。重症化すると「発熱」・「体重減少」・「腹痛」・「貧血」などを伴ってくる。

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日で、4ステージが改善します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー