高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

朝鮮が、打ち上げる「ミサイル開発費用」を出す「日本企業」とは?

北だよ8

北朝鮮が、打ち上げる「ミサイル開発費用」を出す「日本企業」とは?

 池口氏と、同じく鹿児島県出身で、前臨床試験受託最大手「新日本科学」(2395/東証1部/東京都中央区)の創業者で社長の永田良一氏は極めて親しい関係にあり、実質、池口氏を通じて北朝鮮に資金提供している。

 今週二度目の「たまげた!!」である!!

 池口恵観氏といえば、宗教法人「最福寺」(鹿児島市)の代表役員であり、以前あの朝鮮総連本部ビルを落札したが「資金」用意ができなかったという曰くつきの怪僧である。

 落札価格45億1900万円を安倍晋三が用意すると言っていたが、マスコミが騒いだので買収には至らなかったが、北朝鮮と親しい関係にあるのは間違いない。

 池口氏は、北との関係が深い。

 池口氏や最福寺ホームページなどによると、最近4年間で9回ほど北を訪問しており、昨年4月には金日成主席の生誕100年を祝う行事にも出席し足りもしている。

 北の高官と交流があり、勲章も授与されていという。

 「永田町の怪僧」との異名もあり、長崎県選出の元建設相の秘書をしていたこともあって政界に人脈が広くある。

 2002年11月には同寺の地元、鹿児島県の民主党衆院議員だった川内博史氏(51)が当時の党代表、鳩山由紀夫氏(66)を案内し、鳩山氏も護摩行に挑んだ。このときは「あまりの熱さに鳩山氏は途中で止めてしまった」(永田町関係者)という逸話もあります。

 麻生太郎財務相(72)との関係も深く、同寺関係者によると、安倍晋三首相(58)とも親交があるほか、総連の許宗萬議長とのパイプもあるという。

 安倍晋三も、心酔しており池口氏は安倍晋三の指南役もしています。

 池口氏は、安倍晋三に、

 「来年の春までは、大殺界だから静かにして動いてはならない!!」

と、指導もしています。

 それだけに「政界関係者から見ると、池口氏が落札したということは、何か裏があるのでは」(同)という展開。

 池口氏も以前訪朝した際、最高人民会議幹部から「総連の建物がなくなれば日本と敵対関係になるので骨を折ってほしい」と要請を受けたとされている。

※北朝鮮は、日本とは敵対関係に成らない!!

何故か?

 そりゃあそうだろう政財界の要所要所には、ご丁寧に「アメリカ」が、北朝鮮人民を配置し、北朝鮮の日本侵入者には、ご丁寧に「高額の生活保護費用」を与えてくれているのですから・・・・。

安倍首相も池口氏と親しく、結局は安倍官邸側が忖度して、実質、総連側が本部を買い戻したかたちで決着しているので・・・。

転載

 池口恵観は、高野山の高僧を名乗っているが、戦後史に有名な右翼クーデター未遂事件「三無(さんゆう)事件」で逮捕・有罪となった人物である。

 2007年(平成19年)9月には指定暴力団住吉会傘下の右翼団体・日本青年社の総会に来賓として招かれ、直前に辞任表明した安倍晋三首相を擁護する内容の講演を行っている。その後も日本青年社の機関紙に度々寄稿。平成24年度の日本青年社全国議員同志連盟・社友総会は最福寺関東別院で開催された。

 当時、61年に起こった「三無事件」(旧日本軍の元将校らが無税・無失業・無戦争の三無を実現するため画策したクーデター未遂事件。破壊活動防止法の初適用で有罪判決)に関わっていたことでも知られる。

 その後、池口氏は59年に高野山大学文学部密教学科を卒業していたことから、宗教の世界で活動を本格化。鹿児島の東証一部上場企業である(株)新日本科学の永田良一社長が傾倒、メディポリス指宿にある宿泊施設「天珠の館」は密教色で統一されているなど、地元政財界での影響力は強い。

関与者

 年齢は全て当時 直接の容疑は殺人予備、または銃刀法違反

川南豊作 (59) – 首謀者 日本重工代表(戦時中は川南工業の代表として、戦争成金となっていた造船業者 公職追放で没落)
桜井徳太郎 (64) – 元陸軍少将
三上卓 (53) – 元海軍中尉。五・一五事件の首謀者
小池一臣 (34) – 陸軍士官学校卒の元青年将校(「国史会」会員)で印刷関連会社社長、元自衛官。
篠田英悟 (38) – 本土防空で鳴らした第343海軍航空隊のパイロット
川下佳節 (25) – 三無塾塾長・のち市川市議会議長。2006年12月死去
池口恵観 (25) – 事件当時・鮫島正純(事件後母方の姓に改姓)。衆議院議員馬場元治の秘書。現在は宗教法人(寺院)、学校法人(幼稚園)を経営。安倍晋三など政界や右翼団体に影響力を持つ。

 この他、武器調達に韓国の大物実業家・康烱吉、韓国陸軍少将・朴林垣、台湾の実業家・李樹森が関与。三無塾の他、右翼団体「菊旗同志会」が決起に参加する予定だった。

 未確認であるが、接触があったのではないかと疑われた人物には辻政信・源田実、自衛隊の現職陸将補や大隊長などがいたといわれる。

 首謀者・主犯格者は揃って九州の出身、殊に北部の者が多かった。

このことは護国団で独自のクーデター論を展開した小島玄之の論評などにおいて注目に値する点として捉えられた。

池口恵観の法廷での証言

 事件への関与を認めた池口は検察側証人として出廷し、事件発覚の二ヶ月前の10月はじめに川南の紹介で長崎選出の馬場元治衆議院議員の秘書になり、国会議事堂内の電源・通信機器の配置や警備員の数の調査を依頼されたこと、200人で国会を襲撃するに際しては議員秘書の池口が国会内部から突入のタイミングの合図を送る役割だった、と証言している。

以上

 不思議な経歴の持ち主ですが、「革命」を日本国内で起こす男の一人でしょう!!

まあ日本の現状に、耐えきれず「革命」を起こそうとする御仁の多いい事はいいことかもしれませんね!!

韓国よ!!

日本と協力して、アジアの平和の為に闘う時であるぞ!!

 日本と、争ってどうする!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日で、4ステージが改善します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー