高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日いずる国「日本」の科学力は既に世界一!!

IMG_20150703_0002

日いずる国「日本」の科学力は既に世界一!!

 日本人が、「世界支配」を完成させることを先進国の主要人物や、ユダヤ人たちは知っている・・・・!!

これが彼らには、問題なのである・・・!!

しかし、来るべき破壊の後には、平穏な世界を日本人が作り上げるのです!1

この運命を認めぬ者達は、肉体を奪われてしまう!!

 ユダヤ米国が人類史上に誇る『三大日本人虐殺』が、広島原爆投下(当時の死者数14万人)、東京大空襲(当時の死者数 10万人)、長崎原爆投下(当時の死者数 7万人)、で合わせて31万人の日本人を虐殺したことを誇りにしているというのですが、真実であれば「ユダヤ人」は狂っていますね!!

 1942年に、ドイツのヒットラーが自らもユダヤ人であるのにもかかわらずユダヤ人、恐怖におののき自己嫌悪に陥り遂には「ユダヤ人絶滅作戦」を開始します。

 ドイツがアウシュビッツなどの収容所で大量殺害したのは、だいたい600万人と言われています。

 おぞましい「ユダヤ人の正体」とは、またの機会に・・・・・。

 「シンドラーのリスト」の映画とは、”一つの生命を救う者が世界を救える―。

 第二次世界大戦中、1,200人を超えるユダヤ人の命を救ったドイツ人実業家オスカー・シンドラーの姿を描いた感動のヒューマン・ドラマ!

オ スカー・シンドラーは、ドイツ人の実業家でありながら1200人ものユダヤ人をガス室送りから助けたのですから・・・・。

 日本人の杉原千畝

 日本人の杉原千畝が、1984年に杉原千畝が、のちに「命のビザ」と呼ばれる日本通行ビザを発行し、6000人ものユダヤ人を救ったのは40歳のときでした。

 ヨーロッパ全土がナチスの脅威にさらされ迫害され逃げ場を失うユダヤ人にとって、最後の望みの綱が「命のビザ」といわれる日本通過ビザであり、このビザを取得し第三国に逃げる以外に生き残る道は、全くと言っていいほどありませんでした。

 彼らの運命は杉原の双肩にかかっていました。

 杉原は急いで外務省本省にかけ合いますが、日独伊三国同盟の締結を間近に控えた本国からは、ドイツを刺激したくないとの国内の政治事情もあり、ビザ発給の許可はおりませんでした。

 戦時下という緊迫した状況のもと、日本から遠く離れた異国の地で政府に無断で大量のビザを発給すれば、自分はもちろんのこと家族の身も危険がおよびますが、ビザの発給を懇願するユダヤ人たちを見捨てることもできず。

 ユダヤ人の人命救助、かたや外交官として本国の指示に従うべきとの判断の狭間に立たされ、迷い、悩んだ杉原が出した答は、「ビザの発行」でした。

ネット上に、面白い記事がありましたので転載します・・・

ユダヤ米国が人類史上に誇る
  『三大日本人虐殺』

第1位 広島原爆投下(当時の死者数14万人)
   日時<1945年(昭和20年)8月6日>

第2位 東京大空襲(当時の死者数 10万人)
  日時<1945年(昭和20年)3月10日>

第3位 長崎原爆投下(当時の死者数 7万人)
    日時<1945年(昭和20年)8月9日>

★世界史上最大の「日本人大虐殺」を計画して実行した
三大『ユダヤ人』

第1位 フランクリン・デラノ・ルーズベルト
「マンハッタン計画」を推進した。
「日本人は劣等人種だからやっちまえ!」と言った。
「日本人の頭蓋骨の発達は我々より二千年遅れている」と言った。

先祖はアヘン貿易で財を成した。
 ルーズベルト家は、1649年にオランダのハールレムからニュー・アムステルダム(現在のニューヨーク)に移住したクラウス・M・ローゼンベルツに始まるユダヤ系の家系で、18世紀にルーズベルト家は、「ハイドバーグ・ルーズベルト家(民主党支持)」 と 「オイスター・ベイ・ルーズベルト家(共和党支持)」 の二つに分かれました。

フランクリン・D・ルーズベルトは前者の家系で、セオドア・ルーズベルトJr. は後者の家系にあたります。

 ルーズベルト家とその親族は、1840年のアヘン戦争の頃から、中国と阿片貿易を行い、富を得た関係で、フランクリン・D・ルーズベルトは親中派であり、中国を侵略し、そのアヘン利権を奪った日本に対しては、敵意をむき出しにしていました。

(;歴史の真実・そうです大東亜戦争は、第二次阿片戦争だったのです。)

第2位 カーチス・ルメイ 
 「日本本土空襲」を計画して実行した張本人。

 小泉元首相の父親(純也)から貰った勲章を自慢げに見せた。

★カーチス・ルメイ
 3月10日東京大空襲を指揮。ルメイの独創性は進入高度の変更にあった。従来は高度8500mから9500mの昼間爆撃を行っていたが、高度1500mから3000mに変更した。

理由はジェットストリームの影響を受けないこと、エンジン負荷軽減で燃料節約し多くの爆弾を積めること、爆撃が正確に命中すること、火災を密度で合流し大火災にできることであった。

しかし低空では敵の迎撃機、対空砲があるため夜間爆撃にした。

また機銃、弾薬、機銃手をB29から取り除き一機当たり爆弾を200キロ増やせるようにし、編隊ではなく単機直列に変更した。

ルメイの変更に乗員は恐怖したが、結果的にB29の損害は軽微であった。

誘導機を務めたトム・パワー参謀長は「まるで大草原の野火のように燃え広がっている。

地上砲火は散発的。戦闘機の反撃なし。」と実況報告した。

3時間にも満たぬ間に、日本は死者行方不明含め10万人以上、被災者100万人以上、約6平方マイル内で25万戸の家屋が焼失したが、ルメイの部隊は325機中14機を損失しただけであった。

ルメイが東京空襲に成功すると3月10日アーノルドは「おめでとう。

この任務で君の部下はどんなことでもやってのける度胸があることを証明した」とメッセージを送る。またルメイに「空軍は太平洋戦争に主要な貢献をなしうる機会を手にした」と賛辞を送った。

戦後、ルメイは「我々は東京を焼いたとき、たくさんの女子どもを殺していることを知っていた。

やらなければならなかったのだ。

我々の所業の道徳性について憂慮することは―ふざけるな」と語った。

焦土化作戦は東京や大阪、名古屋等の大都市を焼き払った後は、富山市や郡山市などの地方の中小都市までが対象となった。

これらの空襲は日本国民を震え上がらせ、日本側から「鬼畜ルメイ」「皆殺しのルメイ」と渾名された。

★小泉純也
 1964年12月4日、カーチス・ルメイの勲一等旭日大綬章叙勲の閣議決定に参加した。

この叙勲に関して東京大空襲や原爆投下に関与したルメイへの授与が非難されたが小泉は「功績と戦時の事情は別個に考えるもの。

防衛庁の調査によれば当時ルメイは原爆投下の直接部隊の責任者ではなく、サミュエル・モリソンによれば原爆投下はトルーマン大統領が直接指揮したものである」と説明し、佐藤栄作首相もそれに同意している。

推薦は防衛庁長官小泉純也と外務大臣椎名悦三郎によって行われた。

第3位 ハリー・ソロモン・トルーマン

 広島・長崎への原爆投下を命令した。
 指をぱちんと鳴らして「やっちまえ!」と命令した。

★9.11テロは、裏でCFR(ユダヤ)が支配している米国政府の自作自演。

 世界貿易センターの崩落には誰もが見落としている点が指摘されている。

 航空機のジェット燃料が燃えたとしても鋼鉄製の柱が溶けることはあり得ない。

 アセチレン・トーチをもってしても溶けることはなく割れるだけだ。

・飛行機のジェット燃料くらいで、鉄筋コンクリートのビルがこのように崩壊することは絶対にあり得な い!

・ジェット燃料は化石燃料である。

・試しに解体予定のビルにたっぷりジェット燃料をぶっ掛けて火をつけて見ればよい。

☆CFRとは↓(ロスチャイルドとロックフェラーはユダヤ人である。)

・『WTC北棟の崩壊(28秒) ・WTC南棟の崩壊(34秒)』のビデオを目を開いてしっかり見てみろ!

 これが爆破でなくていったい何なんだ。子供でもわかることである。

・「WTCに激突した飛行機の映像」←これはアメリカのメディア(ユダヤ)によるテレビ画像捏造である。

ついでに↓の映像も爆破である。

★福島第一原発事故はマグナBSP(ユダヤ)による「爆破」である。

以上

いやはやユダヤの人たちは、平和を愛して、求めているのかと思えば「破壊」の後に平和が訪れるというのか?
「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日で、4ステージが改善します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー

presented