高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

性商・竹中平蔵は、パソナ迎賓館「仁風林」を使って国家権力を籠絡した!!

パソナ15

性商・竹中平蔵は、パソナ迎賓館「仁風林」を使って国家権力を籠絡した!!

やりたい次第・自己の利益の為に、法改正や、条例を施行する 性商・竹中平蔵!!

 売国奴の筆頭ともいうべき「竹中平蔵」が、省庁を縦横無尽に闊歩し「戦略特区構想」をぶちあげたり、戦略を提案して実行させそのすべての公共事業を自己の支配下に置いています。

 その所業は、「独裁者」そのものです!!

その力の根源が「仁風林」です!!

「性接待」に、おぼれた代議士や、官僚たちは竹中平蔵に媚びるばかり・・・・!!

これが「日本の政界(性界)」ですぞ!!

「加計学園問題」も、竹中平蔵が黒幕ですが与野党も竹中平蔵を国会招致することもできません!!

「体調が悪い!!」

都の一喝で、与野党沈黙してしまうという有様です・・・!!

というよりも与野党「仁風林」で、たらしこまれているのです!!

 「マスコミ」さえも、「ぱっばらっち」さえも籠絡されています!!

 竹中平蔵に対しては、「政治家としての脇の甘さ」を指摘する声もある。

 参議院議員選挙立候補直前に国民年金の保険料の納付を怠っていた違法行為が公表された。

 税関連では、住民税未払い疑惑が取りざたされている。

 また、公務と関係が深かった日本銀行職員に、自分の選挙運動を手伝わせていた事実が発覚した。
 さらに、選挙用に自身の名前の一字「平」を丸で囲ったTシャツ(いわゆる丸平シャツ問題)を運動員に着用させたため、公職選挙法違反が国会で指摘される事態に発展した。

 この男のせいで日本中、270万人の失業者と4000万の非正規社員であふれている。

 この何でもない「竹中平蔵」に「大臣」や「政務次官」たちが平身低頭しているというのです!!

 官邸よりの官僚たちが、菅官房長官に上伸しても、

 「そうですか・・・」

 で終わり、取りつくまもないそうです

そのわけは・・・・

 罠にはまった政財界の重鎮や、高級官僚たち!!

 「仁風林」は、蟻地獄!!

 「仁風林」に、誘い込まれた代議士や、高級官僚たちは竹中平蔵に骨抜きにされてしまう!!

 「仁風林」の「接待用の女たち」おぼれた破廉恥な男達は、国を売り渡したのか?

 重大な問題は、政治家や警察までもが「仁風林」に、連れ込まれて骨抜きにされたという事だ!!

 これらの「接待用の女たち」を紹介した者の中に大手下着メーカーである「ピーチジョン」の女社長の存在が、キーマンでもあります。

 この女性は、強大で深い闇を持つ「芸能界コネクション」が、大きくかかわっています。

 裏ものは何でも扱っており、彼女の支配下には多くの「芸能界の美女」たちがいます!!

 AKBがTバックで、「エロダンス」を踊りまくるくらいですからその影響力が分かります・・・!!

 「仁風林」に美女を送り込んで「パソナ」に貸しを作っておくと、「利権」、「利ざや」が大きいそうで、多くの芸能プロダクションが「枕営業」を繰り広げたと言います。

 またその他の見返りもあったようですが、「その他の見返り」とは何だったのでしょうか?

 過去も現在も、多くの政治家や商社、ゼネコンが接待には必ず芸能界の美女たちを使い見返りに「広告」や「コマーシャル」を貰います。

 芸能界に大変顔の利く南部代表は、芸能事務所に連絡を入れて、南部が目を付けたタレントへの[枕営業]を伝えます。

 芸能事務所は、スポンサーであるパソナの意向を汲んで、ご指名の女の子を上納します。

また官僚の仕切り役は元財務省の天下りです。

 人材派遣会社「パソナ」グループの迎賓館「仁風林」(東京・港区)を舞台にした接待パーティー。

 常連客には、国会で追及された田村憲久厚労相や小野寺五典防衛相など現職閣僚を含む与野党の政治家の名前が次々と浮上。

 政界に激震が走っているが、“接待漬け”されていたのは政界以外にもい.る!!

 霞が関のエリート官僚たちだ!!

 美女が体を密着させながら酒をつぎ、豪華料理に舌鼓を打つ――。

 「仁風林」の接待パーティーは、さながら高級クラブのサロンのような雰囲気。

 接待客の人選や席の配置などを仕切っていたのは、南部靖之代表の“右腕”といわれ、「公共戦略事業・特命担当」の肩書を持つ上斗米明・常務執行役員。

 財務省出身の天下り官僚だ。

上斗米明は、83年入省で、主税局主税企画官、関税局業務課長などを経て国税庁総務課長に就いたものの、なぜか、たった5カ月で大臣官房付に異動し、そのまま辞職した。2010年に執行役員としてパソナに天下りした。

 霞が関で突然の大臣官房付の異動はスキャンダル絡みが多い。

 というよりも不祥事を起こした幹部候補生は全員「大臣官房付」というポストに移動させられて、処分されまする。

 南部代表はセクハラなどでミソを付けた有能な人材を、利用するのがうまい。

 いろいろとあったのだろうが、上斗米氏が霞が関とのパイプ役になったのである。

 パソナの官僚接待は、ものすごく局長以上の幹部の大半は、「仁風林パーティー」に連れ込まれて籠絡されています。

 パソナを含む派遣業界は90年代、業界全体で数十億~数百億円規模といわれた派遣社員の社会保険料の未納の扱いについて頭を痛めていましたが、98年には会計検査院が全国の派遣会社の約400の事業所で、約35億円の社会保険料の徴収漏れがあったことを指摘しています。

 保険料徴収が厳格化されれば、業界はたちまち火の車。

 そこで保険料の支払いを緩くするための日雇いや請負といった規制緩和に政界工作を仕掛けた。

 官庁の課長クラスも「仁風林パーティー」に参加しており、南部代表の腰巾着に成り果てたエリート官僚は大勢います。

 「仁風林」の常連官僚の中には、経産省の局長や中小企業庁の幹部職員がいて、実名が飛び交っています。

 文科省の事務方トップ、山中伸一・事務次官の名前も出ています。

 労働者あっての国や経済なのに、官僚や派遣業界は、労働者を出来る限りコキ使って搾取するコマとしか見ていない。

 自分たちさえ儲かればいいと思っているから、政官財で“癒着”しようが“談合”しようが、悪いという感覚がないのです。

派遣業界への露骨な利益誘導を許してよいのか!!

 竹中平蔵氏は一応学者のようですが、労働者派遣に関しても、労働者の雇用全体に関しても専門外です。

 焦眉の課題である労働者のワークライフバランスの確立などまともに考えられる立場ではありません。

 発言内容もひたすら「規制緩和」です。

 竹中氏の発言はパソナの会長としての発言として捉えた方が辻褄が合いますね。

 政府の審議会に入り込んで利益を上げようとする竹中平蔵氏を「政商納言」と呼んでいます

 「仁風林」の威力は凄まじく、代議士たちも、官僚たちもひれ伏す始末です。

 「仁風林」の成果で、「パソナ」は、派遣業の頂点に君臨しておりその実利は迂回されて代議士たちや、官僚たちにも還流されています!!

 パソナを支援する「18団体」、「8個人」へと流れる金は「国民の血税を搾取」したものです!!

 
「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日で、4ステージが改善します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー