高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

政界騒乱!! 禁断の一手!! 安倍晋三VS小池百合子!!

安倍晋三2

政界騒乱!! 禁断の一手!! 安倍晋三VS小池百合子!!

 自由民主党をあざ笑うかのように、「王者の選挙戦」を繰り広げて圧勝した小池百合子率いる「都民ファースト」は、早くも「国政」を目指して「国政研究会」の布陣を始めています!!

 その陣容は、

  ・若狭勝衆議院議員。

  ・長島昭久元防衛副大臣。

  ・渡辺喜美。

  ・柿沢未途衆議院議員。

  ・松沢成文参議院議員。

 国政に乗り込む「国政ファースト」を迎え撃つ安倍晋三政権は、「小泉進次郎」に協力求めるという「禁断の一手」を繰り出して、「都民ファースト」の切り崩しを始めています!!

 橋下徹、小渕優子を新内閣で採用して民心の掌握に躍起になっています。

 また「都民ファースト」所属の都議会議員54人の素行調査を秘密警察に命じて調査を始めています。

秘密警察首領

 東京都会議員選挙の結果を踏まえて、始まる政界再編の政界地殻変動が勃発する!!

 いよいよ「安倍晋三VS小池百合子」が、全面戦争となります!!

 またこの政界再編の機運の高まりに乗じて、蠢き始めた「政界の妖怪」たちが、こぞって団結し光家百合子に合力しようとしているのが、滑稽でもあります・・・・!!

 国民軽視の「安倍晋三一強傲慢政治」は、今や国民から見放されてしまい風前の灯と化してしまいました!!

 そして自民党内では、「安倍一強」にたいして「反アベノミクス勉強会」を石破茂、野田聖子達60人が立ち上げて気勢を上げています。

 また野党四党も「都民ファースト」と連携するように、「公文書管理法改正案」を提出しましたが成立はしませんでした。

 しかし、法案の成立そのものよりも野党四党と「都民ファースト」の連携が、安倍晋三政権の屋台骨を揺るがせているのです。

 今、自由民主党が最も恐れているのは「都民ファーストと公明党の連合」なのです!!

 小池百合子の躍進は、25年前の「日本新党」ブームの再来によく似ていますし、小池百合子自身が「日本新党出身者」なのです!!

そ して、日本新党出身者の政界渡り鳥が「政権政党」を再び目指しているのですから自由民主党も穏やかではありません!

日本新党とは

 日本新党は、熊本のお殿様の細川護煕氏が旗揚げした政党で熊本県知事を務めた細川護熙が1992年5月22日 には正式に党を結成し、代表には細川護熙が就任し、6月には東京都高輪に党本部を設置した。

 細川護熙が5月9日 、「文藝春秋」に「『自由社会連合』結党宣言」を発表したのが、皮切りとなった。細川護熙は、新党参加者を呼びかけ、松下政経塾関係者、ブレーントラスト、知事時代の秘書、後援者などの人材が集まった。

 細川護熙は1993年8年9日、8党派連立政権の首相に担ぎ上げられた。
 だが、細川護熙首相は1994年4月8日、佐川急便グループからの1億円借金問題などでの国会空転で辞意、4月25日総辞職し、退陣した。

 5月20日、離党した「親さきがけ系」の前原誠司ら4人の議員が、院内会派である「民主の風」を結成、5月22日、社会民主連合が解散して江田五月と阿部昭吾が日本新党に合流した。

 5月31日、グループ青雲と民主の風は新党さきがけに合流した。後に、1996年9月29日、民主党結成に参加している。

 1992年5月22日に日本新党結党から、19年余りを経て、ようやく首相ポストにチャレンジする政治家がところまでにたどり着いたのである 。

 この時に当選した議員ですが、現代もかなり生き残っており、なかには政権の中枢に食い込んでいる者もいます。

注目されているのは・・・

 枝野幸男氏(埼玉)、海江田万里氏(東京)、鴨下一郎氏(東京)、野田佳彦氏!!(千葉)、河村たかし氏(愛知)、前原誠司氏(京都)、樽床伸二氏(大阪)、小池百合子(兵庫)などです。

 中田宏前横浜市長も、「日本新党」の出身です。

 政権の中枢というよりも政権そのものを取っていますね

 民主党には、細川護煕元首相がつくった「日本新党」出身の国会議員が16人いる。

 衆院議員は、

▽荒井聡(北海道3区、当選5回=菅派)

▽五十嵐文彦(埼玉9区、当選4回=鳩山派→離脱)

▽枝野幸男(埼玉5区、当選6回=前原・枝野派)

▽小沢鋭仁(山梨1区、当選6回=鳩山派)

▽海江田万里(東京1区、当選5回=鳩山派)

▽樽床伸二(大阪12区、当選5回=野田派→離脱)

▽前原誠司(京都2区、当選6回=前原・枝野派、松下政経塾)

▽野田佳彦(千葉4区、当選5回=野田派、松下政経塾)

▽牧野聖修(静岡1区、当選4回=鳩山派)

▽藤村修(大阪7区、当選6回=野田派)

▽渡辺浩一郎(比例東京ブロック、当選2回=小沢派)

12人の面々である。

 参院議員は、

▽江田五月(参議院議長、岡山選挙区、当選三回、衆議院議員4回=社民連から合流=菅派)

▽岩本司(福岡選挙区、当選2回=川端派、元日本新党職員)

▽長浜博行(千葉選挙区、当選1回、衆議院4回=野田派、元松下政経塾東京事務所長)

▽藤谷光信(比例代表、当選1回=無派閥、元日本新党山口代表幹事)

の4人である。

「小泉進次郎」に協力求めるという「禁断の一手」を繰り出したのは、小池百合子の背後に隠れている「小泉純一郎」を小池百合子から分断する狙いが安倍晋三にあるからなのです。

 「小泉進次郎総理」を小泉純一郎に囁けば、小池百合子は「裸の王様」と成ってしまう事を、安倍晋三は熟知しているのです!!

 これからしばらくは水面下で、「安倍晋三VS小池百合子」との熾烈な戦いが繰り広げられることでしょうが、根底に流れるものは「売国奴達の政権争い」であるという事を国民の皆さんは忘れてはいけません!!

 政界の「茶番劇」は、永遠に尽きることはありません!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー