高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

生存率が0%で全住民が死亡する?

福島1

生存率が0%で全住民が死亡する?

 東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日14時46分18.1秒に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた大規模地震災害である。

 本日は、2017年6月26日であり、3.11から6年が過ぎてしまいましたが、関東圏に在住の国民は多少の死亡者はあるが未だに健在です!!

2011年(平成23年)3月14日の話しは・・・。

関東圏は、もはや人々が安心して住める場所ではない!!

 福島第一原発3号機はMOX燃料を使用しているので、首都圏の5年以内の生存率が0%で全住民が死亡するとしても不思議ではない!!

東京が、恐ろしい中性子線が飛び交うMOXプルサーマル核燃料放射能汚染地帯となる要因となった放射能プルーム死の灰は、茨城県→東葛地区→東京都東部→横浜横須賀→鎌倉茅ヶ崎へと流れた。

この地域は、他の放射能汚染地帯よりもα線β線の数値が極めて高く、桁違いの危険性が潜んでいる。

東葛地区はMOXプルサーマル核燃料高レベル放射能汚染地帯である故に、居住することはできないはずだが、政府や東電は隠蔽しています。

① ウラン235が首都圏に拡散している。

② 茨城県高萩市の側溝からプルトニウムとウラン。

③ 渋谷区からコバルト60が1481Bq/kg、鎌倉市からウラン235。

④ 鎌倉市内でβ線を200倍計測2011年4月。

⑤ 千葉の柏では、1・2メートルの高さでもウラン235が検出されている。

⑥ ウラン235は東京の至るところにあり、これはMOX燃料由来である。

⑦ 市原チッソ工場は、劣化ウランだからウラン238。

⑧ 2011年3月茨城県大気浮遊じん、コバルト60が31ミリBq/m3、ネプツニウム239も検出。

⑨ 東京駅、年間被ばく量57mSvに等しい線量。これは、チェルノブイリ避難レベルの10倍。

注意すべきは、首都圏ではウラン235から発せられる「中性子線」は、原発事故後「116倍」にも上がっています。

3・11前は、中性性は平均で4nSV/hであったが、原発事故後は464nSV/hに上がっていますから、深刻なのです。

その死の灰は、3月21日福島原発3号機のMOX核燃料プルサーマル核燃料が燃えて出たプルトニウム・ウランたっぷりの死の灰でした。

千葉県柏市を中心とする東葛地区には、降雨により死の灰が大量に降りました。

具体的に現れる症状の数々。

眠り病。急病人。突然死。背痛。肺の痛み。明らかに増加した癌と白血病。

予約待ちで一杯の火葬場。

これら全てを原発事故と一切無関係と断言する愚かな政府

被爆者には、被爆直後から発熱、下痢、喀血、吐血、下血、血尿、吐き気、嘔吐、脱毛、脱力感、倦怠、鼻出血、歯齦出血、生殖器出血、皮下出血、発熱、咽頭痛、口内炎、白血球減少、赤血球減少、無精子症、月経異常などの様々な急性症状が現れます!!

今回日本の福島第1原発事故で放射性物質の汚染を受けている人たちは、めまい、嘔吐、下痢、鼻血、口のなかに金属の味、脱毛、皮膚の赤い発疹で、これは典型的な急性放射線障害の兆候なのです。

このような症状がみられたときはすぐに病院にいき、カルテに記録を保存しておくことが必要です。

① 下痢、歯齦出血、悪寒、発熱、脱毛

② 脱毛が始まり、鼻血、ひどい嘔吐、下痢、眩暈

③ 白血病を含む癌、白内障、心筋梗塞症をはじめとする心疾患、脳卒中、肺疾患、肝機能障害、消化器疾患、晩発性の白血球減少症や重症貧血などの造血機能障害、甲状腺機能低下症、慢性甲状腺炎、被爆当日に生じた外傷の治癒が遅れたことによる運動機能障害。

④ 被爆後原因不明の全身性疲労、体調不良状態、労働持続困難などのいわゆる「原爆ぶらぶら病」

⑤ 「風邪をひきやすい」「つかれ易い」「無理ができない」「とてもだるい」

⑥ 疲れ易いことを訴え、業務に対する興味乃至意慾が少く、記憶力の減退を訴え、しばしば感冒や胃腸障害、特に下痢に悩んでいる。

⑦ 東日本高速道路死者が前年同期1.7倍に急増!!被曝で判断力の低下では。他覚または自覚症状として現れる前に、咄嗟の判断力や微妙な平衡感覚などの異常として現れる。

⑧ 千葉のホットスポット東葛エリアでの昨年9月時点での死亡事故件数は前年度比(2009年度比)の3倍。

⑨ 神経系への損傷また、作業員として働いたあと、多くの者が運転中に睡魔に襲われる。

⑩ 東京都内で「自転車事故」がなぜか急増

⑪ 東葛の交通死もう前年3倍。

⑫ 現在の東京血小板が少なくなっている事例は、あざが増えたことから判ります。白血球の死骸で、リンパ節が張れる方が増えています。自覚がなくても、確実に、被曝の影響はでています。

⑬ 被曝の最大の障害は知能低下と性格崩壊、意欲の減退。

⑭ 原発作業員が脳障害や白血病で家庭崩壊原発作業員の脳が委縮、CTスキャンで判明被ばく作業員に知的障害、MRI検査で前頭葉に空洞。

発癌も被曝障害の最大の障害ではなく最大の障害は、成人なら、知能低下と性格崩壊、意欲の減退です。

また被曝は、細胞死とDNAの変異をもたらします。

これは、被曝量と直線関係がありますが、中枢神経系は、再生しませんので、当然、脳の機能は低下します。

脳は思考だけでなく、下垂体のようにホルモンも作り出します。

甲状腺癌も滅多になりませんが、被曝で甲状腺機能が低下します。

そして、TSHの出も悪くなれば、ぶらぶら病です。

いずれ治る人もいますが、完全には治りません。

知能も低下します。

成長期の子供なら、この影響はもっと顕著に出ます。

いずれ、中枢神経の機能が落ちるのは、100%確実です。

遅いか早いかだけです。

 現在の東京でも確実に被曝の影響が出ています。

血小板が少なくなっている事例は、あざが増えた ことから判ります。

白血球の死骸で、リンパ節が腫れる方が増えています。

これは、抗生剤が効かない感染症が増えていることでもわかりますし、粘膜の難治性炎症が激増していることでもわかります。

細胞核の無い赤血球も、被曝で、膜結合タンパクが、 変化してしまうわけです。

自覚がなくても、確実に、被曝の影響はでています。

恐ろしいことですが、脳の異常は、その脳が気付けないのです。

今後、食物での防衛をしなければ、皮質全体と、脳幹の抑制が進みますので、突然死が増えると思います。

高度汚染エリアでは、甲状腺機能低下が始まっており(含む東京)、脳の抑制で、強い欝からブラブラ病への移行期も起き始めています。

放射能による脳障害のことが書いてあるサイト必読!低線量被曝による「脳障害」「不妊」「糖尿病」などを警告する。

放射性物質を人体に取り込むことは、人間の脳神経に大きな影響を与えます。

 ある意味福島は、放射能被害の臨床実験場なのです。

 既に多くの国際機関が、福島でデーターを集めていますが、その代表が「エイトス」です。

 東京の各所で滞留した放射性物質が濃縮されて汚染は進行し、東京は、もはや住み続ける場所ではないのだ。

特に東京の東部地域(江戸川区、葛飾区、江東区、台東区)は深刻であるという。

東京都民が対処できる時間は、もうわずかしか残されていない!!

2013年の半ば頃から子供たちの血液中の白血球、特に好中球が著しく減少してきている。

白血球、好中球は共に人体の免疫機能を司る重要な血液細胞で、その減少は免疫力の低下を招き鼻血、抜け毛、倦怠感、内出血、血尿、皮膚の炎症などがあり、ぜんそくや鼻炎、リウマチ性多発筋痛を患う患者も明らかに増えています。

これらの症状を完治させることは東京に住んでいる限り不可能ですが、移住や転地療養で多くの患者が回復しています。

重症だった乳幼児が家族共々九州に引っ越した後に急激に病状が回復したという例や、他にも大阪、京都、四国などに生活を移した患者の症状も確実に改善しています。

残念ながら症状を根本的に治すには、東京を含めた東日本から離れることが一番の治療法なのです。

ウクライナでは55万ベクレル平米以上の土地の居住を厳禁しているが、福島では3000万ベクレル平米の土地に平気で子供達が居住しています。

末恐ろしい話です!!

福島市が実施した測定結果。

783ある測定区画の内、398区画で0.75μsv毎時超えていましたが、この数値は、宿泊はもちろん飲食も禁止された「放射線管理区域」ですが、ここにまだ人が住んでいます。

保険会社の社員は、細かい正確な地点でどこに死者が出て、その死因はなにか?

ガンが増えだしているとか、実に正確な情報が入ってきます。

その驚愕の社内データをみて、金融、特に保険系の幹部クラスが高線量に恐怖してどんどん退職し、東京や日本から逃げ出しているのが、現状なのです。

以上

 私たちは、想像に反して大半の人たちが生存しています・・・・!!

 発癌も被曝障害の最大の障害ではなく最大の障害は成人なら、知能低下と性格崩壊、意欲の減退です。

 また被曝は、細胞死とDNAの変異をもたらします。

 これは、被曝量と直線関係がありますが、中枢神経系は、再生しませんので、当然、脳の機能は低下します。

 脳は思考だけでなく、下垂体のようにホルモンも作り出します。

 甲状腺癌も滅多になりませんが、被曝で甲状腺機能が低下します。

 そして、TSHの出も悪くなれば、ぶらぶら病です。

 いずれ治る人もいますが、完全には治りません。

 知能も低下します。

 成長期の子供なら、この影響はもっと顕著に出ます。

 いずれ、中枢神経の機能が落ちるのは、100%確実です。

 遅いか早いかだけです。

  現在の東京でも確実に被曝の影響が出ています。

 ところが何の影響もありません!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

関連記事

カテゴリー

presented