高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

防衛省が画策実施する「国民だましの徴兵制度」!!

赤紙2

防衛省が画策実施する「国民だましの徴兵制度」!

 安保法案の正体が、これた゛!!

 企業に入社する新入社員を自衛隊に入隊させて、

「企業戦士として戦うことのできる人間にする」

という建前であるが、その実は戦地に投入するというものである!!

 これはもともと特定の企業が、新入社員を鍛えるために「体験入隊」という名目で自衛隊の訓練施設に7日とか宿泊して、新入社員の教育をしていたのです。

 これに目を付けた防衛省が、「徴兵」の前段階として「訓練施設」ではなく「紛争地」に派遣して体験してもらおうというのであるが、何分にも「紛争地」と成りますとリスクが伴いますが防衛省としては、「徴兵制度」の前段階の「システム」ですからリスクにんかに構ってはいられません。

 こうして防衛省と財界が手を組んで、若者達を戦地に送り込む計画が粛々と進んでいるのですから世の父母は、驚きます!!!

 これが『長期 自衛隊インターンシップ・プログラム(企業と提携した人材確保育成プログラム)』という形の違う「徴兵制度」なのです。

 これは、民間企業に就職する新入社員を自衛隊に2年間入れるという計画なのです。

 就職すると自衛隊に2年間入隊して軍事教育を受けなければならないという案なのですが、しかしこれは「徴兵制度」そのもです。

 しかも民間企業就職者ですから、公務員就職者は除外されているという矛盾もあります。

 そして自衛隊入隊と引き換えに、奨学金の返済を免除するという恩恵までが、用意周到に用意されています。

 学生たちの足元を見透かした条件です。

 低所得者の子弟の借金を膨らませて貧困に追いやり、戦場に追い立てようとするのです!!

 「借金を免除するから、戦場へ行きなさい!!」 

 そして、自殺者として帰国してくるのです!!

 日本国の将来を担う若者たちが戦場に送られて、命を落としたり、傷を負ってしまうことにより日本国の将来は暗澹たる状況となってしまいますが、これが奴等の狙いなのです。

 そして、このシステムを立案したのは、経済同友会の元前原金一専務理事だそうです。

ゲンダイ
 民間企業の新人を戦地に投入 防衛省が画策する「隠れ徴兵制」

 民間企業に就職したと思ったら、配属先は「自衛隊」だった――。防衛省が密かに検討していた「徴兵プログラム」が国会で取り上げられ、大騒ぎになった。

 明らかになったのは、参院安保法制特別委。

 共産党の辰巳孝太郎議員は、防衛省が13年7月に作成した「長期 自衛隊インターンシップ・プログラム(企業と提携した人材確保育成プログラム)」と題した資料を掲げて質問したのです。

 資料には「プログラムのイメージ」として、最初に「企業側で新規採用者等を2年間、自衛隊に『実習生』として派遣する」とハッキリ書いてあり、ほかに「自衛隊側で、当該実習生を『一任期限定』の任期制士として受け入れる」「自衛隊側は当該者を自衛官として勤務させ(略)」とあった。

 つまり、新入社員らを2年間も自衛隊に強制勤務させる仕組みなのだ。

 これが会社の「業務命令」なら、拒否する社員は少ないだろう。

 誰がどうみても「徴兵制」だ。

「防衛省側のメリット」では「将来的には予備自(衛官)としての活用も視野」とあった。予備自衛官は14年度末時点で約3万2000人と、定員(約4万8000人)の7割にも満たない。

 安保法案が成立すれば「米軍と一緒に戦争するのはイヤ」と自衛官離れは加速する。

 それを防ぐため、防衛省が「画策」したのは明らかだ。

 安倍首相は参院特別委で「徴兵制、徴兵制と、はやす人々は全く無知と言わざるを得ない」と言っていたが、防衛省自身が「インターンシップ」というゴマカシ言葉を使って実質的に「徴兵制」を検討していた事実をどう考えるのか。

 中谷防衛相の答弁によると、資料作成の理由は、経済同友会の前原金一専務理事(当時)から「関心が示された」ためだったという。

 経済同友会といえば、幹部が安倍と度々、メシを食っているし、前原氏は昨年5月の文科省会議でも、奨学金の延滞者をめぐる問題で「消防庁とか、防衛省などに頼んで、1年とか2年のインターンシップをやってもらえば」と発言していた。

 経済同友会は、円安と株高で一握りの大企業をボロ儲けさせてくれる安倍政権を「側面支援」しよう――と考えたワケじゃないだろうが、安保法案で自衛隊員のリスクは確実に高まる。

 防衛相は否定したが、「サラリーマン自衛官」が戦いに巻き込まれる可能性はゼロじゃないのだ。

「企業を通じて戦地に(若者を)送るようなシステムを一経営者に提案をする発想そのものが恐ろしい」

 辰巳議員はこう指摘したが、その通り。安保法案の成立を前提に勝手に自衛隊の海外派遣の計画をシミュレーションしていた防衛省だ。

「国民だましの徴兵制」の導入も狙っているのに違いありません!!

驚異の生物「ソマチッド」が、人類を救う!!

「癌を含む成人病」や、「特定疾患」を治せる驚異の「ソマチッド」!!

化学物質や、放射能を身体から排除してしまいます!!

不死の生命体が、現代医学を根底から覆します!!

地上に生息するありとあらゆる生命体は、「ソマチッド」に助けられている!!

船瀬図書館より

ソマチッドが、現代医学を根底から覆します!!

「癌」を無害化してしまいます!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー