高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

宝くじの闇は、深くてドロドロ!!

宝くじ5

宝くじの闇は、深くてドロドロ!!

宝くじ・・・48%

競馬・・・・25%

パチンコ・・10~15%

悪質なほど高率な手数料

宝くじの配当率(当選金額/発券金額)は48%

つまり、宝くじを¥10,000分売っても当選金は¥4,800しか出しません。

当選金が増えたとか高額になったとかいいますが、長年この48パーは変動していません!!

宝くじという「商売」は、実に儲かりますから、止められません!!

当選金を増やしても、発行枚数を増やしますから主催者には損失は出ません!!

宝くじの裏面にも書かれていますが、利益は宝くじの発行組織の運営資金と公益事業に使われます。

宝くじの事務処理を行っているのは「旧第一勧銀」、今の「みずほ銀行」なのです。

宝くじの収益分配はある程度公表されているのですが、それによると収益金の15%は事務組織である「みずほ銀行」の取り分になり、37%は正体の知れない公益事業に使われているという事ですが、ここに「宝くじの闇」があるのです。

その公益事業を公開すべきですが、なぜか隠ぺいして開示しません!!

この宝くじの「闇」を暴いて健全な宝くじにしなければいけません!!

国民が、宝くじを買えば買うほどボロ儲けしている輩がいるのです!!

「みずほ銀行」は、天下のメガバンク(倒産寸前)で、日銀の支援を受けてかろうじて、銀行業務を続けていますが、時間の問題です。

宝くじの1等金額や本数は増加の傾向にありますが・・・・。

当選者は、一切開示しません!!

ここにも宝くじが闇に成ってしまった所以があります。

宝くじ関係者より、

「宝くじは、ロムの調整であたり番号を指定されます!!」

「1当は、宝くじの関係者にしか当たりません!!」

「収益金の大半は、政治家たちに持っていかれてしまいます」

「宝くじは、組織ぐるみの詐欺です!!」

「資料を持って、御会いしたいのですが・・・・」

という電話連絡がありました!!

まあそれに50年この方、宝くじの1当が当たった人にあったことがありませんね!!

 誰か、宝くじで1当が当たったという方はいませんか?

関連記事

カテゴリー