高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日銀の策謀!!

銀行3

日銀の策謀!!

アベノミクスで、株価が8,000円~2万4,000円に上がる!!

株が上がり、金が上がる!!

少なくとも年末までは、大丈夫だ!!

株式市場は、2日に日経平均株価が1年9ケ月ぶりに2万円の大台に乗せた!!

次の目標は、2万2,984円台である。

ここで注目しなければならないのは、日銀のETF(上場投資信託)買い入れである。

日銀は、5月末でETFを13兆9,600億円も保有しているのです。

つまり日銀が大株主に成った大企業が、増え続けているのです。

日銀の保有比率が、10%を越える上場企業は10社に登ります。

これこそが、日銀が考え出した「新景気浮揚策」なのですが誰一人として気づいていません!!

損失を出さずに日本経済を牽引し、「日銀」も、「民間企業」も得をするという「超錬金術」なのです。

日銀は、優良企業の「株」を購入するが「注文は付けない」、「株主総会」には出ない。

片や企業はというと、自社株を日銀が購入してくれるので金融機関から資金調達をする必要がないし、利息も支払うこともないので「借り入れの返済」や、「設備投資」に資金を有効利用できる。

というものすごい経済効果が、生まれています!!

先進国の中では、日本の雇用が一番安定していますし、雇用が順調であれば、所得税などの税収が上がり企業は保有株式の配当が増えます。

何よりも株価が、2万円を越えますと年金運用で8兆円もの損失を出した分を取り戻すことができましたね!!

日銀の「ウルトラC」は、日本経済の「カンフル剤」と成ったようです。

ここで懸念されるのは、米国株の動向です!!

米国株と、日本株は連動していますので米国株わ監視することが大切です。

関連記事

カテゴリー