高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

いい加減にしないと「悪行」の全てをばらすぞ!!

東京都3

いい加減にしないと「悪行」の全てをばらすぞ!!

豊洲の「汚染隠し」を始めた小池都政は、何なのか?

 だいたい汚染物質で、抜けているものがあり過ぎ!!

 汚染土は、東京湾に不法投棄したり、汚染物質を隠ぺいしたり、数値をごまかしたり・・・・!!

 小池都政も「都民ファースト」だとかなんとか喚き散らしているが、都民を愚弄しているのか!!

 政治家たちのした「悪行」を、全てばらすと行政が成り立たなくなるし「ゼエネコン」の悪行を全てばらすと、ジェネコンが吹き飛んでしまう「案件」もあります!!

 しかし、これにより真に路頭に迷うのは大成建設であれば関連会社を入れますと、何と20万人の善良な人たちが被害をこうむることに成ります!!

 石原慎太郎の東京都政は、正に「悪徳政治家」たちが都民の納めた「血税」を如何に懐に入れるかという連続の政治であり、これに官憲が同調した何でもありの「暗黒政治」だったのです!!

「何でもあり」とは、殺人も含めた無法空間の中での最悪の政治だったという事です!!

 都政始まって以来の「最悪都知事」でした!!

作家という「仮面」を被った「チンピラ」が、時代の波に乗り苦心惨憺「国会議員」になりはしましたが、鳴かず飛ばずで政界を引退しようとしたところに「東京都知事選挙」が飛び込んで来ました。
 一度目の東京都知事選で敗北しており石原自身は躊躇していましたが、東京ガスの支援を受けて立候補し見事に当選したのです!!

 それからというものは、「東京ガス」の為に「腐れ土地」を「優良土地」に置き換え見返りに巨額の資金と天下り先を確保し、主に「鹿島建設」と強力なタッグを組んで「都政」をあらんかぎり食い尽くしたのですから重罪犯です!!

 しかし、石原慎太郎がどう蠢こうと東京都政のドンは「内田茂」なのです!!

 石原慎太郎であろうとも、「内田茂」には、一目も二目も置いていましたので、一連の悪行は「石原慎太郎」一人の仕業ではありません!!

浜渦武生・元東京都副知事にしても、百条委員会で偉そうなことを言っていましたが「ワル」中の「ワル」であります。

 飯田橋の病院の件では、亀井静香と組んで「中抜き」を散々していますし、まだまだ悪行の足跡を残しています!!

 その直後に、3億円の豪邸を建設しましたが資金はどこから?

 まあ「石原慎太郎」と「東京ガス」、「鹿島建設」の何でもありは「法」を踏みにじるものばかりです!!

鹿島建設よ!!

やり過ぎだなあ「羽田空港」をはがすと何が出てくるかなあ・・・・・!!

 横浜の「NTT」を解体した建設廃材は、何處に捨てたのかな!!

鹿島建設に限らずジェネコンの「悪行」の事例を挙げればきりがありません!!

小池百合子よ!!

都民は期待しているというのに、何にもできていないで「都民ファースト」はないぜ!!

そういえば態度が悪く人相違反の法務大臣である金田勝年の関係者が、内田茂に連絡をして、

「10件近くの法律違反で、近く逮捕されます!!」

と連絡があったと、騒いでいましたぞ!!

これは、「付度」なのかな?
法務大臣であれば、もう少し優しい顔をしたらどうか?

浜渦証言「偽証」認定へ 都議会百条委

毎日新聞

豊洲市場移転問題をめぐる百条委で発言する浜渦武生・元東京都副知事=都議会で2017年3月19日午後5時20分、小出洋平撮影

 東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題に関する都議会の調査特別委員会(百条委員会)は6日、非公式の会合を開き、証人喚問した浜渦(はまうず)武生元副知事の証言を「偽証」と認定する方向で最終調整に入った。5日間で計20時間以上を費やした24人に対する喚問では、豊洲市場の用地取得の経緯について真相が解明されなかった。各会派には焦点を浜渦氏の偽証に移すことで、有権者の批判から逃れたいとの思惑がある。

 偽証の疑いがあるとされたのは、東京ガスとの用地取得交渉を巡る3月19日の証言。浜渦氏は「私の担当は2001年7月の(東ガスとの)基本合意までで、そこから先は一切触っていない」と述べた。これに対し、部下だった前川燿男(あきお)元知事本局長は、4月4日の喚問で基本合意締結以降も「最高責任者は浜渦氏で、一貫して市場を所管していた」と否定した。

 こうした証言に加え、4日の百条委では公明党が、都幹部が03年5月に浜渦氏宛てに提出した土壌汚染対策についての文書を提示し、「『相談にもあずかっていない』という浜渦氏の証言は偽証の疑いが濃厚」と指摘。共産党も同調した。

 偽証認定は、百条委と本会議での出席議員の過半数の賛成で可決される。可決されると議会は捜査当局に告発する。都議会局によると、記録では百条委で告発に至った事例は確認できない。05年には副知事だった浜渦氏が「やらせ質問」の依頼を否定して偽証認定されたが、直後に更迭されたため告発は見送られた。

 各会派が浜渦氏の偽証認定を急ぐ背景には、批判の矛先が議会に向けられることを避けたいとの意向がある。百条委の調査には約1500万円の公費が投入された。だが「水面下の交渉」とされた用地取得までの経緯は明らかにならず、「7月の都議選を前に『都議会は何をやっているんだ』と言われかねない」(自民都議)との危機感が募っている。

 喚問では石原慎太郎元知事の「交渉は浜渦氏に一任していた」との証言も元部下に否定されたが、各会派に石原氏を偽証に問おうとする動きは出ていない。ある都幹部は「過去に議会と対立した浜渦氏をスケープゴートにして幕引きを図ろうとしているのでは。石原氏では影響が大きすぎる」と見る。

 6日の会合では26日の百条委理事会までに、各会派が偽証の根拠をまとめることになった。一方、浜渦氏は10日に記者会見を開き、偽証を否定する見込み。

 都議会の姿勢について、地方自治に詳しい江藤俊昭・山梨学院大法学部教授(地域政治論)は「百条委の目的は都政に関わる事項の責任を明確にすることで、調査結果もまとまらないうちに偽証に問うかどうか議論するのは本末転倒だ。『政争の具にしている』とのそしりを免れない」と指摘している。【森健太郎、芳賀竜也】

以上

 最近の政治家は、小者のくせに「悪行」ばかりする馬鹿者ばかり・・・・!!

竹下登や、金丸信の時代が懐かしい・・・・・!!

このころは「悪行」して稼いだ金は、ばら撒いていましたが、最近の奴らは独り占めにしてしまう・・・・・!!

y

関連記事

カテゴリー

presented