高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

恒久的に、全身を襲うかゆみからの解放!!

づつう3

恒久的に、全身を襲うかゆみからの解放!

アトピー皮膚炎のかゆみから解放され、アトピー皮膚炎治癒していきます!!

身体には、全く無害な成分のクリームです!!

どんな病気か

 かゆみの強い慢性の湿疹で、増悪(ぞうあく)や軽快を繰り返します。多くの場合、アトピー素因(気管支喘息(ぜんそく)、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などを生じやすい体質)をもつ人に生じます。主に小児期に発症し、成人では軽快することが多いのですが、成人になって再発したり、重症になることもあります。

原因は何か

 多くは環境中のダニや食べ物などの成分がアレルゲン(アレルギーの原因物質)となり、それらに対する免疫グロブリンE(IgE)抗体がつくられて、皮膚にアレルギー性の炎症を起こします(表7)。

 小児では、卵、牛乳、小麦などの食物が原因として多くみられます。その他、イヌ、ネコなどのペットのフケや毛、体内や皮膚の表面にすんでいる真菌(しんきん)(カビ)などの成分もアレルゲンになります。

 また、皮膚の最上層である角層(かくそう)内の天然保湿因子やの細胞間物質(セラミドなど)の異常などにより皮膚のバリア機能が損なわれ、冬の乾燥や夏の発汗、衣類などの刺激に対して皮膚が弱く、炎症を起こしやすい状態になります。炎症を起こした皮膚の表面には細菌が増殖しやすく、さらに悪化させる要因になります。

 成人では、これらにより生じた皮膚の炎症が職場や家庭内の精神的ストレスで悪化することがあります。家族にアトピー素因のある人が多く、他のアトピー疾患の合併も多くみられます。

症状の現れ方

 年齢によって症状が異なります。乳児期には滲出液(しんしゅつえき)の多い紅斑が顔面や体幹、四肢にみられ、幼小児期になると首や四肢の関節部などに乾燥性の病変がみられます。

 思春期や成人になると全身、とくに顔面、くび、胸背部などに紅斑や丘疹(きゅうしん)(ぶつぶつした隆起)などの症状が強くみられます。ざらざらした黒ずんだ乾燥肌(アトピー皮膚)のことが多く、かゆみが強いために掻破(そうは)による傷(かき傷)がみられます。眼のまわりの症状が強い場合には、アトピー性白内障(はくないしょう)や網膜剥離(もうまくはくり)を起こすことがあります。

 アトピー性皮膚炎に単純ヘルペスが感染すると顔面や上半身などに小さな水疱(すいほう)(直径が数mmの水ぶくれ)が多発し、ぴりぴりした痛みを伴います。これはカポジ水痘様発疹症(すいとうようほっしんしょう)と呼ばれ、感染が広範囲に及ぶと発熱を伴います。

検査と診断

 多くはそれぞれのアレルゲンに反応する免疫グロブリンE(IgE)抗体が上昇し、血液中の総IgE抗体量も上昇します。皮膚炎の悪化時には、白血球のうちアレルギー疾患で増加する好酸球の割合が増えています。しかし約20%はIgEが上昇しないアトピー性皮膚炎として存在します。

治療の方法

 皮膚のかさつきを抑える目的で白色ワセリンや尿素などを含んだ保湿剤を、炎症を抑える目的でステロイド軟膏を用います。免疫抑制薬の軟膏タクロリムス(プロトピック)も有効ですが、刺激感や感染症などの副作用に注意が必要です。

 内服薬では抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を用います。抗炎症作用のある漢方薬が有効なこともあります。細菌や単純ヘルペスの感染症を伴った時には、それらに対する治療が必要になります。

病気に気づいたらどうする

 原因対策を行います。家のなかのダニ対策や小児では原因食物の除去を行います。ただし、過剰な食物除去は成長障害を来すため注意が必要です。皮膚の清潔を保つことは重要ですが、石鹸の使用により皮膚は乾燥するので、入浴後は保湿を十分に行います。

 掻破によるびらんが著しい場合には、軟膏を塗った上にガーゼや包帯を巻いて掻破から皮膚を守ります。十分な睡眠をとることや胃腸の調子を整えること、精神的安定を図ることも重要です。

突然襲ってくる痛みから、解放される凄さ!!
ちっぽけな「ライト」が、貴方を痛みから解放します!!

痛み止めの薬は、「劇薬」です!!

第一三共ヘルスケアの調査

頭痛に悩みを持つ20~40代の男性1,000人に、頭痛が出たときの対処法についてアンケートを行いました。すると、「それ、本当に効くの?」と疑ってしまうような独自の対処法をとっている方が多くいることが判明! 日常生活に支障が出ることもあるつらい痛みを和らげるために、みなさんどんなことをしているのでしょうか? さっそくみていきましょう。

2週間に1度の頻度で頭痛と戦うビジネスマン

まず、どれくらいの頻度で頭痛に悩んでいるかを聞いてみました。その結果、「非常に悩んでいる」人の9割、「やや悩んでいる」人の7割という非常に多くの人が、2週間に一度は頭痛に悩まされていることがわかりました。また、「非常に悩んでいる」人の6割が、週に1回以上の頭痛持ちであることが明らかに。2週間に1~2回頭痛があるとビジネスマンにとって大きな悩みのタネですね。

(n=1,000 / 第一三共ヘルスケア調べ)

頭痛が出たら、どう対処する?

次に、頭痛に悩む人たちが、日頃どのように対処しているかを聞いてみました。

(n=1,000 / 第一三共ヘルスケア調べ)

(n=304 / 第一三共ヘルスケア調べ)

「頭痛薬を飲む」と回答した人が7割で圧倒的に多く、続いて「横になる」、「マッサージ」と続きます。そして意外にも、「我慢する/何もしない」と答えた人が4番目に多い結果となりました。また、年代が若いほど、頭痛を我慢してしまう傾向があることもわかりました。

音楽、ツボ押しなどさまざまな対処法

また、フリー回答では、「音楽を聴く」「ツボを押す」「刺激をシャットアウトする」といった対処法のほか、以下のようなユニークな回答が見られました。

•髪の毛を引っ張る
•シャワーを額に当てる
•コーヒーを飲む
•梅干を食べる、梅干をこめかみに貼る

これらは一体、正しいのでしょうか? その効果を検証するためには、まず、頭痛のタイプとその原因を整理して考える必要があります。

頭痛の種類(原因と対処法)は一つではない

そもそも、頭痛にはいくつかタイプがあるのをご存知ですか? 大きく分けると、慢性的に繰り返す「困る頭痛」と緊急治療が必要な「危ない頭痛」があります。緊急治療が必要な危ない頭痛の主なものは「くも膜下出血」や「脳出血」ですが、これらはすぐに治療しなければ命取りになる疾患ですので、手足のしびれやろれつが回らない等、いつもと違う症状がある場合は医療機関を受診しましょう。困る頭痛として主なものは「緊張型頭痛」「片頭痛」で、その他、「群発頭痛」「混合タイプ」などもあります。

「緊張型頭痛」は、日本人の頭痛で最も多いと言われている頭痛です。頭の周りや首の後ろから肩、背中にかけての筋肉が緊張して血流が悪くなることで発症します。精神的・身体的ストレスが原因であることが多く、パソコン操作や長時間同じ姿勢をとり続けている人がなりやすい頭痛です。対策としては入浴やマッサージなどで体を温めて血行を改善したり、ストレッチなどで緊張した筋肉をほぐす等すると良いでしょう。

一方、「片頭痛」は女性に多い発作性の頭痛で、なんらかの理由で脳の血管が急激に拡張し、周辺の三叉神経を刺激することで発症。ズキン、ズキンと波打つような痛みが特徴です。心身のストレスから解放される仕事のない週末などに起こりやすいと言われています。
対策としては、患部を冷やしたり、暗い部屋で安静にしたりして、入浴や人混みなどはなるべく避けましょう。

上記でご紹介したユニークな対処法の効果について、頭痛のタイプ別に検証してみると、
•温かいシャワーを額に当てる緊張型頭痛:○ 片頭痛:×緊張型頭痛の場合には効果が期待できます。片頭痛は血管の拡張によって引き起こされるため、シャワーなどの頭を温める行為は血管をさらに拡張させてしまい、控えるのがベターとされています。
•髪の毛を引っ張る緊張型頭痛:○ 片頭痛:×頭皮を刺激すると血行がよくなるので、緊張型頭痛の場合には効果が期待できます。ただし、髪を引っ張ることでどの程度血行がよくなるかは疑問が残ります。
•コーヒーを飲む緊張型頭痛:× 片頭痛:○カフェインには血管の収縮作用があるので、血管の拡張が原因で起こる片頭痛に効果があると言われています。
•梅干を食べる、梅干をこめかみに貼る緊張型頭痛:○ 片頭痛:○紀州梅効能研究会によると、香りの成分「ベンズアルデヒド」に痛みを鎮静・軽減する効果があるそう。梅干を食べたり、こめかみに貼ったりしなくても、香りを嗅ぐだけで効果が得られそうです。

というように考えることができます。頭痛は、そのタイプにあった対処法をとることが大切なんですね。

無理な我慢は禁物!痛みが出始めたら鎮痛薬をすぐ服用が正解!

図2で、頭痛が出たときに「我慢する/何もしない」人が3割もいましたが、実は、それは間違った対処法であることがわかっています。痛みを我慢していると、痛みの原因物質が身体の中で増えすぎてしまい、鎮痛薬でも痛みを抑えきれなくなってしまうからです。だからといって、痛みが強いから薬を多めに飲むなど誤った使い方をすると、鎮痛薬がかえって痛みを誘発する原因にもなってしまいます。定められた用法・用量を守って服用することで薬の効果を最大限に引き出すことができるのです。

頭痛薬で最も重視するのは「効きめの速さ」

(n=1,000 / 第一三共ヘルスケア調べ)

最後に、頭痛薬で最も重視することを聞くと、やはり「効き目の速さ」がトップに。続いて、「副作用の少なさ」「効果の長さ」となっていました。今すぐなんとかしたいつらい頭痛に、1秒でも速く効く頭痛薬は、現代のビジネスマンの必需品のひとつといえるのかもしれませんね。

頭痛が出たときは、頭痛のタイプに合った対処法をとりつつ、我慢はほどほどにして頭痛薬に頼る、というのが賢い選択といえそうです。

以上

 痛み止めほど身体に悪い薬はない・・・・・・!!

有機カルシウムは、統合医療で取り扱われます。

「アトピー」対策のクリームは、都内の全身美容エステで取り扱われます。

ナノレベルの「 ソマチット(若返りと臓器再生の万能薬)」 は、通販で取り扱われます。

300万円で、病気が消えて10才若返ったらどうしますが?

関連記事

カテゴリー

presented