高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

急失速する「都民ファースト」!!

小池百合子4

急失速する「都民ファースト」!!

成果のない「小池旋風」に、都民が愛想をつかしたのか・・・・!!

東京テレビが行った「世論調査」によると、

自由民主党が32%

小池新党は、17%

と、大きく水が開けられた!!

小池つぶし!!

築地協会会長の伊藤

 豊洲移転ありきではなく、都民ファーストまずありきで、改革委員会をたちあげた小池新都知事の方針に反対する!!

 業者の意見ばかりメディアで主張させるのは、小池つぶしに繋がっている!!
 もっと食の安全や都政改革を応援する民間人の意見も、放送しなければマスコミの公平さが失われてしまいますぞ!!

 五輪の森元総理とかと敵対しているので、利権対小池なんだけれど、テレビというのはしょせん、権力の手先に成り下がってしまっています。

小池百合子知事は、民意によって選ばれたリーダーです。
五輪組織委会長・森喜朗氏は、誰に選ばれたのかな?

 豊洲の移転先は東京ガスのガス製造工場があった場所で、土壌が汚染されているが、PCBや、ダイオキシンが検出されないのが不思議である。

 第一の根本問題が、土壌汚染問題である!!

 豊洲市場が使用する土地の大半は東京ガスのガス製造工場があった場所で、土壌が汚染されているという問題が表面化したのは20年近くも前のことでした。

 ガス工場の跡地であり、もともと発がん性の指摘されるPCBや、ダイオキシン、ベンゼンなどの有害物質が存在するはずであるが、検出されない猛毒がある!!

白々しい隠ぺい工作である!!

 1998年の土壌調査開始以降、規制基準値を上回る有害物質の存在が確認されてきたは

ずなのに・・・・・。

 その後、東京都が移転を正式決定したあと、土壌対策が完了したとされてきたが、そもそもそれが真っ赤な嘘なのである。

 再調査が実施されると、再び規制基準をはるかに上回る汚染が確認されベンゼンやシアン化合物だけでなく、ヒ素、水銀、六価クロム、カドミウムなどの極めて危険な物質が規制基準値を上回る濃度で存在することが確認されてきたが、相変わらず処理することのできないPCBや、猛毒のダイオキシンは隠ぺいされたままである。

 何で、そんなこと知っているのかって・・・・?

8年前くらいに、土壌処理を依頼された会社の顧問をしていたので知っているのです。

 市民が直接摂取する食品を取り扱う市場の地下に、このような有害物質が存在することが許されるわけがない。

 東京都は土壌調査で、築地市場から環境基準の2・4倍のヒ素と1・6倍のフッ化物が検出されたという。

 汚染物質が出た場所については「土壌汚染の恐れがない場所だと思っていた」と述べた上で、「掘ったあとはアスファルトや土で覆っているので、人体や健康に影響を与えるような状況ではない」としているが、大嘘である!!

 大きな土圧が掛かるようなことがあると、有害物質は表面に噴出してくるのである。

 都議会の委員会で、豊洲の水質調査の1回目から8回目までの調査方法と9回目の調査方法が違っていたと暴露されたが、これもおかしな話である。

 都庁の不可解な動きが本格化したのではないか?

 都知事・小池百合子つぶしのため、都庁内の一部と都議の守旧派勢力が裏で通じながら暗躍している動きの1つとみるのが順当だろう。

 土壌汚染の不安を払拭するための盛り土があるはずの場所に、盛り土がない。

 盛り土をしなかった分の費用がどこに消えたのかを問う質問も出た。

 小池百合子知事は、当初予定の三倍弱の二千七百億円余となった建設費に触れて、

  「あまりにも膨らみすぎたので安くあげる努力をしたのか、その点も調べたい」

 と談話よ発表した。

 土壌汚染対策についてのホームページなどでの説明と、施設の構造との食い違いを把握した経緯について小池知事は「いろんな方面から情報をもらったとだけ述べていた。

 地下空間を造ることがいつ、どのように決まったのかは調査中だが、都側は意図的な隠蔽を否定する。

 土壌汚染対策に不備はないのだろうか?

 地下空間の床は、薄いコンクリートが敷かれている場所のほか、コンクリートもない砂利だけの場所があるが、余りにもふざけているのではないのか?

 これが、公共事業の実態なのか?

 これでもか、これでもかと手抜きするのが公共事業なのか!!

 しかも、支払いは都民の血税であるぞ!!

 このことが、理解できているのか?

 建物一階の床の厚さは三十五~四十五センチあり、担当者は

「土壌汚染対策法で必要とされる安全性は確保している」

と釈明するが、それは土壌処理が完全にされている場合である!!

 一番の問題は「消えた大量の汚染土」の行方を誰も追求しないことである!!

東京湾に「不法投棄」してしまったから、追及できないわなあ・・・・・!!

 しかし、これを追及すれば奴らを撃退できますぞ!!

小池醜聞

しかし、ここで「都民ファースト」に自由民主党が仕掛けた爆弾がさく裂を始めましたので、さすがの「鉄の女」も、たじたじになってしまいました!!

 「都民ファースト」公認候補30人のうち自由民主党出身が三分の一を占めるが、大半がすねに傷を持っ者達ばかりと言います!!

DV男や、不倫男に、ゲイ男と枚挙にいとまがないようです!!

このような環境の中で、無理やり「東京都議選」に臨んでも世間の風はそう甘くはありませんぞ!!

7月の「東京 都議選」までに、何等かの成果を上げなければ「都民ファースト」は完全に失速してしまいますぞ!!

  有機カルシウムは、統合医療で取り扱われます。

「アトピー」対策のクリームは、都内の全身美容エステで取り扱われます。

ナノレベルの「 ソマチット(若返りと臓器再生の万能薬)」 は、通販で取り扱われます。

関連記事

カテゴリー