高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

癌は、完治しない? 完治する?

抗がん剤3

癌は、完治しない? 完治する?

代替医療

 代替医療とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」を指す用語である。Medicineは医療とも医学とも訳されることがあるので、代替医学とも呼ばれる。近代ドイツ医療社会史専攻の服部伸は、代替医療(オルタナティブ医療)とは、科学的・分析的な近代医学の限界を指摘し、時には霊の力を援用しながら、患者の心身全体の調和を取り戻そうとする医療であり、中国医学や漢方医学、アーユルヴェーダもこれに含まれると述べている。

 今のところ、通常医療に取って代わるような代替医療は存在しない。帝京大学の大野智は、科学的に有効性が裏付けられた医療は通常医療に組み込まれるため、代替医療という言葉自体に矛盾があるのかもしれないと指摘している。日本でも一部の漢方薬は通常医療に取り入れられている。

 似た用語に、補完医療、相補医療(ほかんいりょう)があるが、これは「通常医療を補完する医療」を指す用語である。アメリカでも日本でも、学会等の正式の場では代替医療と補完医療を総称して補完・代替医療の名称が使われることが多かったが、アメリカでは近年変わりつつある。

 アメリカの国立補完代替医療センター(現・アメリカ国立補完統合衛生センター)では、2010年頃から研究目的は「病気の予防・治療」から「症状のマネジメント」に変更され、各種施術療法の総称として、補完・代替医療ではなく補完的健康アプローチという用語を使うようになってきている。

 通常医療と補完・代替医療の2つを統合した医療は統合医療と呼ばれる。日本の厚生労働省は、統合医療は近代西洋医学と補完・代替医療や伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、多種多様なものが存在すると説明している。

 これらは元々欧米から発信されている用語であり、欧米での医療の歴史が反映された概念である。

転載

 知っておきたい最新のがん治療

 がんの治療では、手術(外科治療)、薬物療法(抗がん剤治療)、放射線治療が三大治療とされている。

 標準治療では過去の治療実績をもとに、主にこの三大治療から選択される。

 しかし近年では、これら三大治療以外にも第4のがん治療とも呼ばれる免疫治療の一種である「免疫チェックポイント阻害剤」が保険適応になるなど、治療の選択肢が広がってきている。

 知っていますか?

 がん細胞の成長を阻害する食品の存在を!!

 がんの代表的な治療方法には、手術(外科治療)、薬物療法(抗がん剤治療)、放射線治療の三大治療に加え、免疫治療、温熱療法、代替医療(補完医療ともいう健康食品やサプリメント)などが存在する。

 標準治療として保険適応になるものから、先進医療として混合診療の対象となるもの、保険適応外のものまで様々だ。ここでは保険適応・保険適応外の区別なく、その種類と特徴を簡単に紹介したい。

手術

 がんそのものを除去する局所療法で、がん治療において最も基本的で優先される治療法です。
 手術で除去できる場合、ほとんどのがん種において適応対象となります。
 開腹しておこなう開腹手術のほか内視鏡手術がある。

薬物療法

 薬物療法は、外科治療や放射線治療などの局所療法とは違い、主に全身療法に分類される治療法です。がんにおける薬物療法には主に、抗がん剤とホルモン剤があります。

 抗がん剤には「代謝拮抗剤、アルキル化剤、抗がん性抗生物質、微小管作用薬、白金製剤、分子標的治療薬」といった様々な種類が存在する。

 治癒を目的として「白血病、悪性リンパ腫、卵巣がん、精巣がん、小細胞肺がん」などで、

 延命を目的として「頭頸部がん、食道がん、非小細胞肺がん、乳がん、胃がん、大腸がん、

 膵臓がん、膀胱がん、子宮がん、悪性黒色腫、軟部腫瘍」などで使用される。

 ホルモン療法は「乳がん、子宮体がん、前立腺がん」などにおいて使用される。

放射線治療

 放射線治療は、手術と同じくがんとその周辺を治療する局所療法に分類される治療法です。
単独または手術や抗がん剤と併用しておこなわれます。

 多くのがん種において標準治療として適応されているX線やγ線による放射線治療のほか、先進医療に分類される陽子線や重粒子治療がある。

免疫治療

 自分自身の免疫機構によりがん細胞を攻撃することを目指した治療法で、手術、抗がん剤、放射線につぐ第4のがん治療とされています。

 免疫細胞、サイトカイン、抗体等を活性化し免疫機能を目的の方向に導く治療法で「サイトカイン療法、細胞免疫療法、ワクチン療法、抗体療法、遺伝子治療、BRM療法」など様々な種類が存在します。

温熱療法

 がん細胞は正常細胞に比べ熱に弱いという性質を持っています。
 温熱療法はそのメカニズムを利用して、がんに加温することで治癒を目指す治療法です。
 全身を加温する「全身温熱療法」と、がんやその近くだけを加温する「局所温熱療法」とがあります。

代替医療

 代替医療には、食品由来成分による健康食品やサプリメントを代表に、食事療法や漢方・鍼灸・マッサージなどの種類があります。

 近年では食品由来成分による健康食品やサプリメントを中心に、日本や欧米において有効性や安全性を科学的な方法で検討・評価されています。
 一方でがんの種類や症状によっては摂取を控えるべき成分もあります。

以上

 まあ世の中、猫も杓子も「癌は完治する!!」と声高らかに叫び激増する癌患者を一本釣りして、大金を巻き上げようとする輩の多いい事は、限りありません!!

 まあ年間に40万人近くの「癌患者」が死亡しているのですから、死を前にした人たちに多少の希望を与えることも悪いとは言いませんが、「癌」に対して、何ら効果のない製品が氾濫しています。

中には、

「1,000人の癌患者の治療をしたが、100人の癌患者は治らなかった!!」

「がんが治らなかったのは、抗がん剤を使用していたからだ!!」

と、声を上げていますが完治した「癌患者」は誰もいないという事です!!

 「癌は、完治する!!」

というのであれば、癌治療を求める「癌患者」に100件以上の事例を開示すべきであるが、

決まって、

 「個人情報ですから、開示できません!!」

と逃げてしまいます。 

 100人に、1人はステージが下がりますが「完治」などは夢のまた夢です!                                               

有機カルシウムは、統合医療で取り扱われます。

「アトピー」対策のクリームは、都内の全身美容エステで取り扱われます。

ナノレベルの「 ソマチット(若返りと臓器再生の万能薬)」 は、通販で取り扱われます。

関連記事

カテゴリー

presented