高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

いよいよ米軍は、北朝鮮を攻撃する!!

北朝鮮7

いよいよ米軍は、北朝鮮を攻撃する!!

 米国は、陸、海、空、水中、宇宙と、あらゆる攻撃兵器を動員している!! 

 自衛隊も、参加しています!!

 水中は、自衛隊がハイテク機器で監視しています!!

 米国は、北朝鮮を空爆する!!

 日本では北朝鮮問題については、他国の出来事どころではない!!

米軍による北朝鮮攻撃が起きたら、シリアどころではない騒ぎになるのは間違いない。

ただ北朝鮮に攻撃を行うかどうか、いろいろな要素を見ると「核施設」や「ミサイル」に対しての限定的な空爆はあり得るが、上陸して地上戦を決行するのは難しいとかんがえます。

 まず朝鮮半島情勢の有事に対する米軍の根本的な見方は、

「北朝鮮の問題は本当に深刻だと見ている。」

「まず中国の隣国であるということではなく、北朝鮮が韓国の首都ソウルを砲撃できる十分な射程圏内にあるからだ。」

米軍が北朝鮮を躊躇(ちゅうちょ)する理由の大きな一つは、北朝鮮を攻撃するとソウルを犠牲にしなければならないという事なのです。

つまり、いかなることがあろうとも同盟国である韓国の首都を火の海にするわけにはいかないからなのです。

 レックス・ティラーソン国務長官は「(軍事行為も含む)すべての選択肢」を考慮し、「先制攻撃」の可能性も示唆しているが、歴代政権でも軍事的選択肢は考慮されてきたことから、これまでと大差はないと見ていい。

米国から見ても、朝鮮半島が全面戦争に突入することは望んでいない。

 米軍が北朝鮮を攻撃しないもうひとつの理由は言うまでもなく、中国の存在である。

よく耳にするのは、中国は北朝鮮が崩壊したことで押し寄せる難民の問題などを懸念し、北朝鮮の崩壊は認められないというものだ。

ただ何と言っても中国が恐れているのは、北朝鮮の崩壊や朝鮮半島の統一で、そこに米軍が駐留して中国との国境沿いに展開することなのです。

 米軍は韓国とともに、北朝鮮を先制攻撃して金正恩・朝鮮労働党委員長も殺害するという「OPLAN(作戦計画) 5015」を2015年に作成している。

そして合同演習では、何度もその訓練を実施しています。

ところが最近、この計画のもとになっている「OPLAN 5027」という米韓の先制攻撃計画を、北朝鮮がサイバー攻撃によって2016年に盗んでおり、作戦内容の一部が相手に把握されたと指摘されている。

トランプは、数々の大方の予想を裏切ってきた。

北朝鮮への攻撃も、予測不能な部分があると見る人は多い。

特に、大統領支持率が落ちていることも危険な兆候ではある。

米軍は、北朝鮮の攻撃はできない!!

4月6~7日、米フロリダ州で行われた、米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席の初会談。

報道によると、トランプ氏は習氏に対し、中国は北朝鮮の対外貿易の約9割を占めており、北朝鮮への圧力を強めるよう要求、中国が協力しない場合、独自に米政府は北朝鮮と取引のある中国企業を制裁の対象に加えることを検討している、と説得を試みたという。

シリア攻撃には核・ミサイル開発をやめない北朝鮮への警告の意味もあったと強調したともいう。

トランプ大統領はツィッターに「中国がしないなら米国だけで行動する」と、警告とも再度の要請ともとられる、メッセージを書き込んだ利もしている。

直接の軍事行動は極めて危険で、甚大な被害を引き起こすものである。

 今後、米国が取りうる選択肢としては、大きくいって3つある。

1つ目に中国が影響力を強化して北朝鮮の核開発をやめさせる方法。

2つ目に米国が北朝鮮と話し合って解決を図る方法。

3つ目に軍事行動で解決する方法だ。

 軍事的方法による解決は、最後の手段といえよう。

米国としては、中国が問題を解決できるとの立場である。

中国は、努力しているが限界があると主張している。

そうした中国の姿勢に米国は不満だ。

この方法が重要であることは、米国や米国を含めた関係国間に、広くコンセンサスがある。今後も米国は中国による解決の実現を求めている。

 では、トランプ大統領は、「中国が協力しないならば米国だけで行動する」というのは、どう解すべきか。

これは話し合いによる解決か、軍事行動による解決なのか。

世界の目は軍事行動に向いている。

米国の選択肢は絶対なのか?

米国の武力攻撃により韓国どころか、日本まで戦禍に巻き込まれてしまう!!

北朝鮮侵攻のリスク

 ・北朝鮮の軍事能力は核とミサイルの開発などによって強大になっている。

・米国と北朝鮮の軍事衝突が起これば、必ず韓国が巻き込まれ、壊滅的な打撃をこうむる。

・軍事衝突が起これば安保法制により、自衛隊を朝鮮半島に派遣することに成る。

 今最も危険なのは、偶発的な軍事衝突である。

現在、米空母のカール・ビンンが予定を変更し、護衛艦を引き連れて朝鮮半島に向かっている。

またロナルド・レーガンも、横須賀基地にて待機しており、日本国内の全ての米軍基地は、スタンバイしている。

米国は、韓国との合同軍事演習という名目のもとに攻撃兵器を大動員し、大型爆撃機のB-52やB-1Bまでも朝鮮半島に派遣している。

訓練の域ではない!!

核兵器を持たない国だけを選んで、米軍は叩いてきたが北朝鮮は「核保有国」である!!

一歩間違えば、沿岸に到着するであろう米空母に向けて「核攻撃」をする可能性だってある!!

今回の攻撃が北朝鮮への警告とされることにも「それに驚くわれわれではない」と反発した。

 党の機関紙である労働新聞は翌9日、

「米国と追従勢力の戦争挑発は、危険ラインを越えている。」

「金正恩最高司令官を絶対的に信じ、明日、核戦争が勃発するとしても恐れない。」

「核兵力を中心とした軍事力は国の主権を守る宝剣だ。」

「今日の現実は、核戦力を強化してきた、われわれの選択が正しかったことを実証している」

と豪語する始末である。

さらに11日には、

「米国による先制攻撃の兆候があれば、米国に核攻撃する」

と力を込めた反撃をするのである・・・・・。

中国との暗黙の了解は「空爆」のみである!!

ゆえにアメリカは、北朝鮮を空爆する!!

                                               

有機カルシウムは、「ヘルニア」、「腰痛」の特攻サプリメント!! 1日1グラムを10日間飲むと楽になり、1ケ月で腰痛は消えてしまいます。モニター募集。

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!! 副作用は、全くありません!!

ナノレベルの「 ソマチット」を無料配布します。                                      「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです                    ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。

統一場理論で、説明することができます!!

送料は、自己負担です!!                                                           

郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上でお申し込みください!!

お申し込みは、一人一つです!!  1袋(100g)で、5人家族1ケ月分あります!                                                     放射能や、化学物質を身体から排出させます!!

送料は、自己負担になります! すでに8,267人近くが、飲んでいます!!                               お申し込みは、必ずFAX042-361-9202まで。

関連記事

カテゴリー

presented