高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

【危機】「べくテル社」の狙いは「日本列島崩壊」なのか!!

大災害19

【危機】「べくテル社」の狙いは「日本列島崩壊」なのか!!

そして、崩壊後に日本の資源を奪い去るのだろうか?

 日本の資源は、日本の経済力をさらに強化拡大する根源ではありますが、愛知県沖の資源の宝庫に「べくテル社」が日本の所有する「ちきゅう号」を「リース」して、穴を開けて人工地震を起こす際に使用する「核弾頭付きバンカーバスター弾」を埋設しているのです。

ここに「核」を仕掛けると「列島崩壊」です!!

 M9は、500メガトンの水爆で引き起こせますが、東京湾の「海ほたる」で再三再四「人口地震」を起こそうとしますが、一向に起こりません。

 これに業を煮やした「ベクトル社」は、愛知県沖の「メタンハイドレート」に目を付けて、日本列島崩壊を引き起こす威力のある「水爆」を仕掛けています。

問題の「ちきゆう号」ですが、寄港地に何かがあるはずです!!

ここで、「ちきゆう号」が、長らく作業をしていましたが、ここに「核」を仕掛けると「列島崩壊」を引き起こします!!

海底で、「核」の設置をしている特殊潜水艦です。

近年における技術の発展と調査によって、日本の領海・排他的経済水域、EEZの海底に、

金、銀、銅、亜鉛、

鉛、石油、コバルト・リッチ・クラスト、

メタンハイドレート

等の豊富なエネルギー資源や鉱物資源の存在が確認されている。

 日本近海では、メタンハイドレート以外にも、金や銀、銅のほか、ハイテク機器に欠かせないレアアース(希土類)などの鉱物資源も多く眠っている。

 沖縄や伊豆・小笠原諸島周辺には金や銀、銅などを多く含む海底熱水鉱床があることが判明。

 これらの海域全体で5千万トンの鉱物資源があると推定される。

 水深が700~1600メートルと比較的浅い場所にあるため開発がしやすいとみられ、経済産業省が埋蔵量調査などを進めている。

 また、日本最東端の南鳥島周辺の排他的経済水域(EEZ)内の海底には、レアアースを多く含む泥が大量に存在。

 周辺の埋蔵量は約680万トンと、日本のレアアース消費量の約230年分に相当するとの調査もある。

 メタンハイドレートと同様に技術革新により、探索できなかった海底での発見が続いている。政府は平成25年度予算案で、日本近海の海底にあるレアメタルの調査事業に36億円を充てるなど、海底にある国産鉱物資源の確保に本腰を入れようとしている。

 かなりの資源を輸入に頼ってきた日本が近年、資源大国として注目を浴びている。

 2007年、日本のエネルギー自給率は原子力エネルギーを含めて18%、原子力エネルギーをのぞけばわずか4%だった。

 しかし、物質・材料研究機構によると、日本国内の都市鉱山に埋蔵している資源は全地球上の金埋蔵量の16%に相当し、銀は埋蔵量の22%、インジウムは61%、タンタルは10%を占める。

 また日本領海には、日本国内で使用する天然ガスの約90年分の量に相当するメタンハイドレートの埋蔵量が確認されているほか、日本近海の海溝には日本国内の天然ガス消費量14年分に相当する1億1000万立方メートルのメタンハイドレートが埋蔵されていることが確認されている。

 南鳥島付近の海底にはレアアースやマンガン、コバルト、ニッケル、プラチナ、ネオジムなどの鉱産物が埋蔵されている。

メタンハイドレート

 経済産業省は、「燃える氷」と呼ばれ、国産の次世代燃料として期待されるメタンハイドレートの2回目の海洋産出試験を、今年4月に開始すると明らかにした。平成30年度まで行う政府主体の開発事業では最後の産出試験。約1カ月間の連続運転で安定した生産が見込めれば、30年代後半には民間主体の開発に移行する方針だ。

 メタンハイドレートの試験採取は、25年に行われた第1回産出試験と同じ愛知県沖の東部南海トラフで実施。濃集体(ガス田)が10カ所以上確認されており、産出困難な分も含めて、日本の天然ガス使用量の約10年分に相当するメタンガスの埋蔵が見込まれる。

経済産業省は、「メタンハイドレートの資源把握に向けた調査」で、表層型メタンハイドレートの存在の可能性がある構造が、746箇所存在することが確認されたと発表した。

メタンハイドレートは天然ガスの主成分メタンと水が低温・高圧下で結晶化した物質で、海底の浅い部分にあるタイプが表層型と呼ばれる。調査船による探査は約1300万円の費用の一部を県が負担し、九州大と三菱ガス化学(東京都千代田区)も参加して3月に佐渡島の沖合で実施した。

 国産メタンハイドレート3・3兆円資源 経済産業省が初の試算

燃える氷」とも呼ばれ、次世代燃料と期待されるメタンハイドレートを商業化した場合、3兆3千億円程度の売り上げが見込めると経済産業省が試算したことが17日、分かった。政府がメタンハイドレートの販売金額を試算するのは今回が初めて。技術開発などで政府が投じた予算総額の30倍を超える効果があり、平成28年度に最終段階を迎える開発計画の進展にも期待が高まりそうだ。その結果、メタンハイドレートの販売により3兆3638億円の売上高が見込めると結論づけた。

メタンハイドレートを保管 鳥取に巨大冷蔵施設

海底の次世代資源メタンハイドレートの調査で採取した海底地質資料(コアサンプル)を保管する巨大冷蔵施設が鳥取市に完成し、明治大と鳥取県が3日開設式をした。

上越沖と秋田・山形沖の調査海底3箇所で、表層型メタンハイドレートを含む地質サンプルを取得した。

ガス田

 日本周辺では愛知県沖の東部南海トラフで10カ所以上の濃集帯(ガス田)が確認され、1カ所当たり1日100万立方メートル程度の生産が期待できる。1カ所の操業期間は15年程度と想定し、仮に10カ所で操業できれば総生産量は547億5千万立方メートルに上るとの前提で試算した。

 商業化時の日本市場の天然ガス価格は、日本エネルギー経済研究所の予想に基づき100万BTU(英国熱量単位)当たり13・45ドルと仮定。

微生物群集

世界最深の微生物群集=海底下2.5キロ、生息の限界-「ちきゅう」で青森沖、発見

海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」で青森県八戸市沖の海底下を深さ約2500メートルまで掘削したところ、天然ガスのメタンを生み出す細菌などの微生物群集が発見された。数が極めて少なく、海底下では微生物が生息できる限界の深さに世界で初めて到達したとみられるという。

 海洋機構や高知大、ドイツ・ブレーメン大などの国際研究チームが24日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 海底下約1500~2500メートルには、泥炭から炭化が進んだ褐炭の地層が多かった。海洋機構の稲垣史生上席研究員は「2000万年以上前に北海道の釧路湿原に似た環境だったのが、日本列島の形成に伴って地下深くに沈んだのではないか」との見方を示した。

掘削して採取した細菌のDNA解析で、陸上の湿原や森林に生息する細菌の仲間が多いことが裏付けられた。ユーラシア大陸の縁から日本列島が分離するとともに、太平洋プレートが日本列島の下に沈み込む動きによって、かつての湿原堆積物が地下深くに移動したと考えられる。

 調査は2012年に八戸市沖約80キロ、水深1180メートルの地点で行い、海底下2466メートルまで掘削した。最深部の温度は約60度で、微生物の数(細胞数)は堆積物1立方センチ当たりで100個以下と少なかった。

 稲垣上席研究員は「海底下に微生物が生息できる限界の深さは、場所によって異なると思う。今後は高知沖の南海トラフを掘削して調べてみたい」と話している。

国際帝石が新潟で新しい油層発見 原油生産量が3倍に。

国際石油開発帝石は22日、新潟県の南桑山油田(五泉市)で、厚さ約24メートルの新規油層を発見した、と発表した。

 平成28年度に追加の掘削作業を実施する。成功すれば同油田の原油生産量が日量300~380バレルから約3倍に増加する見込みだ。

 同油田の生産規模は国内で8番目。16年の試験生産開始以来、これまでに累計で約16万キロリットル(約100万バレル)の原油を生産している。

日本近海で鉱床相次ぎ発見

日本の近海で、銅などの鉱物資源が豊富な海底鉱床が相次いで見つかっている。

 政府は2020年代の商業化を目指す。日本では1970年代までに多くの鉱山が閉鎖され、現在は銅や亜鉛、金、銀などの多くを輸入に頼る。近海で採掘できるようになれば、「資源小国」のレッテルの返上につながる可能性もある。

 「見たことがない高品位の鉱物で、驚嘆に値する発見だ」。1月末、沖縄県久米島沖の水深約1400メートルの海底で見つかった鉱床に関する記者会見で、東大の浦辺徹郎名誉教授は興奮気味に語った。

この調査は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が実施。遠隔操作の無人機が持ち帰った6個の鉱物からは、南米の銅山で採れる鉱石の15~30倍もの銅の含有率が確認された。

沖縄本島沖で最大級の新鉱床発見18年度めどに商業化判断

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は4日、沖縄本島沖の海底で金属が積もってできる海底熱水鉱床を新たに発見したと発表した。日本近海で見つかった鉱床としては最大級の規模とみられる。

採取した鉱石から銅や金など計5種類の金属を既に確認した。今後は掘削調査などを実施し、商業化できるか2018年度をめどに判断する。

 鉱床が見つかったのは沖縄本島の北西約150キロの排他的経済水域(EEZ)にある伊平屋小海嶺。

国内最大のチムニー群

海保が国内最大のチムニー群発見 久米島沖、海底資源埋蔵の可能性

海上保安庁は19日、沖縄県の久米島沖の海底で、国内最大規模のチムニー(煙突)群を発見したと発表した。チムニーは熱水に溶けた銅や鉛などが低温の海水と反応して沈殿したもので、海保は「周辺海域には海底資源が埋蔵している可能性がある」としている。

海保は今年6月、久米島沖の水深約1400メートルの海底を測量船で調査した際、0.45平方キロ(東京ドーム約10個分)のエリアで熱水を噴出しているチムニー群を発見。最も高いもので約20メートル以上あった。チムニー周辺には高さ10メートル程度のマウンド(円錐(えんすい)状の高まり)も見つかった。

超極秘事項

八ケ岳を含む「南アルプス」は、レアメタルの宝庫であり、世界の生産量の300年分は、埋蔵されています。

日本列島で悪夢が、始まるのか?

「招待」します!!

3月25日・26日 代々木国立競技場 「東京ガールズ・コレクション2017」                                       5月17日 大阪扇町セントフォーリア 17時~21時 「美女400人の集い」

希望者は、FAXにて042-361-9202まで!!                                                         申込者に、連絡しても不在(留守電も機能していない)の場合は次の方に参加していただきます!!

余命はわずか・・・6月で病巣が消えて30歳若返ったら貴方は何をしますか?

米政府/抗がん剤・放射線・手術は、無効かつ危険!と発表 『三大がん治療効果なし』日本のがん治療は30年遅れ!代替療法を進めた米国では、がんによる死亡率減少!

「全て無料!!」

有機カルシウムは、「ヘルニア」、「腰痛」の特攻サプリメント!! 1日1グラムを10日間飲むと楽になり、1ケ月で腰痛は消えてしまいます。モニター募集。

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!    無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!                                               副作用は、全くありません!!

遂に完成!! ナノレベルの「 ソマチット」を無料配布します。                                      「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです                    ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

腫瘍や、身体の悪い部分は「プラス電子」ですからゼロにしてくれます。しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

送料は、自己負担です!!                                                           ご希望の方は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上でお申し込みください!!

お申し込みは、一家族一つです!!                                                      1袋(100g)で、5人家族1ケ月分あります!

放射能や、化学物質を身体から排出させます!!
数々の驚きの効果が、寄せられてきます!!

送料は、自己負担になります! すでに5,983人近くが、飲んでいます!!                               たくさんの子弟の方たちも飲んでますよ!! お申し込みは、必ずFAX042-361-9202まで。

関連記事

カテゴリー