高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

断種!! 若い女性が、ターケット!!

亜硝酸ナトリウム4

断種!! 若い女性が、ターケット!!

環境ホルモンで、人口削減!!

断種!!

人の生殖能力を奪う!!

秘かに女性を「ターゲット」にした環境ホルモンを、大半の生活用品に混入しています。

引用

環境ホルモンとは

環境ホルモンとは、環境中に存在して生体に入るとホルモンと似た作用をしてホルモンの分泌系を撹乱し、生殖機能などに悪影響を与えると考えられている化学物質の総称です。

動物への影響実態

環境ホルモンの動物に対する影響は1950年代から英国や米国を始めとする地域で出ていたが、その当時は原因物質がよく分からない場合が多く、環境ホルモンの影響を受けた動物は、カワウソ、ミンク、カモメ、ワニ、コイ、巻き貝など多種類に及んでいました。

そしてこれらの動物に生殖異常、孵化しない、インポセックスなどの症状が出てきていました。

最近では環境ホルモンの動物に対する影響は世界的に広がってきています。

日本でも海岸や多摩川で巻き貝やコイにインポセックスや精巣異常が起こっています。

これらの影響を及ぼす原因物質としては、DDTなどの殺虫剤、PCB、ダイオキシンを始め船底塗料や避妊薬のピル、界面活性剤などが推定されています。

環境ホルモンの人への影響についてはこれまでに明確になっているのは、流産予防に合成女性ホルモンを使用した母親から生まれた女性での膣ガンだけです。

最近よく話題に上がっている精子数の減少や精子の活動性低下に関して、環境ホルモンによる影響の有無については現状では疑わしいが確定はされていない状態です。

環境ホルモン物質の種類

内分泌撹乱作用が疑われる化学物質の数は、約70物質ある。

これを用途別に分類すると、殺虫剤・農薬(60%)、プラスチックの原材料・添加剤(20%)、その他(重金属、PCB、ダイオキシン、合成女性ホルモンなど)となる。

米国イリノイ州環境庁では、これら約70種類の環境ホルモンについて、その影響の確実性から3つに分類しています。
 影響有り:DDT,ダイオキシン類、DES、PCB、ノニルフェノール、トリブチルスズ(計20種類)
 可能性大:ビスフェノールA、カドミウム、鉛、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル、スチレン、PBB(計29種類)
 疑わしき:アジピン酸ジ-2-エチルヘキシル、フタル酸ジ-n-ブチル、オクタクロロスチレン(計25種類)

国内における環境ホルモン汚染実態
•有機スズ化合物(トリブチルスズ化合物、トリフェニルスズ化合物) 広範囲に残留しており、汚染レベルはほぼ横ばい。1990年法規制の効果の様子がうかがえます。
•ビスフェノールA 最近の調査では水質、魚類のいずれからも検出されました。
•フタル酸エステル類 水質等から高い頻度で検出されている。1993年には検出されなかったフタル酸ジ-2-エチルヘキシルが1995年には30地点の内4地点で貝類から検出されました。

環境ホルモンと容器包装材料との関連
•ポリカーボネート(ビスフェノールAから反応製造可) ポリカーボネートは、国内で食品容器包装用に年間4,000t使用されています。

ポリカーボネート製哺乳ビンを95℃の熱水に入れるとビスフェノールAの検出があったことから端を発しています。1997年9月に大阪市が子供用の抗菌剤入りポリカーボネート樹脂製食器について、その販売会社に対して材質試験で食品衛生法の基準を超えるビフェノールAを検出して回収命令を出し、メーカーは生産中止を決定しました。上記の問題が発生してからは、ポリカーボネート製給食食器の新規導入を見合せる都市が増えています。
•エポキシ樹脂(ビスフェノールAから反応製造可) エポキシ樹脂は、缶(飲料、食品)の内面コーティング剤として広く使用されています。缶詰では、高温高圧殺菌処理され未反応のビスフェノールAが溶出しやすく、スペインでは市販缶詰の約半数から検出され、その最高値80ppbは乳がんを引き起こす量の27倍に相当すると言われています。また缶詰の汁だけでなく、内容物の豆やコーンからも同物質が検出されている点も問題です。
•ポリスチレン(スチレンの重合合成:スチレンダイマー、スチレントリマー) ポリスチレンは、食品の容器包装材料として国内で年間4万t使用されています。1998年4月に国立衛生研究所でポリスチレン容器(カップ麺容器、食品トレー弁当容器等)を材質検査した結果、25種類すべてからスチレンダイマー及びスチレントリマーが検出されました。カップ麺業界の対応としては、ラット実験依頼、意見広告等、活発な動きが見られます。

軟質ポリ塩化ビニール(フタル酸ジ-2-エステル類を可塑剤として使用したもの) 可塑剤としてフタル酸ジ-2-エチルヘキシルを配合したPVC樹脂は、食品容器包装材料として国内で年間4万t使用されています。フタル酸ジ-2-エチルヘキシルの安全性めろ

  内分泌かく乱物質は,本来その生体内で営まれている正常なホルモンの作用に影響を与え,その結果,生体の内分泌系をかく乱し,特に胎児や乳児など器官形成の活発な時に生体に望ましくない影響を与えることが問題とされています。

なお,内分泌とは,特定の器官からホルモンが血液中に分泌されることをいいます。そして,内分泌を行う器官を内分泌腺とよびます。

内分泌の英語名はエンドクリン(endocrine)で、内分泌かく乱物質問題はエンドクリン問題ともよばれています。  

 一般にホルモンは,それぞれ特定の細胞に作用します。この細胞を標的細胞といい,標的細胞には,その細胞膜の表面または細胞質の内部に特定のホルモンとだけ結合するホルモン受容体(レセプター)が存在します。

そのため,ホルモンとホルモン受容体は,鍵(ホルモン)と鍵穴(ホルモン受容体)の関係に例えられ,合致するホルモンとホルモン受容体は決まっています。

しかし,内分泌かく乱物質はあたかも対応するホルモンと同じようにホルモン受容体と結合し,合鍵状態となって作用します。

そして,生体に対して様々な疾患や正常な器官形成を阻害することが予想されているのです。

  内分泌かく乱作用を有すると疑われる物質は,国や調査する機関によって違いはありますが,主なものとして,ポリ塩化ビフェニール類(PCB),有機塩素化合物(殺虫剤等),トリブチルスズ(船底塗料等),ビスフェノールA(樹脂の原料),フタル酸塩(プラスティックの可塑剤)等が挙げられています。      

  私達の体の内にあるホルモンとは,内分泌腺とよばれる器官(視床下部,脳下垂体,甲状腺,副甲状腺,消化管,すい臓,副腎,腎臓,精巣,卵巣など)から必要に応じて微量に分泌される化学伝達物質です。(図 ヒトの主な内分泌腺 )

ホルモンは血液により作用すべき組織細胞(標的細胞)に運ばれます。

 以上

いよいよ日本民族も、地上から消失してしまいますか?

毎月のように、イベントがありますので「招待」します!!

多くの芸能人が来ます!!

2月2日(木)・午後6事・京王プラザホテル テレビプロデューサー協会主催 

         エランドール賞授賞式パーティー。

2月26日午後3時・グランドプリンスホテル高輪 ビートたけしの東スポ映画大賞。

希望者は、FAXにて042-361-9202まで!!

本年も、「真実」を開示することに努めますので応援のほどよろしくお願いします!!

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

副作用は、全くありません!!

先着、100名!!

1月より「ソマチッド」を無料配布します。

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

いかんのう福島からの申し込みが、たった309件しかありませんぞ!!

送料は、自己負担です!!

ご希望の方は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

お申し込みは、一家族一つです!!

1袋で、5人家族1ケ月分あります!!

放射能や、化学物質を身体から排出させます!!

数々の驚きの効果が、寄せられてきます!!

送料は、自己負担になります!

すでに1,854人近くが、飲んでいます!!

たくさんの子弟の方たちも飲んでますよ!!

お申し込みは、必ずFAX042-361-9202まで。

関連記事

カテゴリー

presented