高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

高齢者社会に仕掛けられた「罠」!!

恒例

高齢者社会に仕掛けられた「罠」!!

高齢者の定義が「75才」からに成ってしまう?

この処置により高齢者の数が、「1,700万人」も減ってしまった!!

金は取るが、支払いはしないのが「政府」の手口!!

定義

高齢化社会(こうれいかしゃかい)は、総人口に占めるおおむね65歳以上の老年人口(高齢者)が増大した社会のこと。

人類社会は、一定の環境が継続すれば、ある一定の面積に生存している人口を養っていく能力に限界が訪れる。そして、人口を養う能力の限界に達し、ある程度の時間が経過すれば、必ず高齢化が顕在化してくる。

高度に社会福祉制度が発達した国家にあっては、その負担に応じるため労働人口が子孫繁栄よりも現実にある高齢化対策に追われるため、少子化が進行して、さらなる高齢化を助長していく場合が多い。

高齢化と少子化とは必ずしも同時並行的に進むとは限らないが、年金・医療・福祉など財政面では両者が同時進行すると様々な問題が生じるため、少子高齢化と一括りにすることが多い。

国際連合は2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測している[1]。OECD諸国においては現加盟国の全てにおいて、2050年には1人の老人(65歳以上)を3人以下の生産人口(20-65才)にて支える社会となると予測されている。

以上

 これが国際上の高齢者社会の定義であるが、我が国では国民の4人に1人が65才以上という高齢化社会を迎えているために日本老年医学会の権威(何の権威か?)達が「日本人は若返っている」という理由付けをして、高齢者の定義を「75才」に挙げるべきであると政府に提言したのである。

 65才がまだまだ現役で、隠居するのにはまだ早いという理屈であるが、「放射能」、「化学物質」、「遺伝子組み換え食品」、「殺人医療」で傷んだ身体を引きずって生きている多くの高齢者が3,393万人もいますのに、ここで高齢者わ「75歳」以上としますと高齢者は、1,641万人に成ってしまいます。

 これにより財政コストが大きく減ってしまいます!!

 「高齢者手当」を支払わずに「税収」が増えるという訳ですが、高齢者の年齢を引き上げることによる亀裂は、色々と起こると考えられます。

 まあ早い話が「年金」、「医療」、「介護」、「福祉」などの財源問題が、解決するというだけであり根本は何も解決しません!!

死ぬまで働けということだな!

毎月のように、イベントがありますので「招待」します!!

希望者は、FAXにて042-361-9202まで!!

本年も、「真実」を開示することに努めますので応援のほどよろしくお願いします!!

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

副作用は、全くありません!!

先着、100名!!

1月より「ソマチッド」を無料配布します。

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

送料は、自己負担です!!

ご希望の方は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

お申し込みは、一家族一つです!!

1袋で、5人家族1ケ月分あります!!

放射能や、化学物質を身体から排出させます!!

数々の驚きの効果が、寄せられてきます!!

送料は、自己負担になります!

すでに1,854人近くが、飲んでいます!!

たくさんの子弟の方たちも飲んでますよ!!

お申し込みは、必ずFAX042-361-9202まで。

ランキングに参加中です!!

関連記事

カテゴリー

presented