高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

子どもを救うはずの「児童相談所」の恐るべき正体!

アメリカ3

子どもを救うはずの「児童相談所」の恐るべき正体!

強制入院、薬漬け…全国で頻出する「保護」という名の拉致。

「子どもを守る」という美名のもと、権限が強化されすぎた児童相談所の暴走が止まりません!!

子どもの問題で悩んでたとしても間違っても児童相談所に相談なんかしては絶対にダメです。

児童相談所の怖い話と、児童相談所の本当の実態を知っていただきたい。

詐欺同然の手口で、拉致&監禁。

1人約40万円の予算を確保するため手段。

児童相談所の怖い話は本当です

 あなたは、児童相談所によって拉致された子どもは、どうなるのか知っていますか?

「手厚い保護を受けているはず。」と思っている人が多いと思いますが、事実は全く違います。

ある日突然知らない大人に連れ去られて、誰も知らない施設に放り込まれた子どもがどうなるか?
 もしあなた自身がこのように「力」によって連れ去られ、誰も知らない場所に入れられ監禁されたとしたらどうしますか?

 小さな子どもが見ず知らずの施設に入れられいつ帰れるか分からない状況に置かれたらどうなるでしょう。

 帰りたいと抵抗しますが、子どもの力は弱いので、泣け叫ぶことしかできません。
 強制的に連れてこられた子どものほとんどは、「家に帰りたい」と泣き叫んでいます。

 そのとき、児童相談所はどのような対応をするのかというと・・・
 そして、正当の理由もなく、公権力の一方的な決定によって不当に連れてこられた子どもたちが泣くのをやめておとなしくさせるために、薬を飲ませています。
 拘束した子どもをは、おとなしくさせておくために向精神薬が投与されているのです。
 例外なく、児童相談所に拉致された子供は薬を飲まされて監禁されています。

 精神病院では、本人の意思と関係なく、強制入院させられるようになっています。
 このときも、抵抗力を弱めるために使われているのが精神薬です。

子どもは児童相談所へ強制保護される!!

 このように、日本では、法律をバックに大人も子どもも誰でも、本人や家族の意思に関係なく拘束できるようになっているのです。
 そして、一度収容されてしまったら精神薬の薬漬けにされてしまうというのが実態なのです。

 子どもが薬を飲んだらどうなるか分かりますか?
 子どもにとって最も大切な感情が育たなくなります。

 児童相談所から自分の子どもを取り戻した多くの親は、初対面でわが子の無表情な顔と目をみて驚きます。

 ここでその点について触れたり、児童相談所に逆らったりすると「親も子も反省が足りない」として、子どもを返してもらえなくなるのです。
 そのため、、親は何年も児童相談所のいいなりになり、やっとの思いでわが子と一緒に暮らせるようになっても、児童相談所の目が怖く、わが子を叱ることも躾けることもできなくなります。

わが子を叱ることも躾けることも「虐待」であると判断され、再び施設に連

れて行かれてしまうからです。

児童相談所に拉致されて、親と何年も離れ離れになった子どもがその後どうなるのか?

想像するだけで怖くなります。

 これが、昔から延々と続いている児童相談所の実態なのです。

転載
児童相談所こそが子どもを虐待しているという大きな問題なのです。

職種にもよりますが、児相職員は残業はありません。昼休みも長めにとっています。度々タバコを吸いに職場を離れます(喫煙時間が勤務時間内に喫煙者の為に設けられた正当な時間というのでしたら私が指摘するものではないのでしょう、笑。

一回5分、12回で他の人より勤務時間が1時間短いという事ですね)。50代にもなって爪を伸ばし、ピアスをし、パーマ、髪染め(黒ではない)当たり前です。誰に見てほしいのでしょうか?施設で職員と会って、午後3時頃になるとカリカリしだして「定時に帰れない!」と、騒ぎ出します。日教組みたいな左翼系の体質なのでしょうか?これでよく「忙しい」なんてほざけますね。

今回の増税に伴って施設の定員拡充に予算が使われることになるそうです。

つまり金になる子供の数が足りなくなるのです。
実は私は大学で心理学関係20単位以上取得して、他にも関係する講義にも参

加していまして(里親登録の調査票には「○○大学教養学部卒」としか書いていない)、児相職員が偉そうに言っている事は既に知っているのです(失笑しながら聞いています)。

どんな資格、免許でもそうですが、特に人間が絡むと、どの理論を当てはめるかケースバイケースで対応していきますよね?

児相職員、特に婆さん連中はそこで学んだことをそのまま無責任に実践に当てはめてしまいます。走り出すと修正がききません。子供は本心と反対の行動をとることがあると言われれば、全て反対だと言い張るし、子供が学校へ行きたくないと言ったら、その理由を注意深く調べ、状況によっては休ませる事も考慮しなければならない、と言われると子供が学校行きたくないと言ったら休ませなければならないと解釈するし。とても短絡的です。

私の参加した講義の中で、非行に走ってしまった子の家庭環境を統計にとっ

た興味深いデータを見せていただいたのですが、そこにはそのようなお子さん

の家庭環境として「年収400万以下家庭、母子家庭、特定の職業、精神疾患、

安物賃貸住まい等」が特徴としてあげられていました。

でもそれは、統計であって、それに当てはまるからお子さんは虐待されているから保護しろという意味ではないですよね?この類の講義を児相職員が聞いていたら、家庭環境がそれらに一つでも該当するのならば、お子さんを保護しなければならないと解釈しているのではないかと心配です。

実際、母子家庭、精神疾患系は抵抗される可能性が低く、標的になりやすい。凶暴な内縁の夫とかいると報復を恐れて知らん顔。結果、虐待死という事でニュースに出てくるが、児相へのインタビューで「伺ったけど不在だった」とか「歯医者に行くので待ってもらいたいと言われた」なんて白々しい嘘と分かる言い訳ばかりです。

つまり児相は本来の業務を果たしているか?と聞かれれば私はとても疑問を

感じています。児相にかなり問題があるという事です。

 今その業界は玉(子供)不足というわけで、利権に絡んだ醜い争いが行われています。施設で酷い目にあった女の子を装った施設叩きのサイトや里親宅で酷い目にあった子を装った里親叩きのサイト。どちらもわかりやすいですね。

こうなったら、いっそのこと手当は無しにして、児相に代わりに警察(先に

述べた婆が職務をこなせるわけがない)、施設の代わりに自衛隊(設備は整って

いるし安全)で保護するべきだと考えています。社会不適合者に甘い蜜を与え

たくないと考えているのは私だけではないでしょう?ちなみに私は養子縁組希

望です(でした)。

<児童相談所の怖い話> 詐欺同然の手口で、拉致&監禁。

児童相談所の怖い話 投稿者:管理人 投稿日:2013年 8月28日(水)12時29分12秒
児童相談所がなぜこんな現状になってしまったか?について、内海聡著の「児童相談所の怖い話」の内容からかいつまんでまとめると、

1、「児童虐待の防止等に関する法律(児虐法)」は、児童の虐待に対し権力者がウソやごまかしを重ね、国のメンツを保つ為に突貫で作られたザル法である。

2、児童相談所の予算は出来高払いで、良くある国やお役所ににまつわる組織が、結果や仕事量に応じて予算を請求する仕組みで成り立っており、予算の確保の為の「でっち上げ虐待保護」まで現実に存在し、一時保護は1人約40万円の予算を確保する手段であって、子供が死のうがわめこうが家庭が崩壊しようが関係ない。
そもそも精神医学は、優生学から発展したもので、本来劣性人種を収容、撲滅、させる為の技術として発展してきた、正体は洗脳学で、殺す為の医学である。児童相談所で一時保護し、精神医療を施すということは、虐待の被害に遭った子供を次の薬害の奈落に叩き落す諸業以外の何物でもない。
投薬と監禁で官官癒着で収益確保が目的となってしまっている。

3、「義」や「道理」の精神が無い。相談所の都合のいいように法律を悪用している。

4、「虐待」と「しつけ」「体罰」の定義があいまいで根拠が無い「虐待」行為が何をさすのか説明もできないような素人が職務辞令一つで専門家に変身する世界である。素人職員の単なる虐待があったと思われるという「思い込み」で処置できる。証拠を提示する必要が無い。

5、児童相談所所長が問題を起こしたときに責任を取る仕組みがなく、児童相談所が厚生労働省傘下の自治体組織の1つでありながら、厚生省も地方自治体も責任を取らない。被害は国民が丸かぶりとなる。

6、被害者は、不服申し立てができない。

児虐法10条の5 臨検等の係る処分については行政不服審査法(昭和37年法律第160号)による不服申し立てができない。

7、児童相談所は、警察、裁判所よりも権力を与えられている。

8、児童福祉に関する国家資格が無いため何のコントロールもされていない。

こんな人権無視のザル法の為に我々の税金が湯水のように使われ、家庭と子供の生きる権利が奪われ、痛めつけられている。国民に対して「あんたの為にやっているんでしょ」と言いながら実はあくどい事をやり放題、やってられませんな・・・

子育て中の親にとって身の毛がよだつ事実

そう、次は、あなたの子供の番かもしれない。

【子供狩り】恐怖の館・児童相談所【長期拘禁】
1 :北朝鮮のように、令状も泣く子供を拉致!・公園で遊んでいればできる小さな傷や痣だけで、児童相談所は勝手に「児童虐待」をでっちあげ、子供を拉致(一時保護)します。

・期間は最初2ヶ月、でも2ヶ月で返してはくれず、長期化します。

・この間、子供は学校にも行けないし、親に会わせてももらえません。拘禁されたまま、親を嫌う洗脳が加えられます。

・これは憲法違反ですが、「児童虐待防止法」を議員立法で作った社民党や共産党は、普段は憲法を守れと言うくせに、全く問題にしません。

・児童相談所は法律を守らないので、弁護士もやりにくいらしく、児童相談所絡みは誰も事件を受任してくれません。

・拘禁中に、子供に勝手に薬物が投与されたり、職員から暴力を振るわれたりすることがあります。

・しばらくして児童相談所から連絡があり、渡された紙に署名捺印すると、「虐待」を認めたことになって、子供は児童養護施設に放り込まれます。

・そう、あの伊達直人がランドセルを寄付した施設。あのころ、施設の予算が足りないとか皆騒いでましたね。なぜかおわかりでしょう。

・こうなると、実の親が子供を施設から連れだしただけで、親は犯罪者にされてしまいます。
・施設に行くと子供はろくに勉強しなくなります。だから、施設を出た児童の大学進学率はなんと13%。一生懸命中学受験準備をさせていた我が子の将来は、哀れフリーターです。

・児童相談所は、子供を拉致すればするほど、予算が増える仕組みになっています。拉致した子供を食わせるだけではなく、一般事務費も増えます。

・だから児童相談所は、どこかに拉致する子供がいないか、虎視眈々と狙っているのです。

・この制度は、最近悪用されはじめています。例えば、迷惑を受けたことに報復したい隣人。モンスターペアレントの子供を排除したい学校。前妻の子供を消したい後妻・・・

・でっちあげでもいいんです。オレンジリボンの虐待通報番号に電話! すぐ児童相談所が子供狩りに来てくれて、永遠に子供は目の前から抹消できます。

・そう、次は、あなたの子供の番かもしれない。今夜が、あなたが最愛の我が子と一緒に過ごせる最後の晩かも知れない。

この、子育て中の親にとって身の毛がよだつ事実を、 内海聡という医師が書いた「児童相談所の怖い話」(三五館)で、もっとkwsk!

・虐待といわれるようなことは一切ない両親だったのに

 突然児童相談所の職員が現れて一時保護され

 家に帰るのに1年半かかった

・家族関係の修復どころか めちゃくちゃにされたわけだが

 あれは国家の拉致だったと今でも思う

小学生のとき、突然児童相談所の職員が現れて一時保護されたことがある時々は悪さをしてげんこつを食らうようなことはあったにせよ虐待といわれるようなことは一切ない両親だったのに家に帰るのに1年半かかった

その間は学校にも通えず、1年近くは親にも会えないまま最初は二度と家に帰れないのではという恐怖と不安に襲われながらも「悪い子だと帰れないんだ」と思い、泣きもせず非常に聞き分けのいい子を演じていた両親は「あの家は子供を虐待していた」と噂になったせいで自分が戻った時には職業も住所も変わっていた。

そのころには自分も施設に馴染んでしまい両親や弟妹との関係も壊れてしまった

一時保護そのものは必要な制度だと思う。

でも一度保護されてしまうと「これは間違いだ」という訴えが全然通用しない。

本当に虐待してる親も同じことを言って怒鳴り込んでくるし虐待されてる子はみんな「何もされてない」って言うものなんだそうだ。

自分が帰れたのも誤解が解けたわけじゃなくて「家族関係が修復できた」から修復どころかめちゃくちゃにされたわけだが、あれは国家の拉致だったと今でも思う。

・児童養護施設や精神医療施設や福祉施設への入所において、

 詐欺同然の手口で、拉致&監禁が行われています。

・このシステムが取られて以来、虐待件数が異常に増えています。

 もちろん捏造だらけ。

児童相談所における問題点

○児童相談所の措置において、人身売買同然の事が行われています。
国連子供委員会による勧告も一切無視し続けて

○児童相談所の措置における児童養護施設や精神医療施設や福祉施設への入所において、詐欺同然の手口で、拉致&監禁が行われています。

○児童相談所の措置における福祉施設に入所の子供達(特に里子に出された子供を中心に)薬漬けが行われています。

○児童相談所の行う「判定」というものの、科学的な根拠が示されない。

○児童相談所の行う「判定」と、障害の内容との因果関係が示されない

○判定を行うに当たって、子供を密室の中に連れていき、密室の中で行われる。

○判定内容や、判定をしたという児童心理士&児童精神科医の名前などを書面にて示されません。

○「判定」を行うに当たって影響を及ぼした児童精神科医や児童心理士の名前が明かされず、責任の所在がはっきりしません。

○でっちあげの虐待事例を作り上げ、親子を引き離し、その親子を別々の精神医療施設に監禁し、長期に渡る拉致&監禁が行われます

○虐待事実が無かった事が判明しても、引き離した児童相談所の責任は一切問われないシステムになっている。また、そういうシステムになるよう、自ら働きかけられてきました。

○児童相談所の措置にて、「虐待加算」なるものが存在している。つまり、でっちあげでも何でも、虐待を受けた子供と言う風にすれば、精神医療施設を更に金儲けをさせる事が出来ます。

○このシステムが取られて以来、虐待件数が異常に増えています。もちろん捏造だらけ。

○児童相談所に関わった子供や親が、麻薬同然の向精神薬が処方される事が多く、多くの子供達を薬漬けにしています。

○児童相談所は、薬の処方は、児童相談所の責任では無い、と言っていつも責任逃れを真っ先にしています。

○児童相談所は、薬の処方は、医師の指示の元、親の了解などがあると言って、いつも責任逃れを真っ先にしています。

○児童相談所が措置し児童養護施設に入所した子供達のほとんどが、手に職を付ける事をはばまれています。(神戸真生塾)

○児童精神科医や児童心理士による犯罪が非常に多いです

○最近の児童相談所は精神病院の草刈場となっている

児童相談所の問題点は内海医師の

嘘を並べ親を安心させ子供を預けるよう誘導し、

奪った途端に態度が豹変、後は有りもしない虐待を捏造され罪を被せられる。

『痴漢冤罪』『DV冤罪』などと同じような構造。

児童相談所の一部とそれと連携する児童養護施設はフェミニストを中心とした極端な左寄りの思想に支配され、偏見と思い込みで親から子供を取り上げる事例が多発しています。
嘘を並べ親を安心させ子供を預けるよう誘導し、奪った途端に態度が豹変し、後は有りもしない虐待を捏造されて罪を被せられてしまいます。
『痴漢冤罪』『DV冤罪』などと同じような構造になっています。

客観的な証拠は必要なく、児童相談所の偏向した意向が全てです。親には『虐待の疑いがある』としか説明されません。左翼のお得意の『疑いがある』『おそれがある』がやたら多用されます。
裁判所は児童相談所の持ち込む書類を鵜呑みにし判を押すだけです。
児童相談所を監視し暴走を止める組織は事実上存在しません。

既に『虐待親』のレッテルを貼られてしまっているので、被害者が声を挙げ難いという現状もあります。

この種の記事を書く事で、私の所に相談をしてきてくれた被害者の方も何人かいました。皆一様に、全く身に覚えの無い虐待の罪を着せられ訳も分からず混乱していました。
子供のために良かれと思い児童相談所の話を信用し子供を預けた途端の手の平返しをくらったのですから当然です。まさかこんなひどい扱いを受けるとは思ってもいなかったでしょう。

以上

この子供たちの大半は、闇に葬られています!!

施設の逃げ口上は、

「子供たちの将来がありますので、移動先は教えられません!!」

「子供たちにも人権がありますから!!」

と申し述べて逃げます!

また驚くのは、この児童相談所に寄付をしている団体です!!

・ゴールドマン・サックス。

 ・イエスズ会。

これはこれは・・・・・・・おそロシア・・・・!!

本年も、「真実」を開示することに努めますので応援のほどよろしくお願いします!!

「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

副作用は、全くありません!!

先着、100名!!

「ソマチッド」を無料配布します。

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

送料は、自己負担です!!

ご希望の方は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

お申し込みは、一家族一つです!!

1袋で、5人家族1ケ月分あります!!

放射能や、化学物質を身体から排出させます!!

数々の驚きの効果が、寄せられてきます!!

送料は、自己負担になります!

すでに1,854人近くが、飲んでいます!!

たくさんの子弟の方たちも飲んでますよ!!

お申し込みは、必ずFAX042-361-9202まで。

関連記事

カテゴリー