高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

東京都の「黒い霧」!!

基地5

東京都の「黒い霧」!!

もはや隠ぺいしきれなくなったのであろう!!

豊洲の77ケ所の汚染水より「けた外れの化学物質」が出た!!

東京都の予算は13兆円、実に職員は16万人ですから下手な国の国家予算に匹敵しますから、「大きな黒い頭の鼠」は、幾らでもいますよ!!

小池百合子が言う「鼠どころか、大きな黒い頭の鼠がたくさんいる」!!

その正体は、石原都政13年半にと議会議員としての報酬だけでは満足せずに都政のあらゆる利権に手を突っ込んだ石原慎太郎と内田茂とその配下である!!

都からくすねた金で、息子を山崎派の会長にしたり、自分は維新の会の共同代表に成ったりしたが・・・・!!

山崎派の会長になるのに20億円支払ったというが、どこにあった金かな?

まさか親父が、都の用地を払い下げして得たバックマージンじゃないよな!!

搾取の限りを尽くした秋葉原の都有地を鹿島建設に払い下げして坪単価100万円を搾取した件や他の悪行の数々は、私のもとに数多く寄せられており過去に数度、石原慎太郎に警告したことがあります!!

搾取の実行部隊となったのは、大田区出身の都議会議員であり、それに従って動いたのが品川区出身の都議会議員なのです。

頭が黒い鼠?

東京都議会のナンバー2はなんとこれまた自民党の自民党連幹事長の高島直樹。

道路に強い自民党と言われているだけあって、東京都の建設局と都市整備局は自民党が牛耳っています。

 公園とか動物園の面倒を自民党が見ているのは、毎年の無料招待状目当て!!

関係者は家族だけでなく親戚だけでもなく友達まで無料になるが、これ賄賂だ!!

鉄道系も、JRが議員さんには無料で乗って貰わないと無料だが、これも賄賂!!

駅前の都市整備を手抜きされたら困るので無料乗車権利を与えます!!

駅中心に都市整備する都市整備局員も無料だとか!!

これも賄賂だよね!!

これは、犯罪だぞ!!

まあ悪業を上げようとすれば枚挙にいとまがない・・・・!!

豊洲問題・・・・東京ガス用地買収疑惑。

         東京ガス用地買収に伴う代替え地。

         化学物質汚染土の東京湾不法投棄。

         いまだに残る汚染度対策。

         不正入札。

オリンピック会場問題・・・・不正入札。

              工事費の精査。

              会場周囲の用地の買収。

豊洲の汚染土の行方は、海の中?

  この豊洲の汚染度の処理を巡っては、色々な噂が飛び交っていますが「真実」は一つ!!

 埋め立ては、目くらましであり大半の化学物質汚染土は故意に東京湾に「不法投棄」された!!

 何で、夜中に監視をつけて密かに運搬する必要があったのか?

 豊洲に取材に何度か行きましたが、どのタクシーの運転手も異口同音に、

 「夜中に、トラックが来て東京湾に不法投棄していましたよ!!」

「運転手仲間の間では、有名な話ですよ!!」

 「私たちは、この辺で営業していますから何でも知っていますよ!!」 

東京新聞より転載

豊洲市場の汚染土どこへ? 4割は東京湾の処分場に・・・?

 「汚染された土はどこへいったのか」「今ある土はどこから持ってきたの?」。

豊洲市場(東京都江東区)の建物下に盛り土がされていなかった問題で、読者の皆さんからこんな疑問が寄せられている。

本紙が調べたところ、豊洲市場の敷地で削り取った汚染土の多くは、東京湾の廃棄物処分場に埋め立てられていた。いま豊洲市場にある土の大部分は、敷地内にあった土を浄化するなどして埋め戻したものだ。(福田真悟)

 豊洲市場の敷地にはもともと、海面から四メートルの高さに東京ガスの工場が立っていた。一九八八年の操業停止後、東京ガスは汚染対策工事を行ったが、都の二〇〇八年調査で強い汚染が見つかった。都の専門家会議は同年、対策として敷地全体を二メートル削り、石を敷く層を含め四・五メートルの盛り土をするよう都に提言した。

都の汚染対策工事は一二年に始まった。削った土は東京ドーム一・四個分の百六十九万立方メートル。トラックの積載量などから計算したという。敷地面積は四十万平方メートルなので、平均して四メートル余り削ったことになる。提言の「二メートル掘削」より多い理由は、高潮対策などで海面から四メートル超の盛り土もあったためという。

削った土は十メートル四方ごとに汚染度を検査するなどして、六割近くを敷地内に埋め戻している。内訳は、検査で汚染のなかった土が六十九万立方メートル。本紙の推計では、検査で基準値超の汚染が見つかり浄化した土が二十九万立方メートル。敷地内に設けた仮設土壌処理プラントで、加熱したり、洗浄したりした。

残り四割強は汚染されたままの土が含まれており、東京湾の埋め立て地にある都の処分場に六十三万立方メートル、民間処分場に八万立方メートルが運ばれたとみられる。都の処分場は二つに分かれ、うち一つは汚染が多少ある土も埋め立てている。汚染が外洋に広がらないようコンクリートや鋼管で囲っている。

 豊洲市場には敷地外からも、公共事業で出た土や購入した石などを運び込んで使っている。量は推計で三十万立方メートルとみられる。

 敷地全体に盛り土をしていれば、削った分と同じぐらいの土で埋め戻さなければならなかった。だが、埋め戻した量の方が数十万立方メートルほど少ない。都新市場整備部の担当者は、その分が「盛り土されず空洞になっている」と説明する。

 汚染対策工事の費用は八百五十八億円だった。

以上

 「豊洲市場の敷地で削り取った汚染土の多くは、東京湾の廃棄物処分場に埋め立てられていた。」

東京ガス製造の副産物が、いま問題になっているベンゼン、シアン、鉛、ヒ素、六価クロム、水銀など。

豊洲工場の跡地からはベンゼンが環境基準の43000倍、シアン化合物も同860倍も検出されている。
 この豊洲市場の敷地で削りとられたこの化学物質汚染土が、東京湾の廃棄物処分場に埋め立てられていた。

耳を疑うような回答である。

簡単に言えば、処理もしないで埋め立て場所をただ単に変えただけなのである。

10年もすれば、再び豊洲と同じ問題で騒がれてしまうでしょう。

タクシー運転手の目撃談では、「東京湾に不法投棄」していたという!!

この問題は、闇に葬られてしまうのか?

本年も、「真実」を開示することに努めますので応援のほどよろしくお願いします!!

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

先着、100名!!

1月より「ソマチッド」を無料配布します。

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

送料は、自己負担です!!

ご希望の方は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

お申し込みは、一家族一つです!!

1袋で、5人家族1ケ月分あります!!

放射能や、化学物質を身体から排出させます!!

数々の驚きの効果が、寄せられてきます!

送料は、自己負担になります!

すでに1,784人近くが、飲んでいます!!

たくさんの子弟の方たちも飲んでますよ!!

お申し込みは、必ずFAX042-361-9202まで。

関連記事

カテゴリー