高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

辺野古基地反対座りこみの大半は、「県外者」と「中国人」ばかリ!!

%e3%82%b9%e3%83%884

辺野古基地反対座りこみの大半は、「県外者」と「中国人」ばかリ!!

「県外者」と「中国人」が、辺野古基地反対してどうする!!

「基地反対集会や座り込み運動のバイトはいい金になる。

日当2万円プラス弁当がつく日もある。」

沖縄は、県民所得は2008年度を除けば、連続全国最下位にもかかわらず、戦後、人口は増加の一途をたどっている。

「沖縄「辺野古」に座り込みをしている「市民」に、国が撤去を指導した」との記事がありました。

 辺野古漁港で漁業を営む人々に確認したが、彼らは「テント村」には辺野古区の住民はいないと言っていました。

 座り込みをしているのは、主として、「沖縄県民」、それとも「沖縄県民以外」のどちらでしょうか?

 米軍普天間飛行場の移設反対派にとって最大のシンボルといえば、名護市辺野古の「テント村」である。

8年以上前から座り込みが続けられ、地元住人がこぞって反対しているような印象を全国に広めていますが、その大半は本土から派遣された「組合員」や、「中国人」ばかリです!!

何で「中国共産党」なのか?

中国で、日本人がこのようなことをしたら「懲役10年だ!!」

中国人に詰め寄る日本人!!

ここでも・・・・何で「中国共産党」なのか?

 「米軍基地撤去」を掲げる野党の国会議員が沖縄を訪ねた際は、辺野古漁港にあるテント村を激励しています。

酷いのは、本土からの修学旅行生の見学コースの1つにもなっているのです。

 沖縄県民ですら「辺野古の人たちは移設に反対している」とだまされているが、前回記したように、辺野古区の住民は、普天間移設先である地元の米海兵隊キャンプ・シュワブと歴史的に友好な交流を続けており、移設を条件付きで容認しています。

 すると、テント村の実態とは何なの?

 私は辺野古漁港で漁業を営む人々に確認したが、彼らは「テント村には辺野古区の住民はいない」と断言していました。

テント村は「ヘリ基地反対協議会」という団体が、名護市が管理する漁港施設の一部を不法占拠してテントを設置し、全国の市民団体などに呼びかけて座り込みを続けているのですから呆れてしまいます!!

地元とはまったく関係がない人たちばかりです!!

「県外から応援に来ている方」との呼びかけに手を挙げた方たちですが、全員じゃあないのか?

 逆に、辺野古区の住民はテント村に不快感を示し、「テント村を撤去してほしい」と団体側に要求していますが埒があきません!!

何と埒が明かないため、辺野古区の区長は2012年3月、テント村の撤去を求め、区民763人分の署名を名護市の稲嶺進市長に提出していますが何の返答もありません!!

辺野古の住民は、辺野古基地の真の目的を知っているのでしょうか?

知らないから、悠長な話しをしているのです!!

辺野古基地は、アメリカの「原子力潜水艦」の基地になります!!

水深も深く、水もきれいで原子力潜水艦の寄港地としては、最高の条件が整っていますから極秘で進められています!!

こうした中で、政府は「放射性廃棄物」を辺野古の埋め立てに密かに使用することを決めましたので、辺野古は大変なことに成ってしまいますぞ!!

放射能だらけの海と成ってしまいます・・・・?

ところが、何と辺野古一帯のサンゴ礁が、「放射能」を吸着するのです・・・・!!

本年も、「真実」を開示することに努めますので応援のほどよろしくお願いします!!

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

先着、100名!!

1月10日より「ソマチッド」を無料配布します。

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

送料は、自己負担です!!

ご希望の方は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

お申し込みは、一家族一つです!!

1袋で、5人家族1ケ月分あります!!

「お詫び」

「〒964-0984 福島県二本松市北トロミ573番地 浪江町 町長 馬場 有さんと「ソマチッド2,000キロ」で現地の除染を始めます。」

以上のように、手配をしていましたが「関係機関の許可がなくては、除染してはならない!!」という問題が提起されてしまいましたので、「除染」すらすることができなくなっています!!

現在、返答待ちですが先方より「貴社の方から町に、お願いということで町長と話し合っていただけませんか?」という連絡が本日ありました。

「喜んでお願いします」が、「こちらからお願いしてください」に変わってしまいましたが、許可になるかは難しいとのことに成りそうなのです!!

関連記事

カテゴリー