高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

子供たちに「マイクロ・チップ」を埋め込む!!

%e4%b8%8d%e6%98%8e

子供たちに「マイクロ・チップ」を埋め込む!!

世界中で乳幼児たちが「行方不明」に成っていますが、乳幼児の胎内に「マイクロ・チップ」を埋め込んで追跡できるようにし「誘拐」から子供たちを守ろうというのである。

しかし、表向きの理屈はいいが、その実「監視社会」への布石であることは歪めない!!

かといって乳幼児に「マイクロ・チップ」を埋め込んで追跡できようにして誘拐から乳幼児を守るという行為に反対するには、年間に「4,000人(読売新聞調べ)」くらいの乳幼児がこの日本列島の中で「行方不明」に成っているという現実が壁と成って前に立ちふさがります!!

年間に「4,000人(読売新聞調べ)」くらいの乳幼児がこの日本列島の中で「行方不明」に成っているというが、誰一人として騒がないのも解せない!!

警察も、マスコミも「沈黙」していることが不思議であるし、「誘拐」された乳幼児たちの親が騒がないというのも、大いに不思議である!!

この「乳幼児行方不明」には、私たちの人智を超越した何かがあることでしょうが、まさに「恐怖」の出来事で和あるが解明できないという「ジレンマ」に苛まれます!!

現在社会の「死角」で、多くの乳幼児が消えているという現実に向かい合って解決することが望まれます!
世界子育てネットより転載

子どもを誘拐から防ぐ七つの知恵

Tip 1.

もし自転車に乗っているところで車に引きずり込まれそうになったら、決して自転車を手放さないこと。自転車を車の中に入れようとしたことのある人なら、それがいかに大変なことかすぐわかりますよね。もし、その自転車に大声で叫んで暴れる子どもがしがみついていたとしたら・・・。

自転車がなくても引きずりこまれそうになったら、とにかく暴れる、叫ぶ、全身で抵抗する。逃げることができたら車が、すぐに追って来られないように車の進行方向と反対に走る。

子どもにも自分の力でできることはあるということを教え自信をつけさせることが実際に災難に遭った時に大きな違いとなるそうです。

※先日、アメリカのある雑誌に誘拐犯の魔の手を自力で逃れた10歳くらいの女の子のインタビュー記事を読みました。彼女は、弟と二人でいたところを無理やり男に軽トラックに押し込まれ、とにかく車の中で全身で大暴れしたそうです。男は数分して彼女を道路に降ろしたということです。

Tip 2.
もし友人達と公共の場に出かけた場合、その友人達が自分の子にも注意を払ってくれているだろうと想定してはいけません。常に子どもを見ているのは自分しかいないという気持ちでいましょう。これは夫婦で出かけたときも同じことです。『夫(妻)が見ているだろう』というお互いの仮想のもとに、迷子になったり失踪してしまった例も少なからずあります。夫婦で同じように子どもに注意を払っているという気持ちが大切です。そしてもし、一人が何かの用で一時でも目を放さなければいけないのであれば、必ず相手にはっきりとそのことを伝えましょう。
Tip 3.
子どもの洋服や持ち物の表側に名前を付けるのをやめましょう。子どもは、自分の名前を知っている人に対しては、心を許しやすいです。誘拐者は、すばやく子どもの持ち物や衣服から子どもの名前を読み取り親しげに子どもに声をかけます。
Tip 4.
もし、悪いことだと教えたことを大人が要求してきたら、なにか不愉快な気分にさせるようなことがあったら、大人に対しても「NO」 と言ってもいいことを教えておきましょう。

Tip 5.
子どもが車に押し込まれた場合・・・
自分の洋服に付いている一番小さななボタンを取って、車の鍵穴のできる限り奥に挿し込むことを教えましょう。
(もし適当な大きさのボタンがなかったら、代わりになる小さな物なら、何でもいいです。)これで誘拐犯は車を発進できなくなります。万が一のことを考えて、子どものポケットやカバンなどに、鍵穴サイズの小さなボタンを入れておいてもいいでしょう。チューイングガム、釘、小さな石ころでも何でも鍵穴に入れられるものなら何でも使えます。
Tip 6.
子どもが車に押し込まれた場合・・・
子どもにダッシュボードの下にもぐりこみ、そこにあるつかめるだけのワイアーを思いっきり引っ張りはずすか緩めるかすることを教えましょう。これで車は動けなくなります。これは車が動いている時でもできることです。
Tip7.
子どもが車に押し込まれた場合・・・

誘拐犯が信号で止まったとき、子どもに車の床にすばやく潜りこみアクセルを押すことを教えておきましょう。(もし誘拐犯の車の前に車が止まっている場合)これで、誘拐犯の車に他の人の注意が向きます。事故や怪我を起こす可能性はありますが、誘拐犯の手の中で生き残るより生存率はずっと高いはずです。

その他

●車が近づいてきたら、たとえ運転している人が、道に迷っているように見えたとしても、その車から遠ざけることを教える。子どもと合言葉を決めておき、たとえば顔見知りでも、その合言葉を知らない人の車には決して乗らないように教える。

●子どもの持ち物で外から見えるところに家の鍵や携帯電話をぶらさげない。

●もしも、の場合を想定して練習をしておく。

●万が一、子どもが誘拐された可能性のある場合、最初の数時間以内で警察が出動することが、子どもを救うために大変重要になります。

 

セコムの舟生より転載

全国から桜の便りが届き始めました。桜前線も北上をはじめて、いよいよ春本番!

入学式も目前ですね。入学を迎えるご家庭では、カウントダウンするような気持ちで毎日を過ごしているのではないでしょうか。

入学に向けて特集してきた【入学準備特集】は今回が最終回。子どもの防犯や安全の基本についてご紹介してきましたが、最後にもう少し詳しくお話しておきたいことがあります。

それは、誘拐や連れ去りから子どもを守る方法です。

「略取誘拐」の被害者は、8割以上が子ども。特に小学生の被害がもっとも多く、下校時から夕方にかけて発生しています。どのような状況で事件が起きているのか、そしてどうしたら子どもを守れるかについて考えてみたいと思います。

* * * * * * * * *

▼ 誘拐や連れ去りの手口を知っておこう
子どもを狙った誘拐や連れ去りといった略取誘拐は、一時期に比べると若干減少していますが、だからといって安心できるわけではありません。

略取誘拐の前段階といえる「声かけ」は、全国いたるところで毎日のように起きており、「幸い大事に至らなかった」という未遂事件も数多く存在すると考えられます。

子どもへの声かけには、いくつかパターンがあります。万が一、お子さんが不審者に声をかけられてもだまされないよう、以下のパターンを学んでおきましょう。

(1)助けを求める
例:「道に迷ってしまったから、案内してくれる?」
(2)気を引く
例:「新しいゲームがあるよ。一緒に遊ぼう」
(3)緊急を装う
例:「お母さんが交通事故にあったから、一緒に来て!」
(4)誘惑する
例:「かわいいね!モデルになってみない?」

▼ 略取誘拐から身を守る3原則 「断る」「逃げる」「近づかない」
子どもが身を守るためには、「誘いには絶対に乗らずはっきり断る」「危険を感じたら大声を出して逃げる」を徹底する必要があります。

近づいて声をかけてくる以外にも、「無理矢理」「脅迫する」といった強引な手口も考えられます。特に小学生の場合だと、車に引き込まれるケースが多く見られます。知らない人に不用意に近づかないことはもちろん、特に車から声をかけられても十分な距離をあけ、「絶対に近づかない」ことが大切です。

お子さんにこれらを理解させるには、防犯シミュレーションが有効です。誘い言葉の断り方に加えて、どのくらいの距離をおけば車に乗った大人から手が届かないかなど、実践的な部分も体験してみるといいと思います。

「断る」「逃げる」「近づかない」を合言葉に、入学までなんども練習してみてくださいね。

▼ 持ち物への記名にも工夫が必要です!
子どもの持ち物を見て、外からわかる場所に名前が書いてあれば、子どもを狙う悪い人がそれを悪用することも考えられます。「○○ちゃん」と親しげに話しかけられると、子どもの警戒心が緩んでしまうものです。

ランドセルや帽子、上履き入れなど、子どもが持ち歩くものに名前を書き込む際には、外から見てすぐにわかるところは避けましょう。ランドセルに付けた防犯ブザーや定期入れなどの裏側に名前を書き込んでいる子も見かけますが、向きによっては簡単に名前がわかってしまいますから、気をつけてくださいね。

また、お子さんの持ち物だけではなく、玄関の表札、家の外に置いてある自転車や遊具などから、お子さんの名前や住所などの個人情報が漏れる可能性があります。不用意に個人情報を外に漏らしていないか、総点検してみましょう。

以上

「乳幼児行方不明」は、私たちが一番に解決しなければならない課題ではありますが、何しろ忽然と消えていく様に、対応する事が全くできません!!

このようなことを鑑みますと「マイクロ・チップ」を「乳幼児」に埋め込む行為に「反対」する気力も失せてしまいます!!

本年も、「真実」を開示することに努めますので応援のほどよろしくお願いします!!

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

先着、100名!!

1月10日より「ソマチッド」を無料配布します。

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

送料は、自己負担です!!

ご希望の方は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

お申し込みは、一家族一つです!!

1袋で、5人家族1ケ月分あります!!

「お詫び」

「〒964-0984 福島県二本松市北トロミ573番地 浪江町 町長 馬場 有さんと「ソマチッド2,000キロ」で現地の除染を始めます。」

以上のように、手配をしていましたが「関係機関の許可がなくては、除染してはならない!!」という問題が提起されてしまいましたので、「除染」すらすることができなくなっています!!

現在、返答待ちですが先方より「貴社の方から町に、お願いということで町長と話し合っていただけませんか?」という連絡が本日ありました。

「喜んでお願いします」が、「こちらからお願いしてください」に変わってしまいましたが、許可になるかは難しいとのことに成りそうなのです!!

関連記事

カテゴリー