高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

南海トラフ大地震の根拠!!

%e5%a4%a7%e5%9c%b0%e9%9c%872

南海トラフ大地震の根拠!!
南海トラフ大地震は、必ず起こる!!

色々な方たちが、「南海トラフと大地震」の可能性を論じています!!

日本列島を「東西に分断」して、「占領統治」を続けるつもりです!!

転載

今月14日、ニュージーランド南島クライストチャーチから北東95kmの地点で、M7.8の地震が起きた。この日は、月が68年ぶりに地球に最接近する「エクストリームスーパームーン」の満月だった。

筆者はその直前の記事で大地震の恐れがあると警告していたが、それが現実になってしまった。

 だが、悲劇はそれだけで終わらなかった。22日には、福島県沖でM7.4の地震が起き、最大1.4mの津波も発生している。

この日は満月でも新月でもなく、スーパームーンとは無関係だという批判も見られる。

しかし、筆者がこれまでに収集したデータを分析した結果では、スーパームーン(満月・新月)前後の下弦・上弦の月のタイミングでも大地震が起きているケースが少なくないのだ。

そして福島県沖で地震が起きた22日は、まさにエクストリームスーパームーン後の下弦(11/21)の翌日に起きたものだった。

スーパームーンの影響は、これで終わったわけではない。

エクストリームスーパームーンの次の満月までは、地震に厳重な注意が必要だ。

というのも、来月14日の満月もまた、「エクストリーム」が付かないスーパームーンなのだ。

このようにエクストリームスーパームーンと通常のスーパームーンが続いて起きる場合、その間も大地震に注意が必要とする説は海外で見られる。

まずは、今回の満月・新月・下弦・上弦と合わせて起きた大地震をまとめると、以下のようになる。

10/16 満月(スーパームーン) → 10/17 インドネシア、パプアニューギニア(M6.6)
10/23 下弦 → 10/21鳥取県中部地震(M6.6)
10/31 新月 → 10/30イタリア中部地震(M6.6)
11/14 満月(エクストリームスーパームーン) → 11/12諏訪瀬島噴火、11/14 ニュージーランド南島(M7.8、津波)
11/21 下弦 → 11/22福島県沖(M7.4、津波)
12/14 満月 (スーパームーン) → ?

 このように、エクストリームスーパームーンの影響下にある短期間のうちに、津波を伴う大地震が2回も発生しているのだ。

地震学者や気象庁の見解では、一般的にスーパームーンと地震の関係について否定される傾向にあるが、はたしてこれを偶然の結果として済ませてよいのだろうか?

 また、ニュージーランドで大きな地震が起きた後は、日本の周辺、特に東北から関東にかけての太平洋側、すなわち太平洋プレート沿いで大きな地震が起きることが多い。

これは所謂「ニュージーランド→日本の法則」といわれる現象だ。

そう、今回はエクストリームスーパームーンとニュージーランドの地震という要素が重なる、特に注意を必要とする時期だったのだ。

山のように前兆現象が起きていた!

 さらに、それとは別に今月22日に福島で起きた地震では、各種の前兆現象と思しき現象も見られた。

・ パルス電磁波による電子機器障害

 東京の某病院では、東日本大震災の1カ月ほど前からナースコールのシステムが誤作動し、誰もボタンを押していないにもかかわらずナースコールが鳴り響くうえ、応対しようとすると海外のラジオ放送が流れるという現象が頻繁に置きていたという。

 そして今回、これと同様の現象が先月20日ごろから再び発生し始め、11月上旬まで続いたというのだ。

そのため、東京周辺で大きな地震が起きる可能性を警戒していたところ、22日に福島県沖で地震が発生した。これは、地震発生前に地下で起きる岩石破壊によって生じるパルス電磁波の影響が想定されるケースだ。

・ 白虹の出現

 11月20日のウェザーニュースの記事によると、その日、東京都や神奈川県で白虹(しろにじ、はっこう)が見られたという。

白虹と地震発生の関係については過去の記事で紹介しているが、大地震の前兆となるケースが少なくないようだ。

■2017年に注意が必要な地震・噴火は!?

 2017年も地震や火山噴火が連続する1年となってしまうのだろうか?

これについて、科学者や予言者たちによる予測をまとめることにしたい。

 まず、東日本大震災を予言・的中させた松原照子氏だが、ブログ『幸福への近道』の会員向け有料コンテンツである「月刊SYO 2016年1月号」で、2016~18年にかけて日本列島の自然界が活動期になるとしている。

また同11月号では、今後の地震が気になる場所として、小笠原諸島西方沖、徳島県、東京湾などを挙げている。

今年は熊本地震、鳥取県中部地震、福島県沖地震と大地震が続いたが、来年以降も大地震の連鎖が続くということだろうか。

 また、過去の記事で紹介しているが、リモートビューイングで有名な米国のFBI超能力捜査官、ジョー・マクモニーグル氏は自著『未来を透視する』(ソフトバンク クリエイティブ)で、2017年に徳島県沖で津波が発生すると予言している。

 そして、前述のジョセフ・ティテル氏は、2017年前半までに新潟県と高知県沖(南海トラフ地震)での大地震発生を予言している。

 上記3人が説く予言の中でも、とりわけ警戒しなければならないのは、徳島県と高知県沖での地震だろう。

いずれも、発生すれば実質的な南海地震(南海トラフ地震のひとつ)となる可能性が高い。

 また、松原氏は気になる場所として東京湾も挙げているが、それが大規模ならば、当然ながら首都直下地震となる。

これについては、災害の予知夢を見る主婦として過去の記事でも紹介したスズ氏が「慶長地震がそのままに起こる」と夢の中で言われたことが思い出される。

慶長時代の一連の災害と現在とを対比させると、まだ起きていないのが、南海トラフ地震、京都・大阪の大地震、そして首都直下地震となるのが不気味なところだ。

■科学者たちも危惧する「日本壊滅」

 次に、これまで数多くの地震・火山噴火の予知を的中させてきた木村政昭・琉球大学名誉教授だが、筆者が昨年直接取材した際に、もっとも警戒すべき地震・火山噴火としていくつか挙げており、中でも特に強調していたのが阿蘇山だった。

これは昨年4月と10月の阿蘇山噴火で現実のものとなった。そして木村名誉教授は富士山噴火について「2014±5」と予測している。同様に「北海道東方沖」の巨大地震は「2010±5年(M8.5)」、日向灘の巨大地震は「2017±5(M8.7)」に発生が危惧されるとのことだ。

 やはり、火山噴火ということでもっとも注意が必要なのは、なんといっても「カルデラ噴火(破局噴火)」だろう。

実は、神戸大学海洋底探査センターが昨年10月に九州南方の海底に広がる「鬼界カルデラ」を調査したところ、カルデラ直下のマグマが活動的になっていることが判明した。

九州でカルデラ噴火が実際に起これば、死者は最大で1億人と想定されており、文字通り「日本の終わり」ということになる。

 以上、2017年に起きる可能性がある地震・噴火をまとめると、南海トラフ地震、首都直下地震、北海道東方沖地震、日向灘地震、富士山噴火、カルデラ噴火ということになる。

これらのうちひとつでも現実に起これば、2020年の東京オリンピックなど当然のように中止、国の存続さえ危ぶまれる事態になるだろうから、なんとか起きないことを祈りたいところだ。

比較対象として、昭和東南海地震の翌年1945年から20年間に同地域で起きた深発地震を検索すると、14回だけだった。

明らかに、この20年間では頻度が高くなっているのだ。

 昨年4月1日、同じ三重県南東沖で同規模のM6.1、最大震度4の地震が発生したが、南海トラフ地震を誘発する地震ではないかと地震学者の間で警戒感が高まった。

昭和東南海地震の2年前、1943年11月17日にも三重県南東沖ではM6.1の地震が起きている。

つまり、駿河トラフは1854年の安政地震から160年以上もひずみがたまっていることになり、それが次の地震の巨大なエネルギーになります。

宝永地震(1707年)のときには、49日後に富士山も噴火している。すでに300年以上たっており、富士山噴火を誘発する恐れも十分あります」(週刊朝日、2017年1月6-13日号)と語っている。

想定震源が3.11よりも陸地に近い分、南海トラフ地震では津波が早いところでは5分後に到達すると予測されている。

■熊本地震と鳥取地震は南海トラフ地震の前兆か!?

 南海トラフ地震の数年~数十年前に、西日本の内陸で大地震が発生すると語る地震学者は少なくない。

京都大学防災研究所の西村准教授もその一人で、昨年4月の熊本地震と10月の鳥取県中部地震は、まさに南海トラフ地震の前触れだと指摘する。

■2013年の淡路島地震も南海トラフ地震の前兆か!?

 また、「フライデー」(2013年5月3日号)で武蔵野学院大学の島村英紀特任教授は、2013年4月13日の淡路島地震(M6.3)の発生によって南海トラフ地震の発生が近づいたと語っている。

島村氏によれば、安政東海地震・安政南海地震(1854年)の前に、前兆として京都地震(1830年)、伊賀地震(1854年)があり、同様に昭和東南海地震(1944年)の前には北但馬地震(1925年)、北丹後地震(1927年)、鳥取地震(1943年)が起きていたという。

そして、前兆地震は20~30年前から起きるという。そうだとすれば、阪神・淡路大震災なども次の南海トラフ地震の前触れだった可能性を考えなければならないかもしれない。

■南海トラフの連動パターンは想像以上にヤバい

 さらに恐ろしい話もある。名古屋大学の田所敬一准教授によると、東海・東南海・南海の3つの南海トラフ地震の震源域に加えて、その南側に、新たな震源域となる可能性があるエリアを発見したという。

つまり、南海トラフ地震が3連動にとどまらず、4連動となる可能性もあるというのだが、この説は数多くの研究者たちによって唱えられているのだ。では、それらの連動パターンをひとつずつ見ていこう。

東海地震と富士川河口断層帯の連動

 なお、産業技術総合研究所の地震情報研究部門も、駿河湾北部沿岸域で地質・活断層調査を行い、富士川河口断層帯が東海地震の想定震源域に含まれる駿河トラフが、東海地震と連動して大きな被害をもたらす可能性があると発表している。

 この連動が実際に起きると、南海トラフから続く駿河トラフと、内陸まで続く富士川河口断層帯によって、より大きな被害をもたらす巨大地震となる可能性もあるだろう。

これらは発見されたばかりで、まだ連動した場合の想定規模などは明らかになっていないが、今後の研究が待たれるところだ。

・ 日向灘の連動

 次に、南海トラフ地震における南海地震想定域の西端に近い日向灘についてだが、琉球大学名誉教授・木村政昭氏は、日向灘地震を「2014±5(M7.5)」と予測している。

だが、これは単独の地震であり、木村氏は南海トラフ地震がここ数年間で起きることに関して否定的だ。

 これに対して、東京大学の古村孝志教授は、「日向灘も含めた4つの地震が連動する、あるいは南海地震単独と日向灘地震が連動する可能性がある」と語っている。

 また、高知大学の岡村眞特任教授らは、四国沖を震源とする南海地震の痕跡を発見したが、「南海地震は100年周期だが、その中に300~400年おきに超巨大地震が起きている。

以上

昨年5月ごろは、北海道沖~三陸沖~東京湾直下~東南海沖~四国沖~日向灘沖~沖縄沖の7連発で、100m級の津波が日本列島の太平洋側を襲う。

助かるのは岡山の津山市周辺か、岐阜の関市周辺であると関係者は騒いだ・・・・・!!

ところが、突然「予想外」の「熊本地震」か、起こり「鳥取地震」へと繋がり静かになっている!!

そして、今また「南海トラフト」に危険信号が点滅するように成っていますが、何かが違います?

千葉県沖、茨城県沖~そして駿河湾での「ちきゆう号」の異常な行動・・・!!

これは何を意味するのでしょうか?

本年も、「真実」を開示することに努めますので応援のほどよろしくお願いします!!

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

先着、100名!!

〒964-0984 福島県二本松市北トロミ573番地 浪江町 町長 馬場 有さんと「ソマチッド2,000キロ」で現地の除染を始めます。

1月10日より「ソマチッド」を無料配布します。

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

送料は、自己負担です!!

ご希望の方は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

お申し込みは、一家族一つです!!
袋で、5人家族1ケ月分あります!

関連記事

カテゴリー