高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

南海トラフ巨大地震は、日本列島分断を狙うのか!!

%e5%9c%a74

南海トラフ巨大地震は、日本列島分断を狙うのか!!

何かが、おかしい南海トラフ巨大地震!?

 1月3日3時35分、三重県南東沖でM4.8、最大震度2の地震が発生した。

震源の深さは380km。

三重県から東海地方にかけては有感地震とならず北は宮城県から南は東京までは有感地震となった。

これは、南海トラフ地震の前触れである!!

南海トラフ地震の中でも東南海地震の想定震源域で起きたものだった。

・地表から200kmよりも深い地点を震源とする地震は「深発地震」という。

・強い揺れが震源の真上ではなく、遠く離れた地点で記録される現象を「異常震域」と言う。

「深発地震」と「異常震域」は、1944年の昭和南海地震前にも頻発していた!

東日本大震災以降、三重県南東部で発生したM4以上の地震の多くは、深さ10km程度の浅い震源だった。

1944年12月7日に発生した昭和東南海地震(M7.9)の場合は、地震の10~15年ほど前から深さ300km以上の「深発地震」が増えていた。

その中でも震度1以上の揺れを記録した地域を見ると、東北地方まで広がっている場合も多く、今月3日の三重県南東沖の地震との類似が見られるのだ。

昭和東南海地震の発生前20年ほどの間に起きた、“深さ300km以上”の深発地震を検索すると、計23回起きていた。

これに対して、同じ期間で深発地震を含む震度1以上のすべての地震を検索すると71回となる。

つまり、回数でいうと全体の3分の1ほどが「深発地震」であった。

1996年以降の20年間で、三重県周辺では深さ300km以上の深発地震が28回起きていた。

これは間違いなく「南海トラフ地震」の前兆である。

本年も、「真実」を開示することに努めますので応援のほどよろしくお願いします!!

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

 無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

先着、100名!!
〒964-0984 福島県二本松市北トロミ573番地 浪江町 町長 馬場 有さんと「ソマチッド2,000キロ」で現地の除染を始めます。

1月10日より「ソマチッド」を無料配布します。

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

 しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

送料は、自己負担で
ご希望の方は、FAXにて042-361-9202までお申し込みください!!

お申し込みは、一家族一つです!!

1袋で、5人家族1ケ月分あります!!

関連記事

カテゴリー

presented