高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日本民族が、消える日!!

%e6%b0%91%e6%97%8f1

日本民族が、消える日!!

厚生労働省によると、2016年の1年間に生まれた赤ちゃんの数が統計開始以来最少となる98万1000人になり、日本の人口は減少の一途をたどっています。

今年の総人口は16万人減少し、死亡数が出生数を上回る「自然減」は10年連続と成ってしまいました!!

このままでは、将来的に日本人はいなくなってしまいます!!

今後の日本が、選択すべき対策は移民対策かも知れませんが、これでは増々日本人が国土から消えてしまいます!!

 このままだと日本の人口は、2100年に8300万人にまで減少してしまいます。

また出生数が減る一方で寿命は延びているために、2060年には人口の約4割が65歳以上の高齢者と成ってしまいますので、日本の世界有数の産業が劣化していくことに繋がります!!

日本の少子化の原因として、

・出産適齢期である20歳から40歳までの女性が減少している。

・晩婚化が進んでいる。

・経済的が安定しておらず子育てに不安を抱いている親が多い。

・食品に含まれる化学物質により、男性の能力が著しく低下。

 政府は、このような不安要素を解消するためにも法整備をして、子供を産み育てるために経済的負担を軽減する法令を制定して、支援することである。

 1人産めば500万円の一時金を支給して、義務教育期間はすべて無償にするくらいの処置が無ければ、人工の減少は止めることができません!!

また官憲は、風俗の取り締まりを強化し「性産業」を廃止することである。

 吉原を見よ!!

真昼間から、大盛況である!!

 政府は、児童託児所の増加を目指し、2017年からは仕事と不妊治療の両立を目指す従業員を支援する制度を新たに始めるし、3~5歳の幼児教育無償化を最終目標とした政策を打ち出しているが、甘い!!

 この程度の少子化対策では、焼け石に水でしかない!!

 過疎地を見よ!!

過疎地に来る日本人結婚相手はなく今では、外国人が過疎地の結婚適齢期の男女と結ばれて「産めよ!!育てよ!!」激励、奨励しており、「3人兄弟」、「5人兄弟」が続々と誕生しています!!

この者たちは「化学物質」に侵されておらず「生殖能力」は、並のものではありません!!

このようにして、過疎地では外国人とのハーフが続々と誕生しています。

 そして、激増する過疎地の男達が大挙して「都会」に流れ込み都会の女と結ばれて子供を増やし、純潔種の「日本人」は国土より消失してしまい!!

新日本人が、日本国土に溢れかえってしまう時代がそこまで来ています!!

あけまして、おめでとうございます。

本年も、「真実」を開示することに努めますので応援のほどよろしくお願いします!!

本年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

 無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

先着、100名!!

〒964-0984 福島県二本松市北トロミ573番地 浪江町 町長 馬場 有さんと「ソマチッド1,000キロ」で現地の除染を始めます。

近くの方にも「ソマチッド」を無料配布します。

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

 しかも、不死の「二枚貝」の「有機コロイド・ミネラル」ですから効果のほどが実感していただけると思います!!

関連記事

カテゴリー