高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

ジャパンハンドラー「戦争屋」を一掃!!

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%bc

ジャパンハンドラー「戦争屋」を一掃!!

アメリカでトランプ政権の人事が進み、ワシントンで異変が起きている。

 これまで日本の政財界の要人、関係者がワシントンを訪れると、必ず〝参詣〟したリチャード・アーミテージ元国務副長官、マイケル・グリーン元NSC(国家安全保障会議)上級アジア部長、つまり日本ハンドラーであるが、この2人がトランプ政権のスタッフから外されたというまだ!!

「政権移行チームは、過去にトランプ氏を批判した人物を細かくチェックしているが、

アーミテージとマイケル・グリーンは、ブラックリストに入っているようだ!!

 特にグリーン氏は8月、「トランプ氏が大統領に就任すれば、我々の国家の安全保障と、国民の幸福が危険にさらされる」と声明を出した、共和党の安全保障の専門家の1人だ。

アーミテージ氏も、共和党ではなく、民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントン氏に投票すると明言していた。

日本の政界関係者がワシントンを訪れる際は、アーミテージ、グリーンの両氏と必ず会談を行っていました。

特に他にセッティングできるアメリカ側の要人がいない時こそ、両氏の出番だったんです。財界やマスコミも同じです。

両氏は日本開催のセミナーでもパネリスト常連で、高額の講演料が支払われています。

具体例を挙げれば、朝日新聞はグリーン氏が新婚の際、夫人の旅費まで提供していたほど

です。

 つまり、アーミテージ・グリーン、日本政府・政治家、マスコミを含む財界、という、『日本利権トライアングル』が形成されていたのです。

トランプ政権の行方は不透明だが、強固な「日本利権」の構造に変化が生じたのは間違いない。特に米側関係者の若返りが進むだろう。

今日、日本の社会では、アーミテージ(元国務副長官)やジョセフ・ナイをあたかも神様の代弁のように扱っている。

日経新聞など、節目節目にアーミテージなどを呼んで、日本の世論に発言させている。

ただドナルド・トランプの意気込みはいいとして、リチャード・アーミテージは特別の存在であり外すより取り込むことのほうがトランプにとっては有利になったはずである!!

つまりは、「トランプシフト」の大きなつまずきの一つといえるのである!!

 リチャード・アーミテージには、表の顔と裏の顔があり裏の顔こそが本来の顔なのである!!

 リチャード・アーミテージは、世界の「麻薬王」であり全世界にネットワークを持っており、そのネットワークから上がる巨額な資金がCIAなどの諜報組織の資金源にもなっているのです!!

 日本国内に入ってくる「麻薬、覚せい剤」のネットワークも彼の配下なのです。

 東南アジア、中国、北朝鮮から台湾に入り、台湾から沖縄の米軍基地に集められ空輸されて、横田基地についた「物」は横須賀ルートを通じて巷に流されていきます。

 「宗教団体」、「芸能界」、「暴力団」、「外国人バイヤー」へと流されますが、このルートに官憲は介入することができません!!

 「米軍ルート」に抵触すると、「奴隷国日本」(植民地)は、手痛い目にあってしまいます!!

 このリチャード・アーミテージを排除したドナルド・トランプの命運は、尽きたも同然なのである!!

 リチャード・アーミテージは、必ずトランプ打倒を果たす要因を探し出して倒すことでしょう。

 ジャパンハンドラーの4人は、必要不可欠の人材であることが分からないトランプ政権は「政治」のできないただの「商売政権」でしかない!!

 トランプ政権の手法は、「儲かるか!!」それとも「戦争するか!!」の二者択一であろう!!

 政治を、商売にする政権の恐ろしさは、銃を右手に話しをすることにあります!!

来年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

 無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

先着、100名!!

〒964-0984 福島県二本松市北トロミ573番地 浪江町 町長 馬場 有さんと「ソマチッド1,000キロ」で現地の除染を始めますので、近くの方にも「ソマチッド」を無料配布します。

 私たちにできることをして、同胞を守りましょう!!

「非常用食料」が、品切れになりましたので「ソマチッド」を代わりに送ります!!

関連記事

カテゴリー

presented