高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

洗脳列島「日本」は、密かに乗っ取られている!!

%e7%a7%bb%e6%b0%91

洗脳列島「日本」は、密かに乗っ取られている!!

TV~新聞~週刊誌による中年代の老年層の強烈な洗脳が連日のように行われています。

つまり、マスコミの全てが、中韓に乗っ取られていますから、やり放題です!

また東北の市町村に、在日が多く隠れ住んでいます。

「乗っ取り」は地方からとも言われている通り、もう既に日本には、他國の人達の治外法権の自治区のようなものが宗教団体の手により、多数形成されています。

在日に取れば日本という国を知れば知るほど、これほど住みやすい国は世界中探してもありません!!

「平和」で、「豊か」で、「安全」で、「人情」がある「日本国」と「日本人」は、平和ボケして危機感などありませんので、奴らはやりたい放題です。

今や日本の中小企業は、在日枠で一人入り込むと、同国人を引っぱって来て.いつの問にか乗っ取られて日本人は隅っこに追いやられてしまいます。

乗っ取りを行うのは、エリート層の連中ばかりですから工場で働いている日本人とは比べ物にならないくらい優秀ですから、経営者も頼りにしてしまいます。

ここに落とし穴がありますが、事務と現場を両立することのできる人材はなかなかいませんので、どうしても在日の優秀な人材に頼ってしまうのです。

この「乗っ取り」が、司法から、教育界.実業界、他全分野でも起きています

またこれと同時に、日本人の行方不明も激増していますが私には「乗っ取り」と「行方不明」には、何らかの関連があると考えています。

おぞましい結果でなければいいのですが・・・・・!!

行方不明に、騒がない官憲の不思議?

日本国内では、毎年10万人の行方不明者がでていますが発見されるのは、その内の約88%は、発見されていますが、約12%は発見されずに行方不明のままに成っています!何と約1万人の人間が、毎年行方不明になっているのです!! …

高齢者所在不明問題で、厚生労働省は5日、問題が発覚した平成22年以降、現況申告書に「死亡」または「消息を知らない」以外の回答をした76歳以上の年金受給者で、訪問調査などの結果、行方不明だった1102人と、死亡が確認された274人の計1376人について、今年4月までに年金支給を差し止めたことを明らかにした。

行方が分からないとしていったん支給差し止めが行われたが、その後存在が確認され、支給が再開された人は317人いるという。

国内の行方不明者は年間 十万人以上と言われ、その八割は女性との事 海外での行方不明数はどうなのでしょう?

現在進行形で亡くなってる人も居るんだろうと思うと胸が痛みます。

海外旅行中に行方不明。

外国を旅行中のある日本人カップルが衣料品店を訪れた。気にいった品物を手に取り試着室に入る彼女。

だが試着室に入ったきりいつまで経っても出てこない。

男性が店員を呼んで試着室を検めさせるが、中はもぬけの空である。

店員に問いただすも要領を得ず、警察に掛け合っても無駄足に終わり、男性は悄然と帰国する。

数年後、男性は外国(中国、あるいは東南アジアのどこかとされることが多い)を旅行中、見世物小屋を訪れることとなった。

見世物の一つに「ダルマ女」というものがあり、悪趣味と思いつつ覗いてみると、そこには両手両足を切断されて生かされている無残な女性が一人いたが、男性を見るや否や、女性は何やら必死に喋ろうとするが、舌を抜かれ、喉を潰されているせいであろう。

その声は意味を成さない音にしか聞こえない。だが彼はその声に聞き覚えがあった。

 ダルマ女の顔をもう一度よく見てみると、それは数年前に行方不明となった恋人の慣れの果てであった。

(1)場所
 カップルが旅行していた「外国」はヨーロッパであることもあれば、東南アジアのどこかであったりもする。具体的にはパリ、ハンブルク、香港とされることが多い。一方、ダルマ女が発見されるのは大抵中国か東南アジアのどこかとされる。日本人の外国観を見て取ることができよう。

国外での女性の一人歩きは、危険極まりないということである。

(2)店員の対応
 「そのようなお客さんは最初からお見えになりませんが」と、「パリ万博の消えた貴婦人と客室」を思わせるパターンもあるが、衣料品店も共謀しているのは明白なのである。

 試着室の床が抜けて、落下するとマットの上に落下しますが、周囲には数名の男たちが苦笑いしながら待ち構えています・・・・・。

(3)女性の末路
 消えたまま話が終わるパターンや、無事に救出されるパターン、中東のハーレムに売り飛ばされるパターン、「翌日、隣の肉屋には新鮮な肉が並ぶのです……」と人肉売買を示唆するパターンなどがあります。

このようにバリエーションは色々異なるものが確認されるが、試着室で女性が消えるというのが本話の骨子であることに変わりはありません。

さて、真実性の検証であるが、事細かに考えるまでもないだろう。衣料品店を手下に変えて、試着室を改造し、女性を拉致する人員を揃え、死なないように四肢の切断手術を行う。

特に四肢の切断手術など、相当高度な外科手術を要する大変な難作業である。まるで採算が合わないだろう。よほどの資力と企画力を兼ねそろえた変態でもない限り、宝石泥棒でも企画した方が遥かにマシというものだが、都市伝説の常として、この話に具体的な出典が示されることはない。

行方不明と乗っ取りには、深い因縁があり日本人が消されているのです!!

来年から、「アトピー」対策のクリームを重傷者から無料配布しますので、アトピーでお困りの方はご応募ください!!

 無害で、かゆみは5分で止まり著しく改善します!!

先着、100名!!

〒964-0984 福島県二本松市北トロミ573番地 浪江町 町長 馬場 有さんと「ソマチッド1,000キロ」で現地の除染を始めますので、近くの方にも「ソマチッド」を無料配布します。

 私たちにできることをして、同胞を守りましょう!!

「非常用食料」が、品切れになりましたので「ソマチッド」を代わりに送ります!!

関連記事

カテゴリー