高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

危機を乗り越えるために超能力を学べ!!

img_20161211_0003

危機を乗り越えるために超能力を学べ!!

超能力養成講座は、摩訶不思!!

参加者62名。

体が、コントロールを失ってアンドロイドとなる!!

完全に、アンドロイドとなる!!

カタカナに、全ての秘密がある!!

カタカナの霊力が、貴方を超人にする!!

日本の現状は、「最悪」です!!

第二次世界大戦で日本人と米国人が戦争で殺し合いをしましたが、その兵器は日米両方ともブッシュ一族が製造、販売し、殺し合えば殺し合う程、ブッシュ一族に大金が転がり込む仕組みになっていたのです。

1945年、第2次世界大戦に敗北した日本に米軍が上陸して来ると、日本の政治は米軍の命令通りに行われ米軍の指揮下に入る。

1945年、CIA日本支局長となったブルームは、日本人のCIA工作員(スパイ)となる人材を探し始める。

ブルームは、当時、日本の吉田茂首相を毎日呼び付け、日本の政治に様々な命令を下していた。

従って国鉄を民営化しJRを作った中曽根元首相は、CIAの対日本工作資金で首相になった事になる。

また、児玉は自民党の創立資金を出資した人物であり、自民党がCIAの対日本工作として、CIAの下部組織として創立された事が分かります。

「国民の皆様のために!」

「国民を豊かに!」

「主権在民!」

などと声高らかに叫んではいますが、腹の内は日本国民の監視と、コントロール、そして搾取なのです!

日本の自民党と歴代総理大臣がCIAの対・日本工作として「作り出され」て、彼らのコントロール下に動かされてきた来た歴史が!

これが、戦後70年の日本の真実であり、いまだに占領下だという証なのです!

・読売新聞→読売CIA新聞

・朝日新聞 →朝日CIA新聞

・毎日新聞 →創価学会付属毎日新聞

・産経新聞 →統一教会付属産経新聞

日本人弱体化基本原則
•【3R】復讐。改組。復活。
•重点的施策
•【5D】武装解除。軍国主義排除。工業生産力破壊。中心勢

    力解体。 民主化。
•補助政策
•【3S】スクリーン(映画)、スポーツ、セックス(性産業)

アメリカの統治計画では、日本人を骨抜きにし、自分達の間接的奴隷化を試みた。日本が独立を果たす前に、あらゆるカラクリをつくり、お金や労働力を支配し、不満や叛旗を翻さないように自由を与えたふりをしている。

日本国民に対して、あまりにも厳しい占領政策をすると、暴動が起こる恐れがあるので、人々の目を逸らさせるために行われています。

ここに日本国民が、気づいて改革への道を歩むことがない限り、日本民族は永遠に奴隷として悠久の日々を送ることでしょう。

究極の洗脳社会とは、『適度な自由』を与え、お金という果ての無いニンジンをぶら下げ、モノに溢れ、自分さえ良ければいいという個人主義を植えつければ完成だと言われていますが、現在の日本社会の状況はこれと寸分の狂いの無い社会です。

日本人とは、本来自分より他者を敬い、後から来る未来の子たちの為に社会は考え、高い技術力を持っていました。

そして一人一人は、素朴で普段は大人しく、自己主張を良しとせず、ひとたび一つになり立ち上がれば世界最強の民族でした。

世界情勢が、日本国内情勢が著しく混迷を極めた今、日本国民は、戦後失ってしまった素晴らしい文化や価値観を、取り戻さなければなりません。

大和魂です!

紛争地の拡大(55ケ国)・食糧危機(75ケ国)・経済危機・エネルギー危機を故意に起こして、世界人類の目を欺き、その影で地震、台風、異常気象、ワクチン、ウィルス、細菌、医薬品、化学物質、遺伝子組み換え食品、電磁波、超音波、ケムトレイン、果ては放射能と日常生活にあらゆる有害物資を仕込んで、人類の淘汰を急激に進めています。水不足も、31ケ国で起こっています。

この現状を乗り切るためには、この現状に耐えることの「戦士」が必要なのです!!

自衛隊ですら対抗することのできない奴らと「対抗」するには、もはや常人では戦えません!!

「特殊能力」を持った人類が、「支配者」と闘うことのできる唯一の存在なのです!!

「国民」と「国体」を守ることのできる「防人」を私は育て上げるつもりです・・・!

「日本民族」と限りなく美しい「日本国」を魔手から守ります!!

参加者全員に、特殊な波動を入れて潜在意識の中に記憶されている能力を覚醒させました。

日増しに、覚醒していきます!

12月10日から12月20まで、年末の「非常食」無料配布を行います!!

1箱15食分!!

先着、1,000名様!!

申し込みは、必ずFAX042-361-9202まで。

郵便番号、住所、氏名、電話番号を必ず記入!!

第三者への送付もできません!!

電話でのお問い合わせは、受け付けていません

関連記事

カテゴリー