高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

カジノは、百害あって一利なし!!

%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%83%8e14

カジノは、百害あって一利なし!!

政府は「カジノ」をとりあえず国内に、2~3ケ所作って最終的には10ケ所作る意向だが、「カジノ」には、「国際シンジケート」があり彼らとの話し合いが合上手くつかなければ世界中から「ぎり師」という超人的なイカサマ師が、大挙して押しかけてきて瞬く間に潰されてしまいますから、「国際シンジケート」との折り合いをつけるのが一番である。

日本政府が、「国際シンジケート」を侮ると彼らは、メンツを守るためにはテロでも、殺人でも平気で行使します。

彼らの周囲には、特殊部隊出身の傭兵がうじゃうじゃ居ますから手口も国内のその筋とは比べ物になりません!!

全ては、ラスベガスのマフィアが取り仕切っており、彼らは国でも躊躇せずに襲いますから「カジノ」導入は、火の玉を抱え込むようなものなのです。

「セガサミー」、「HIS」、「ヤオハン」は、数年前からラスベガスや、マカオに社員を派遣して「カジノ」て゜実務につかせて「カジノ法案」の国会通過を今か今かと待ち望んでいますが、「カジノ」の先にあるものは「国民の犠牲」と、「地域の無法化」しかありません!!

地区地区の「ドン」と呼ばれる男たちが跳梁跋扈を始めると同時に「ユダヤ資本」が触手を早くも多方面に伸ばして、カジノ経営資金の貸し付けを吹聴しています。

カジノ利権に群がる政治家たちは、早々にスポンサーたちと話し合い二股も三股もかけて利権にありつこうとしています!!

「カジノの許認可」を取れば1,000億円の謝礼は常識の世界ですから、政治家たちは血道をあげて利権取りに動いており、普段は顔を出さない「ドン」たちが配下の政治家たちを叱咤激励しています。

10ケ所作れば1兆円の賄賂ですが、その賄賂の補てんをするのは国民!!

「警察」、「ヤクザ」、「マフィア」の利権満載の「カジノ」を国内に10ケ所も作るとは狂気だね!!

1ケ所で国民が何人犠牲になることでしょうか?

最近は、多方面で暴力団が活躍していますからねえ!!

除染に至っては、「政府」も、「東電」も、暴力団依存症になっています!!

何をしても最後に泣くのは、「国民」ですな!!

まずは、横浜と大阪ですな!!

12月10日から12月20まで、年末の「非常食」無料配布を行います!!

1箱15食分!!

先着、1,000名様!!

申し込みは、必ずFAX042-361-9202まで。

郵便番号、住所、氏名、電話番号を必ず記入!!

第三者への送付もできません!!

電話でのお問い合わせは、受け付けていません

関連記事

カテゴリー