高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

なに!! 日本の「ラーメン屋」が、ミシュランの1つ星だと!!

%e6%b7%bb%e5%8a%a0%e7%89%a91

なに!! 日本の「ラーメン屋」が、ミシュランの1つ星だと!!

うま味を出すために大量の「グルタミン酸ナトリウム」が投入されているラーメ

ンが、「ミシュランの1つ星」だとは呆れてしまいます。

日本の食品添加物は2016年現在で1500種類を超えて、世界一です!!
中でも石油から合成された添加物は350種類あり、世界の国々は、

アメリカは133種、

ドイツは64種、

フランス32種、

イギリスは21種

となり、世界一なのです。

もちろん1500種類ある添加物がすべて、毒性が強く危険なものではありません。

多くの人が、食品添加物を何も気にせず毎日のように大量に食べていることに問題があるのです。

一人当たり、年間に5k程度の食品添加物を80種類も食べていますが、化学物質となると年間に10k程度食べていますから、免疫力が低下して何らかの病気に成ってしまいます。

特に、日本のコンビニのお弁当にはたくさんの添加物が使われています。

問題は、これらのお弁当は海外ではとても販売できる代物ではありませんのに、日本国内ではさも当たり前のごとく売られているということなのです。

おなじみの写真ですね!!

その目的は?

と尋ねられますと、回答に困りますが・・・今噂の・・・・「食品業者」と「製薬会社」と「医師会」と「行政」が結託して「病人製造」をするために結託している・・・?

例えばラットで問題なしとされているリン酸塩は人間では骨粗しょう症の原因となるのは周知の事実。

また今まで使われていた添加物が突然使用禁止にあることなんてよくあることです。(天然のアカネ色素は発がん性の危険があり中止になりました)

なにより添加物の安全性の確認は、検証されてなく、複合摂取を想定した安全性のテストはほとんど行われていません。

例えば合成保存料の安息香酸ナトリウムはビタミンCと合わさると発がん性の高いベンゼンが生成されその危険性は認められています。

また添加物のほとんどは、急性毒性よりも慢性毒性による影響が指摘されており、今すぐに病気になるのではなく、体に蓄積され5年後10年後に影響がでるといわれています。

しかし、たとえ病気になったとしても添加物との因果関係を証明することはできませんから、責任の所在が明確にならないので、自己責任ということで終わってしまいます。

これは添加物だけでなく、放射能の問題、農薬の問題、遺伝子組み換えの問題でもまったく同じです。

遺伝子組み換え食品の恐ろしさは、人体に入ると変異して人体を攻撃する物質に変わってしまうことですが、ご存知でしたか?

このような厚生労働省のいい加減な所業が、いま私たち国民の健康を大きく害しているのです。

この国のゆがみを早急に正さなければ、日本国民総「癌」の時代は5年ほどで始まってしまいます。

その結果、「売国奴」たちは大笑いし泣くのは「国民」なのです!!

ひき続き、「ソマチッド300グラム」5万円相当を無料配布します!!

放射能や、化学物質を身体から排出させます!!

数々の驚きの効果が、寄せられてきます!!

送料は、自己負担になります!

すでに1,090人近くが、飲んでいます!!

たくさんの子弟の方たちも飲んでますよ!!

お申し込みは、必ずFAX042-361-9202まで。

電話でのお問い合わせは、受け付けていません!!

関連記事

カテゴリー