高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

狂ったのか小池百合子よ!!

%e5%b0%8f%e6%b1%a0%e7%99%be%e5%90%88%e5%ad%903

狂ったのか小池百合子よ!!

豊洲盛り土問題で、20人を処分?

そんな問題ではないだろう!!

化学物質で汚染された、誰も買わない二束三文の土地を高額で買った責任と巨額工事費の解明ではありませんか?

豊洲には、血税6,000億円が投入されていますぞ!!

やはり、私の指摘通り「うやむや」で決着ですか!!

そして、このざまは何か!!

※週刊朝日 2016年12月2日号より転載

ドン内田率いる自民党都議団の巻き返しが始まった。リオ五輪への出張費の過小報告、小池応援団の「7人の侍」の不明朗会計の発覚、ブレーンの越権行為などに照準を定め、猛攻に出たのだ。守勢に回る小池知事は、禁じ手の最終兵器を炸裂させるのか──。

「知事は当初、五輪へは4人の随行員で行き、出張費の合計は1350万円と発表されましたが、そうではなかったという話が浮上しています。現地に先に行った『先乗り隊』の職員がいたと指摘されていますが、実際はどうだったのですか」

 小池知事は百合子スマイルで、こう答えた。

「『先乗り』ということでいうなら、100人以上が行ってますけど、それをどうカウント(計算)するか。要はその問題だと思います。リエゾン(連絡係)という役割ですので、それをどうカウントするのか。どこで切るのかはある種テクニカル(技術的)だと思います。今後とも出張費は公開させていただきます」

 横文字は多いものの、答えになっていなかった。

 リオ五輪へは都職員136人が出張し、計3億2千万円の出張費を使ったことが、自民党都議の質問で明らかになっている。だが、都のホームページでは知事は4人の随行員と閉会式に出張し、計約1350万円の出張費を使ったと公表されており、齟齬(そご)があるのだ。

「現地ではいくつかの場面で知事と一緒だった職員がいます。現地で都の職員は知事のアテンドの仕事をしていたわけで、知事が行かなかったらそういう仕事をしていないのですが、この出張費がカウントされていない可能性もあります」(都庁関係者)

 東京五輪大会組織委員会の森喜朗会長が小池知事を「何も勉強していない」とこき下ろすと、それに符合するように都議会のドン、内田茂都議が率いる自民党都議団も勢いづき、“包囲網”も厳しくなってきた。

 目下、ターゲットになっているのは、都知事選で小池知事を応援し、党から除名処分を検討されている「7人の侍」(豊島、練馬区の区議)の一人、河原弘明・豊島区議だ。自身が役員を務め、親族が経営する印刷会社に、2011~15年度の5年間で、政務活動費から約1080万円の仕事を発注していたことが発覚したのだ。豊島区のルールでは政務活動費で議員個人の資産形成につながる支出はしてはならないという取り決めがある。7年前、豊島区の政務調査費の使い方のルール作りにかかわった千葉大学の新藤宗幸名誉教授は言う。

「親族が経営する会社に発注することは、議員活動とはいえず、論外ですね」

 その豊洲移転問題での最後の“切り札”とされるのが、「カジノ解禁」だ。

米ラスベガスやシンガポールで展開するIR大手のCEOは、東京でのマネジメントに1兆円の投資を公言しているほどです。

 いずれにせよ、そう遠からず、小池知事が「カジノ解禁」という禁じ手を使う日が来るかもしれない。(本誌・上田耕司、亀井洋志)

※週刊朝日 2016年12月2日号

以上

 孤軍奮闘する小池グループは、時とともに権力者たちの圧力にため息をついているが、ここが正念場であるが、ブレーンがだめだ!!

 潰れるんであれば、豊洲は刑事事件にして、オリンピックは「放射能汚染」を理由に返上すればいい!!

ひき続き、「ソマチッド300グラム」5万円相当を無料配布します!!

放射能や、化学物質を身体から排出させます!!

驚きの効果が、寄せられてきます!!

送料は、自己負担になります!

すでに860人近くが、飲んでいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで。

関連記事

カテゴリー

presented