高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

何を恐れる自衛隊!!

%e5%b1%a4%e6%b5%81

何を恐れる自衛隊!!

日本国の未来を担う若者を戦地で、死なせるな!!

国土防衛だけでいい!!

いつまで「核武装」を隠しておくのか!!

自衛隊内では「核武装」は、常識じゃあないか!!

海洋には、世界最強の「そうりゅう型潜水艦」が敵を寄せ付けないし、世界には、日本海軍の「そうりゅう型」を攻撃することのできる兵器がないし、「そうりゅう型」潜水艦の位置すら見つけることができない!!

また84式魚雷に、深々機雷と1,000mの深海で攻撃能力を発揮できるのは世界広しといえども日本の「そうりゅう型潜水艦」だけ!!

ロシアは、450mまで!!

中国は、230mで圧壊する潜水艦ばかり!!

アメリカでさえ450mまでしか潜水できない!!

これに世界最高性能の「核搭載の巡行ミサイル」があるから敵なし!!

まあ地上は、火の海に包まれてしまうが地下や海底は安全!!

自衛隊よ!!

貴方たちは、「日本国民」を守るためにあるのか?

創設時のままで「日本国民」を監視するために存在しているのか?

デジタル毎日より転載

政府が南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣する陸上自衛隊施設部隊に新任務として付与する「駆け付け警護」で、出動した隊員を対象に支給する手当を創設することが5日、わかった。困難な任務に携わることを重く見た措置で、1回につき6000~7000円で調整している。

 駆け付け警護は、離れた場所で国連や非政府組織(NGO)の職員らが暴徒などに襲われた場合、要請に応じて自衛隊員が武器を持って救援に出向く新任務。3月に施行された安全保障関連法に基づき、20日から順次派遣する交代部隊に新たに付与する。

手当創設に合わせ、近く関連政令を改正する。

 南スーダンで道路整備などに当たる隊員には現在、「国際平和協力手当」として1日1万6000円を支給しており、駆け付け警護を実施した場合は新手当と合わせて2万2000~2万3000円を支給する見通し。

新任務の付与で隊員に精神的な重圧がかかるとして派遣期間を通じての支給を求める声もあったが、出動ごとの支給とする。

 自衛隊員への手当は、2011年の東日本大震災で東京電力福島第1原発にヘリで放水した隊員に支給した1日4万2000円が最高額。海外派遣では、人道復興支援として実施したイラク南部サマワでの宿営地外活動に支給した1日2万4000円が最も高い。

南スーダンへの派遣では、外務省が最も危険度の高い「退避勧告」を出している事情や新任務の重要性を踏まえ、駆け付け警護に出動した場合の手当の総額をイラク派遣に準じたものとする方針だ。PKOに参加する隊員への手当では、カンボジアPKOなどの1日2万円を超えて最高額となる。

 一方、隊員が公務中に死亡した場合に遺族に支給する賞恤(しょうじゅつ)金(功労金)の引き上げは見送り、現行のまま6000万円とする。イラク派遣では最高額を6000万円から9000万円に引き上げた経緯があり、新任務付与に合わせての引き上げを検討していた。

政府は駆け付け警護について「極めて限定的に実施する」との運用方針を示しており、危険性が大幅に高まるわけではないとして引き上げを見送ったとみられる。【村尾哲】

以上

 如何なる理由があろうとも、本土より遠く離れた異国の地で子弟を死亡させてはならない!!

世の父母たちよ!!

 売国奴達の言いなりになって、子弟の遺骨を遠い異国の地に野ざらしにするのか?

引き続き、「ソマチッド300グラム」5万円相当を無料配布します!!

放射能や、化学物質を身体から排出させます!!

送料は、自己負担になります!

すでに600人近くが、飲んでいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで。

関連記事

カテゴリー

presented