高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

「死ぬ仕組み」が、日本社会には存在する!!

%e9%a3%9f%e5%93%81%e6%b7%bb%e5%8a%a0%e7%89%a93

「死ぬ仕組み」が、日本社会には存在する!!

日本国内の「デパート」、「スーパー」、「コンビニ」に置かれている食品には、600種類のの食品添加物が使用されています。

食品に含まれる化学物質が、人々を病気にして殺しているのです!!

そうなんですこのような「仕組み」が、存在するのです。

人々を病人にして、処分するには、

「デパート」、「スーパー」、「コンビニ」の食品や菓子類に、化学物質を混入。

薬局の薬漬け。(化学物質混入)

サプリメント漬け。(化学物質混入)

病院漬け。(化学物質混入)

このシステムで、年間に150万人近くが病死しています。

以上

 また遺伝子組み換え作物の恐ろしさは、

遺伝子組み換え作物は、加工されて食品や飼料に使われています。

遺伝子組み換え操作により挿入された遺伝子は、そのプロセスが曖昧かつ無作為であるため、新しい環境で不安定になったり、遺伝子の制御が乱れたり、予測される働きとは異なる働きをする恐れがあります。

遺伝子組み換え技術が食の安全面に与える影響は、おおきくわけて2通りがあります。

遺伝子のかく乱、あるいは不安定化によって新たな毒素の生成につながる可能性がある。

外来の遺伝子により新たにタンパク質が作られ、それがアレルギーや毒性を引き起こす可能性があります。

こうした遺伝子組み換え技術の潜在的危険性は、科学界では周知の見解ですが、日本は臨床事例を確認するまでもなく使用しています。

多くの国で遺伝子組み換え食品の安全性が、まだ検証されている途中なのです。

遺伝子組み換えとうもろろしをネズミに与え続けた結果、発ガン率が上昇。そしてこれらは、人間の臓器の損傷や早期死亡を引き起こす可能性がある。マウスで起きるのであれば、もちろん人間でも起きる可能性は非常に高い。

フランスCaen大学の分子生物学教授らが「除草剤耐性トウモロコシNK603を2年間にわたってラットに与えたところ、乳がんや脳下垂体異常、肝障害などになった」とする論文を学術誌で発表した

近年激増しています

・成人病・・・動脈硬化症・高血圧症・脳卒中・心筋梗塞・癌(がん)・糖尿病など。

・特定疾患・・ベーチェット病など45病種。

は、これらの化学物質や遺伝子組み換え食品によって発症しています!!

 これを厚生労働省が、認めているのですから驚くというより「共犯」です!!

超能力養成講座は、定員に達しました。
ありがとうございました!!

引き続き、「ソマチッド300グラム」5万円相当を無料配布します!!

放射能や、化学物質を身体から排出させます!!

驚きの効果が、寄せられてきます!!

送料は、自己負担になります!

すでに600人近くが、飲んでいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで。

関連記事

カテゴリー