高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

プーチンの策略に踊り苦悩する安倍晋三?

%e5%8c%97%e6%96%b9%e9%a0%98%e5%9c%9f

プーチンの策略に踊り苦悩する安倍晋三?

 「北方領土返還」に苦悩するロ日両国首脳!!

現在までの「北方領土」の経過は、プーチンと安倍晋三のソチ会談で

 「歯舞と色丹の二島返還」「国後と択捉は共同管理」

を決定して日本とロシアが「平和条約」を締結する。

 ただし日本は、ロシアに6兆円を支払う。

 まあ6兆円支払っても、領土が帰ってくるなら仕方ないか・・・・選挙もあるし・・・。

 12月15日に、上記の予定で動いていた安倍晋三政権だが・・・・!!

この話が、ここにきておかしくなりだしたのである!!

プーチンが

「同盟関係の中国とでも、領土問題を解決するのに40年もかかった・・・」

とマスコミに話したのであった。

が、その奥にはそれぞれの思惑があった!!

プーチンとの蜜月

ロシアのプーチンは、

「歯舞・色丹に米軍は配備しない非武装にすること」

と北方領土返還に条件を付けるが・・・・・。

安倍晋三にとっては、ゆいゆいしき条件なのである!!

アメリカが、日本の領土を守るという「安保条約の適用除外」を申し出るということに成るからである。

とりあえず返還される歯舞・色丹の二島にアメリカが入れないようにすることが「植民地下」では出来るはずもない。

ましてや尖閣諸島が有事の際に、アメリカが「安保条約の適用除外」を申し出ないとも限らないのである。

中国の尖閣諸島乗っ取り案に、不同意したプーチンは、

「アジアでは、ロシア、中国、日本のトライアングルが必要不可欠である!!」

と中国をいさめたといういきさつもある。

プーチンの目的は、日本とアメリカの間にクサビを打ち込むことにある!!

安倍晋三としても、アメリカに堂々ともの言う総理でありたいと願う・・・・・!!

ロシアとアメリカの板挟みに苦悩する安倍晋三の次の一手は・・・・?

ロシアも、アメリカも驚く超大型経済援助である!!

関連記事

カテゴリー

presented