高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

小池百合子の秘策が漏れたのは!!

%e8%b1%8a%e6%b4%b2%e5%b8%82%e5%a0%b4

小池百合子の秘策が漏れたのは!!
豊洲市場

「行程表」をスクープ入手!
チーム小池「豊洲移転中止」のこれから

驚きの計画の全貌
週刊現代・講談社より転載

豊洲新市場が安全と証明されれば、移転は進むのか?計画通り、築地市場は更地にするのか? 事ここに至っては、もう予定調和などあり得ない。チーム小池が放つ、驚きの計画の全貌をすっぱ抜く。

神風が吹いた

〈豊洲移転の決定を、今一度立ち止まって都民と考える〉

〈豊洲新市場の建設費が、約4000億円の見込みだったにもかかわらず、4年間で2000億円も増えている。その原因を厳しく検証しなければならない〉

〈すでに豊洲新市場の建物はできていることを踏まえ、複数の解決案を提示し、予断を持たずに検討を進める〉

—これは、ある内部文書に記された文言である。作成されたのは、小池百合子東京都知事が誕生する前の今年7月ごろといわれる。都庁関係者がこう証言する。

「小池さんは、都知事に就任する前から、いちはやく側近に命じて、『都知事になったら、まず築地市場と豊洲新市場の問題から着手する』ことを前提に情報収集させていました。そのうちの何人かは、小池氏が作った豊洲問題のプロジェクトチームに入っています。

最終的に、チーム小池内では『4つのシミュレーション』が提示されました。その中で、『4つめの選択肢』—つまり最有力のプランとして記されていたのが、豊洲新市場への移転中止、そして『新・築地市場』を完成させる、というウルトラCだったのです」

本誌は今回、この内部資料、つまり築地市場移転問題に関する「行程表」の一部を入手することに成功した。冒頭で引用したのは、その文書の最初に記されている大方針である

9月28日の所信表明演説で、小池氏はこう言い切った。

「責任の所在を明らかにする。誰が、いつ、どこで、何を決めたのか。何を隠したのか。原因を探求する義務が、私たちにはあります」

一見すれば先行きの見えないこの状況で、彼女がつねに強気を貫けるのは、圧倒的な都民・国民の支持を得ているからだけではない。まだ他の誰にも明かしていない、この「行程表」が脳裏にはっきりと描かれているからなのである。

この資料から分かるのは、小池氏が豊洲新市場への移転そのものを見直すことを、最初から「本命」と位置付けていたということだ。現在のところ、小池氏はそれを公には口にせず、あくまで「延期」とだけ言っている。まだ機が熟していない、とみているのだろう。

しかし、小池氏が移転中止という「ウルトラC」を都民・国民の前で披露するその日は、当初の予定よりも早まったかもしれない。豊洲新市場の地下空間の発見と、いわゆる「盛り土問題」の紛糾は、チーム小池にとってもまったくの「棚ボタ」だったからだ。都議会野党議員がこう話す。

「小池さん自身、ここにきて『盛り土問題』でこれほど豊洲新市場のイメージが悪くなるとは予想していなかった。何せ、就任からわずか1ヵ月で、築地市場を無条件に豊洲へ移転させることは不可能になりましたからね。

しかもこの件で、都知事選のときに『厚化粧』などとさんざん悪口を言われた石原(慎太郎元都知事)さんに、頭を下げさせることまでできた。『神風が吹いた』と言ってもいい」

石原元都知事と中央卸売市場長が謝罪に追い込まれた

豊洲はもう無理

「行程表」の中には、確かに「盛り土」や地下空間の問題については書かれていない。豊洲新市場が抱えるさまざまな問題についてまとめた箇所には、概略、このように記されている。

〈豊洲のほうが店(注・仲卸店)が狭い。また、豊洲は街区が大きすぎて小売店の客や観光客にとっては不便。客は仲卸業者に商品の配達を求めるようになり、対応できない仲卸業者は廃業に追い込まれるおそれがある。

また、土壌汚染問題が解決していないとの指摘がある。豊洲市場の用地は、有害物質が基準値を超えた場合に指定される「形質変更時要届出区域」で、指定解除には、地下水モニタリングを2年間行って基準以下であるとの確認が必要になる、この確認をしないまま、豊洲新市場の建物は建てられている。

さらに、建物は土壌に触れないよう高床式だが、床に水を流すと地下に浸透し、毛細管現象によって汚染物質が染み出すおそれがある〉

小池氏への追い風は今なお止んでいない。9月29日には、豊洲新市場の「地下空間」にたまった地下水から、基準値を超える有毒物質のベンゼンとヒ素が検出された。

先の引用箇所では、「地下水モニタリングを2年間行う」とあるが、そこまでの手間をかける必要はないだろう。この調子で次々と豊洲新市場の「ボロ」が出てくれば、小池氏自身が思っているよりもずっと早く「移転延期ではなく、移転中止である」と発表する日が来ることになりそうだ。

では、この「行程表」でチーム小池が想定する「豊洲移転中止」そして「新・築地市場」の具体案とは、いったいどのようなものなのか。ここからは前出と別の都庁関係者に解説してもらおう。

「チーム小池がまとめた『4つの選択肢』は、以下のようなものです。

まずは、予定通り豊洲に移転する。この場合、築地市場は基本的に更地になります。

2つめが、豊洲移転を完全に取り止め、築地市場だけを改修して使い続ける。この場合は豊洲新市場が宙に浮いてしまうことになります。以上の二つの選択肢は、今となってはもう、採用される可能性はないでしょう。

3つめは、築地市場をメインの取引所として維持しつつ、豊洲は築地市場のストック用倉庫として活用するというもの。

そして4つめが—これがおそらく、今後の軸になると思いますが—築地市場の改修工事を行って、『新・築地市場』としてリニューアルする。工事の間だけ、一時的に豊洲へメインの市場機能を移す。そして将来的に『新・築地市場』が完成した暁には、再び仲卸業者を築地へ戻して、豊洲市場は物流拠点プラス商業施設として改装するという案です」

カジノ建設」の可能性も

このプランには、豊洲新市場の抱える、大きな懸案事項を打開するメリットがある。これまであまり注目されてこなかった、併設の商業・飲食施設「千客万来」である。

新市場の敷地のうち、ゆりかもめ・市場前駅側のエリア一帯に建設される計画だった「千客万来」は、「すしざんまい」で知られるつきじ喜代村が核テナントとなり、大和ハウス工業が施設の整備を行う予定だった。

しかし昨年以降、両社は相次いでプロジェクトから撤退。その後、急いで再公募をした結果、温泉施設「万葉の湯」を展開する万葉倶楽部が代表を務める「チーム豊洲江戸前市場」が整備を引き継ぐことに決まった。しかし、オープンは当初の予定より大きく遅れる見込みとなっている。

「そういう状況で、豊洲新市場への移転そのものが延期になったことで、さらに先が読めなくなっていたのです。

とはいえ、『千客万来』は規模が小さいうえに、市場の建物に取って付けたような印象が否めなかったし、『江戸前』や『海鮮』という縛りもあった。どのくらいの実入りがあるか読み切れないので、既存の計画ではいまいち事業者側が乗り切れなかったことも事実です。

『こうなったら、豊洲市場ごと民間企業に売却して、丸ごと任せてしまえば話が早いのではないか』との議論さえ出ている。いっそ新市場の建物の大部分をゆくゆくは商業施設に使うと決めてしまったほうが、例えば大型のショッピングモールに改装するといった、思い切った再開発ができるかもしれません」(前出と別の都議会野党議員)

さらに、都庁・都議会関係者の間では、「豊洲新市場は、小池氏も推進派とされるカジノの建設用地になるのでは」との噂も流れている。いずれにせよ小池氏が、豊洲新市場について「商業施設として再利用し、しっかりカネを稼がせる」という路線を念頭に置いているのは確かだ。

課題となるのは、もう一方の築地市場である。そもそも周知の通り、この移転問題が浮上した理由は、1935年に開設された築地市場が築80年を超え、老朽化が激しくなっていることだ。

「新・築地市場」の建設を進めるにあたっては、一度は「すべて取り壊す」とまで決まった築地市場をあえて温存し、改修することの理由をはっきりと示したうえで、都民、そして国民を説得する必要に迫られる。「行程表」には、そのときにどのような説明をするかについても記されている。

〈築地市場は、海外の観光ガイドでも取り上げられている、場内市場と場外市場が一体となった東京を代表する名所である。築地は日本の食文化をはぐくんできた、都民の財産である。

築地市場を現在の場所で改修して営業すれば、築地市場の観光価値、経済効果を維持できる。また、移転にともなって廃業を考えている仲卸業者の多くが、営業を続けられる。

これまでは、ローリング工事(注・市場が営業しながら、並行して工事すること)が必要とされていたが、豊洲に一時移転すれば必要なくなる〉

確かに、築地はいまやブランドとして確立された、日本の「うまい魚」「新鮮な魚」の代名詞だ。これから2020年の東京五輪に向けて増えてゆく海外の観光客にとっては、観光名所の「ツキジ」がいきなりなくなって「トヨス」に変わると、混乱をきたしかねない。

また、豊洲移転が決行されれば、およそ600の仲卸業者のうち100近くが、費用をまかなえないために廃業せざるを得ないともいわれる。安易に築地を潰せば、主にソフト面で大きな損失となるのは否めない。

しかし、当然ながら「築地温存」の策にはデメリットもある。

「築地市場は敷地が狭いので、長い目で見ると、結局いつか手狭になってしまうのではないか、という点がひとつ。これについては、建物の一部を2階建てにすることで解決を図るとしています。

また、すでに豊洲新市場には6000億円近いカネが費やされていますが、築地を改修するとなると、もっとカネがかかる。『その費用は、リニューアル後の築地市場と、商業施設化した豊洲新市場がもたらす経済効果で回収できる』と都民には説明する考えのようです」(前出・都庁関係者)

築地の観光価値はやはり大きい

チーム小池が抱えるリスク

小池氏が繰り出す「隠し球」としては、「東京五輪は移転の期限ではない」と宣言することが挙げられる。

「自民党の都議団などの移転推進派は『東京五輪までに築地を更地にしないと、湾岸エリアを結ぶ環状2号線(高速道路)が通せない』と主張しています。しかし、チーム小池に言わせれば、『築地は都民の重要な財産。一瞬で終わるオリンピックのために潰すわけにはいかない』。今のところは東京五輪に間に合うかどうかが課題とされていますが、この前提をひっくり返してしまうわけです。

オリンピックに伴う税収の増加分で、築地市場の改修費用を穴埋めすることも視野に入れているのかもしれません」(前出・都庁関係者)

これまで「神風」に味方されてきた小池氏とはいえ、「移転中止」と「築地温存」を正式に表明することには大きなリスクが伴う。おそらく最大の障害は、前述した通り、かなりの額の追加費用が必要になることだ。

しかし、日刊食料新聞記者で、豊洲新市場を建設前から10年以上取材してきた木村岳氏はこう証言する。

「かねて豊洲新市場への移転を支持していた仲卸業者の間では、最初は『移転しないなんて言い出したら、いくら小池さんでも都民・国民の支持は得られないだろう』という声が多かった。

でも、フタを開けてみると、小池さんのほうが圧倒的支持を集めた。ですから、移転支持派は『こうなったら、今は黙って成り行きを見守るしかない』と、なす術がない状況なのです」

ありとあらゆる障害をはね返し、自民党を敵に回しながらも、圧倒的勝利を収めて都知事となった小池氏。その勢いはいまだ衰える気配がない。

ここまでは、おおむねチーム小池のシナリオ通りにことは進んでいる。都議会は10月4日から本格審議に入る。「小池劇場」のクライマックスまで、天は彼女に味方するのか—。

「週刊現代」2016年10月15日・22日合併号より

以上

確かに面白いが、このようにいけばよろしいが・・・・・・!!

関連記事

カテゴリー