高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

東京都は、伏魔殿!!

thnn5oy1i0

東京都は、伏魔殿!!

  鹿島建設、大成建設、清水建設、大林組は天下の建設会社であり、もしもこの中の1社が倒産すると下請けや関連会社が倒産してし20万人の失業してしまうというほど地域社会に根を降ろして、地域社会をけん引しているのである。
 
 ただ問題もある!!

 ある面で、この四社は「運命共同体」でもある!!

もう6~7年前になるが、この4社が海外の金融マフィアに引っかかり「大損失」を出してしまい会社倒産の憂き目にあったが、鹿島建設には「鉄建建設」の株52%と引き換えにユダヤのエンゲル会長が2兆円を出し、大成建設には「東京都」が資金を出して救済したために、4社は倒産を免れたという経過がある。

 この時、大成建設は手形の決済ができずに「ジャンプ」をしたが、この時は広島の裏社会の金20億円にまで手を出していた。

 そして、福島の原発事故で「鹿島建設」は原発本体の修復と周囲10Kの除染、そして「大成建設」鹿島以外の福島の除染で息を吹き返したのです!!

原発事故のおかげで、鹿島建設、大成建設、清水建設、大林組は海外での損失を補てんした上に利益を出したのですから、この四社得意の現玉作戦は「豊洲」や「オリンピック施設」で猛威を振るったはずです。

 ここに「小池百合子」が、突然現れて四社の足元をゆすぶりだしたのですからたまりません・・・・・!!

 「豊洲」や「オリンピック施設」に投じた現玉が、露と消えそうなのですからあわてます。

 豊洲新市場の整備費は、
     
    11年は3926億円であったが
   
    16年3月には5884億円

にまで膨らんでしまいましたし、建設費用に及んでは、

    990億円から

    27526億円

にまで膨れ上がったのですから、誰が見ても不自然極まりありません!!

建設工事の入札についても、不自然なことがあります。

 これを白紙撤回されては、大損失となります・・・・・!!

東京都が、脱線した全ての凶元は元東京都知事のS.Iにあります!!

 鹿島建設に「都有地」を払い下げして200億円のキックバックを受け取り「新党」を作ろうとしたが、仲間にリークされてしまい風前の灯となりましたが「粕谷茂」が、S.Iを助けたのです。

 これがS.Iの弱みとなり、また自由民主党東京都議連の強みとなり粕谷茂の後を受けた内田の「宝刀」となったのです。

 この中で、「大成建設」が東京都から資金援助を受けるという事態までか起こってしまったのです!!

工事指名業者に、資金を融通することの異常さがわかりますか?

 このようにして、「東京都」、「自由民主党東京都議連」、「鹿島建設」、「大成建設」、「清水建設」、「大林組」そして「妖怪」(CIA)のトライアングルが完成したのです!!

 ゆえに「小池百合子」は、危ない!!

関連記事

カテゴリー