高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日本は、いつまでもアメリカの「植民地」であってはならない!!

thnn5oy1i0

日本は、いつまでもアメリカの「植民地」であってはならない!!

生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表が、党名を「自由党」に変更する意向を固め12日の両院議員総会で最終決定するようだ。

 旧自由党は小沢氏が平成10年に結成し、党首に就き自民、公明両党との連立政権に加わった。

そして、12年に離脱し、15年に当時の菅直人代表が率いた民主党と合併して政権奪取をしたという逸話を残した「自由党」。

またこの「自由党」には、東京都の小池百合子知事や自民党の二階俊博幹事長も所属していた時期がある。

これらの動きから連想すると、この先に政界再編成の大きな波のようなものが見える!!

小沢一郎、小泉純一郎、細川護熙、亀井静香は、いわば妖怪レベル!!

「大阪維新の会」の松井一郎、「減税日本」の河村たかしは、反骨漢!!

石破茂、小泉進次郎は、頑固者!!

これに今話題の和製「ジャンヌダルク」の小池百合子!!

これだけでは、事はなせません!!

ここで、一人忘れてはいませんか?

鳩山由紀夫です!!・・・・・彼は、ポリシーを持った頑固者ですが「官僚」と闘った男でもあります。

このメンバーであれば、アメリカの言いなりにならない「国民のため新しい政治」の流れが期待できます!!

このままでは「日本国」と「日本人」は、この地球上から消えてしまいます!!

この動きを牽制し、自民党大勝利を目論む安倍晋三の一手は、12月15日にロシアと首脳会談を開いて「北方領土二島返還と二島共同管理」を決めて「日ロ平和条約」を結び来年の1月に「総選挙」を行うというストーリーである!!

また「日ロ平和条約」を締結し、ロシアに対して日本国はロシア悲願の「シベリア開発」と「ロシアのインフラ整備」の資金を提供することにより、何の拘束もない友好関係をロシアとの間に築くことができるのです。

このことは、「日本国」が「真の自由」を得ることのできる第一歩なのです!!

シリア問題でロシアの「核戦争も辞さない!!」というプーチンの恫喝にアメリカは恐れおののいてしまい反論すらできない醜態をさらしてしまいましたから、世界情勢はますますロシア主導へと流れが変わってきています。

日本国も、アメリカの「占領」「植民地」がら解放されなければなりません!!

  今こそ、立ち上がれ「日本人」!!

  祖国「日本」に真の自由をり戻せ!!

関連記事

カテゴリー